【セリカ、bB…】かわいそうなクルマ辞典 「デザイン」がかわいそう編


 クルマに限らず、幾多数多の新製品たちが世に送り出されるとき、その作り手たちの胸には、「果たしてこれが受け入れてもらえるだろうか」という不安と、そしてそれとは裏腹な「絶対受け入れてもらえるはずだ」という(そしてその先にはウハウハライフが待っているという)自信とが渦巻いているに違いない。

 まさに我が子のごとく育ててきた新製品が陽の目を見たその瞬間──、しかしそれを目にした人々の動きは止まり、目は『ガラスの仮面』のようになる。自分から決して破ってはいけない感じの静寂が訪れる。

「やっちまったな…」「どうしてこうなった…」「バカなの死ぬの?」

 登場時、そんな嗚咽がそこかしこで漏れたかもしれない9台のクルマたちを、清水草一氏に語ってもらった。

【志は高かった! しかし…】 かわいそうなクルマ辞典 「狙い」がかわいそう編
【かわいそうなクルマ辞典】早すぎた!? 迷走だった!?「機能」がかわいそう編

※本稿は2019年2月のものです。
文:清水草一/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年3月26日号

※当記事に一部写真の不適切な使用がございました。関係各所にお詫び申し上げ、公式写真へ差し替えました。申し訳ございませんでした。2019年4月3日


日産チェリークーペ(初代)

 今見ると個性的でとてもカワイイ! って感じもするが、それにしてもこのカクカクッと持ち上がったオケツと、すごく内股に見えるトレッド(編集部註:左右のタイヤの接地面の中心間の距離のこと)の狭さのハーモニーはとっても残念。少なくとも現役時代、私には死ぬほどカッコ悪く見えていました。

日産チェリー

日産エクサキャノピー

 珍車ゆえに、実物はほとんど見たことないが、写真を見るだけで、「このフォルムのバランスの悪さ、本人はカッコいいと思ってるのにハタから見るとメチャメチャカッコ悪い感じ、かわいそうすぎる……」でした。で、ごくたまに実物を発見すると、カッコ悪くて目が釘付け。トントン。

日産エクサキャノピー

次ページは : スズキ X-90

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ