冬場によく起こるクルマトラブルの予兆・対策方法教えます!


めっきり寒くなってきましたね。0度以下の真冬日も観測されるところも増えてきて、いよいよ冬将軍が到来するのはまもなくでしょう。本格的な寒さを迎えると、クルマのトラブルが頻繁に起こります。

冬場によく起こるクルマのトラブルはどんなものがあるのでしょうか? トラブルが起きる予兆はあるのでしょうか? トラブルを防ぐための最新の対処法をモータージャーナリストの鈴木伸一さんがきっちり解説します。

文/鈴木伸一
写真/ベストカー編集部、Adobe Stock


■頻繁に起こるバッテリートラブルに注意!

バッテリーのトラブルはどのようなものがあるのか? なにか対策法はあるのか?

都心でも水が凍るほど気温が下がる冬場には、思いもしないトラブルに見舞われることがままある。

特に注意したいのが「バッテリー」。近年のクルマはまるでEVがごとく、電気がなければドアのカギさえ開けられなくなるからだ。

さて、気温が下がると動植物の動きが鈍くなるように、バッテリーの極板とバッテリー液(希硫酸)の間に起きる化学反応(充・放電作用)にも大きく影響。

活性化が鈍ることで能力が低下し、電気を取り出しにくくなる。しかも、始動時に要求される電力は暖かい季節より高まるため、バッテリーターミナルの接触不良といった些細なトラブルが始動不良の原因となってくる。

このため、バッテリーが元気で問題なかったととしても、ターミナルの点検・清掃だけはキッチリ行っておきたい。念のため増し締めし、もしも腐食していたときは取り外して接触面を金属ブラシなどで磨いてからグリスを塗布しておくのだ。

また、3年以上使用したバッテリーで、セルを回す時に回りが遅かったり、一瞬引っかかるなど苦しそうに回るようなら要注意!

クルマの利用が週に1回、月に1回あるいはちょい乗り主体など、走る距離が短く充電量(エンジンが回っている時、充電も行われる)が不足ぎみの状況下ではバッテリー上がりを起こす可能性が高くなる。

条件に当てはまるようなら本格的な冬のシーズンに突入する前にバッテリー交換を検討したい。

■バッテリーが上がってしまった場合、ATは他車から電気を分けてもらうしかない

ちなみに、万が一にもバッテリーが上がってしまった場合、ATは押しがけできないため他車から電気を分けてもらうしかない。

そこで、必要となるのがバッテリー同士を接続する「ブースターケーブル」。基本的な使い方は簡単なので、入手して扱えるようにしておきたい。

また近年、弁当箱サイズで接続したままエンジンが始動でき、USB電源搭載でスマホの充電も可能等、多機能で役に立つリチウム電池採用の「携帯バッテリー」がリーズナブルな価格で手に入るようになった。

グローブボックスにも収まるコンパクトサイズで扱いも簡単。これであれば自力で切り抜けることができるため、助けを必要とするブースターケーブルより実用的。購入を検討してはどうだろう。

いざという時に役立つコンパクトなスマホサイズのジャンプスターターを車載しておくのも手だ。価格は安いもので4000円あたりから探せる

次ページは : ■冷却水とエンジンオイルも注意する必要があるが……

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ