N-BOX、アル/ヴェル、ジムニー…買ったらほかにいけない「あがり」のクルマたち


昔から、これを買ったら「あがりのクルマ」と言われるクルマがありますよね。そのクルマを買ったら、次に買うクルマはそのクルマ以外考えられない。つまり、他車へ乗り替えられないほど、同じジャンルのライバル車を圧倒しているクルマです。

みなさんもよくご存じの「いつかはクラウン」というCMコピー。ところが、そのクラウンを一度買ってしまうと、あまりにもよすぎて、なかなか他車へ乗り替えられないという話をよく聞きました。

そんな「あがりのクルマ」は、今どれくらいあるのでしょうか? モータージャーナリストの清水草一さんが考察します。

文/清水草一
写真/ベストカー編集部


■現代の「あがりのクルマ」はどのクルマだろうか?

かつて、「あがりのクルマ」といえば、クラウンがその代表選手だった。しかし、クラウンの上にセルシオができ、レクサスLSになり、クラウンは国産セダンの頂点の座から転落。

クラウンオーナーも高齢化によってダウンサイジングするようになり、あがり感は昔に比べると、かなり減少している。

■N-BOX/地方の庶民派「あがりのクルマ」

N-BOXは2011年12月発売。翌2012年に21万1155台で軽四輪販売2位、四輪販売総合4位。2013年、23万4994台で軽四輪販売で初の1位を獲得、四輪販売総合3位。2014年、17万9930台で軽四輪販売2位、四輪販売総合5位。2015年、18万4920台で軽四輪販売1位、四輪販売総合2位。2016年、18万6367台で軽四輪販売1位、四輪販売総合2位。2017年9月1日に2代目N-BOXが発売となり、2017年にはついに21万8478台で軽四輪販売1位、四輪販売総合1位と完全制覇。そして2018年1〜6月上半期は12万7538台で軽四輪販売1位、四輪販売総合1位を達成。2018年通年も軽四輪販売1位、四輪販売総合1位を獲得するのは濃厚だ

軽自動車は、ある意味閉じた世界。なにしろ税負担が軽いから、維持がめちゃめちゃラク。軽の世界に住んでいると、軽以外のクルマは地球外生命体に思えてくる。

そんな軽の世界の住人の多くが、軽の頂点を目指している。クルマ全体の頂点だと数億円ということになってしまうが、軽の頂点なら200万円くらいで到達できる。

最近はオプション込みで300万円近くまで行くこともあるが、 それでも300万円。普通車に比べたら100分の1レベルの予算で頂点を極められる。

地方に行けば、走っているクルマの半分は軽。Sクラスもロールスロイスもめったに見ない。軽の頂点に立っていれば、半分のクルマのてっぺんに君臨する王者になれるのだ。これは実に魅力的。よって軽の頂点は、地方の「あがりのクルマ」なのである。

たとえば地方では、ガールズバーに行っても、おねーちゃんもみんな軽に乗っている。おねーちゃんたちにとってクルマと言えば軽。軽以外は地球外生命体なので、話がはずまない。軽に乗っていたほうがガールズバーでも有利だ。

現在、軽の世界の頂点に君臨しているのは、言わずと知れたN−BOXだ。なにしろ国内販売台数日本一。日本の頂点に君臨しているのだから。

N-BOXのライバルには、スズキスペーシアやダイハツタントがあるが、N-BOXのリードは揺るがない。

その理由は、私にははっきり説明できないというか、正直なところわからないのだが、カッコが一番四角っぽくて機能的だし、ホンダならではの後席跳ね上げ機構(チップアップ)が受けているのだろうか?

ホントのところはよくわかりませんが、乗り心地もN-BOXが一番フワフワしててカイテキです。さすが「あがりのクルマ」である。

次ページは : ■アルファード、ヴェルファイア/これ以上いいミニバンはない?!

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ