なぜ軽油はレギュラーより安い?? ガソリン高騰で気になるカラクリ

 史上最多の10連休となった今年のGW。連休前後に給油をして、ガソリン価格の高さが気になったユーザーも多いのではないだろうか。

「ガソリン価格が高い」と感じるのも当然で、資源エネルギー庁が実施している給油所小売価格調査によると、実は11週連続でガソリン価格は値上がりしている。

 そうした状況下でもレギュラーガソリンに対して1Lあたり約20円も安いのが、ディーゼル車の燃料に使われる「軽油」だ。なぜ軽油は安いのか? 改めてそのカラクリを解説したい。

文:大音安弘
写真:編集部、Adobe Stock


本当は軽油のが高い!? それでもレギュラーより安くなる理由

レギュラーガソリンに対して安い軽油。地域やスタンド毎に差はあるもの、全国平均では1Lあたり20円ほど安くなっている

 現在のガソリン価格高騰の要因は、米国とイランの対立などによる産油国の情勢不安で原油の供給量が減少していることが挙げられている。

 ただ、米国のトランプ大統領がOPECに原油価格引き下げを要求したことや中国への更なる追加関税の実施を発表したことなどが、今後の原油価格にどのように影響を与えるかに注目が集まる。

■油種ごとの給油所小売り価格の違い
【2019年5月7日】
レギュラー:150.2円(+7.3円)
ハイオク: 161.0円(+7.3円)
軽油:130.7円(+6.5円)

【2019年2月12日 ※値上がり前の価格】
レギュラー:142.9円
ハイオク:153.7円
軽油:124.2円

(資源エネルギー庁発表、全国平均1L当たりの税込価格)

 燃料価格が高騰すると、気になるのが燃料による価格差だ。

 ガソリン同士だと、レギュラーとハイオクの価格差は、概ね10円程度だが、レギュラーガソリンと軽油を比較すると、その差は20円前後まで拡大する。なぜガソリンと軽油の価格差が、ここまで開くのだろうか。

 そもそも燃料には、燃料そのものの価格に税金が加算されている。ガソリンの場合、揮発油税(48円60銭/L)と地方揮発油税(5円20銭)を合わせた、通称「ガソリン税」と呼ばれる税金が、1Lあたり53円80銭加算されている。

 では、ガソリンの価格からガソリン税を引いたものが、本来のガソリン価格になるかといえば、然に非ず……。不思議なことに、ガソリン価格とガソリン税を合わせた金額に、消費税がかけられているのだ。これがいわゆる“二重課税”といわれるものである。

 この点は難しいのだが、ガソリン税の納税者が石油会社となるため、商品価格のコストの一部という判断になるようだ。

 一方、軽油には、「軽油引取税」の32円10銭が加算されるが、消費税は軽油のみを課税対象としている。その結果、ガソリンと軽油には、税金だけで21円70銭もの価格差が生じているのだ。

(例えば、店頭価格をレギュラー:150円、軽油:130円として計算すると……

レギュラー:店頭価格150円-税金53.8円=本体価格96.2円
軽油:店頭価格130円-税金32.1円=本体価格97.9円

となる)

 税引き後は、レギュラーガソリンと軽油の値段が逆転するのは、意外な事実といえよう。

 ちなみに、ガソリン税は「地方揮発油税」を含めて国税となり、軽油引取税は地方税となる。このため、軽油は基本的には、地元で給油すると都道府県の税収となる。

 ただ、ガソリン税と軽油引取税ともに“暫定税率”が適用され、本来の課税額よりも上乗せされている。これには期間が設けられているが、期限切れを迎えても延長措置が取られ続けているのが実態だ。

[※編注:二重課税は問答無用で大問題だが、この燃料への高額な課税も非常に重要な話。交通網が発達した都心ならまだしも、公共交通機関が続々と撤退している地方では自家用車はライフラインであり、その燃料費の単価の1/3以上が税金というのは明らかに問題だ。 

 政治家や中央省庁の皆さんには、いまだに「自動車は贅沢品、所有者は全員富裕層」という誤った思い込みが強いと言わざるをえない]

何キロで元が取れる!? ディーゼル車の走行コストは?

ディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車をともにラインナップするマツダ CX-5

 それでは、ガソリンと軽油どちらがよりユーザーメリットが大きいのだろうか。マツダ CX-5を例にランニングコストを比較してみた。

 性能も考慮して、2.2Lクリーンディーゼルターボエンジンの「XD」と2.5L自然吸気エンジンの「25S」の2台を選んだ。

 【表】のとおり、1000km毎のランニングコストの差は3420円。

 CX-5のガソリン車とクリーンディーゼル車の価格差は31万3200円なので、9万1579km以上走行すれば、クリーンディーゼルの方がお得といえる。

【表】1000kmあたりのランニングコスト比較。一般的にディーゼル車はガソリン車より価格が高い車種が多い。長距離主体のユーザーになるほどディーゼル車のコストメリットは大きくなる

 高速移動では、燃費はよりディーゼル車が有利となる。これは、かなり大ざっぱな計算ではあるが、長距離、特に高速移動の多いユーザーなら、クリーンディーゼルを選ぶメリットは充分にある。

 また、多人数乗車やトレーラーなどの牽引を行うユーザーなら、クリーンディーゼルの力強いトルクは大きな魅力だろう。

補充必須の「尿素水」も燃料コストへの影響は僅か

2019年2月に登場したデリカD:5の改良モデル。このモデルから尿素SCRシステムを採用したディーゼルエンジンへと一新された

 ディーゼルが良いと思っても気になるのは、最新クリーンディーゼル車に搭載されるようになった「AdBlue(尿素水溶液)」を使う尿素SCRシステム搭載車ではどうかということだろう。

 その場合は、AdBlueの価格ぶん、燃料コストは向上する。

 例えば、三菱 デリカD:5だと、「おおよそ1000km走行毎に1L程度を消費する」と明記してあり、他社モデルでも、消費量は似たようなものだ。

 AdBlueの価格は入手先で異なるが、10L容量のものが2000円程度で購入可能。その場合、1000km走行に対して200円前後のコストアップとなるが、1kmあたりでは、たった20銭程度に過ぎない。

 現在、輸入車のクリーンディーゼルは、ほぼAdBlueを使用するものであり、今後は国内モデルでも、AdBlueによる尿素SCRシステムを持つクリーンディーゼル車は増加していく可能性が高い。

 実際に、例に挙げた改良型デリカのエンジンや復活したハイラックスのクリーンディーゼルエンジンには搭載されている。

◆  ◆  ◆

 やはり、ディーゼルエンジンは、力強いトルクを活かした走りと高速巡行時の燃費の良さにある。

 例としてメリットの見出しやすいSUVを選んだが、ディーゼルのメリット自体は、他車でも変わらず、使い方次第では充分恩恵が受けられる。後はユーザーの好み次第だ。

 また、日本で石油を精製する以上、ガソリンを作れば、軽油も得ることになる。どちらかが存在する以上、どちらも失われないのだ。

 このため、軽油がガソリンよりも安価である点も当面は変わることはないだろう。

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】日産&三菱から出る新車|ベストカー 6月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 令和初売りの今号は、スクープ班が独占入手した日産&三菱の新車情報を詳しく紹介。  このほか、日本のSUV&クロスオーバー全37モデル〇×評価など、注目車種の情報も盛りだくさんの内容でお送りする。 【スクープ…

カタログ