【導入されない自動ブレーキ 眩すぎるライト…】 クルマ界 こうなってほしい12の提言 [クルマ編]

 クルマは楽しい。技術の進化も凄い。でもね……「こう変わっていってくれたらもっといいのに!」って思う部分もたくさんある!

 自動車評論家5人+ベストカー編集部から、今のクルマ界に勇気ある(と自分で言う)提言集。今回はクルマ編です。

 なんにしても最近暗い話題が多すぎる! 新時代なんだしすこしでも良い方向に向かっていってほしいです。

【信号の歩車分離 高速料金…】 クルマ界 こうなってほしい15の提言 [道路行政・マナー編]
【高齢者の免許更新は1年おきに!】 クルマ界 こうなってほしい14の提言 [カーライフ編]

※本稿は2019年5月のものです
文:国沢光宏、清水草一、竹岡圭、岡本幸一郎、渡辺陽一郎、ベストカー編集部/写真:Adobe Stock、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2019年6月10日号


■赤信号や一時停止のための自動ブレーキ なぜ採用しない!?

(TEXT/国沢光宏)

 赤信号や一時停止無視は重大な事故につながる。今やこういった標識をクルマが認知することは簡単にできるし、すでに認識できるようになってます。

 つまり赤信号や一時停止で、クルマが自動ブレーキをかけることは技術的に可能。なのに国交省が「絶対にダメだ! 事故なんか起きても関係ない!」と言い張っている。

 これ、おかしいと思わないだろうか。政治家の皆さんに頑張ってほしい!

■後方視界の悪いワイドボディが増殖中。カッコ優先じゃ危険すぎる!

(TEXT/渡辺陽一郎)

 今のクルマは外観に躍動感を持たせ、車内の囲まれ感も重視するため、サイドウィンドウの下端を高めた車種が増えた。

 ウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げ、ボディ後端のピラーを太くした車種も多い。これでは側方と後方の視界が悪化する。

 世界的に視界の悪い危険なクルマが増えてマズイ。

■ライトのバルブだけディスチャージ式に換えてる人、眩しくて仕方ない!

(TEXT/竹岡圭)

 ディスチャージ式ヘッドライトはオートレベライザーとの組み合わせが標準ですが、ヘッドライトのバルブだけディスチャージ式レベルの明るいものに交換している人!

 さらに交換時にやや上向きに装着しちゃったなんていう場合は最悪! 

 車高の低い前走車や対向車のこともちゃんと考えて。見えないから~っ!

■トヨタまでディーラーや車種を減らす。この策、ダメだと思う

(TEXT/渡辺陽一郎)

 2025年までに全店が全車を売り、車種も減らす方針を打ち出すトヨタの策はいかがなものか?

 全店が全車を扱えば系列が違う2つの店が隣接する場合、どちらかを削減できる。既に全店併売となった日産やホンダはいい結果ではない。

 系列があれば特定車種を大切に販売するからユーザーに親切。それをわかっているの?

■ウインカーを操作したら「3回点灯」するの、おせっかいじゃない?

(TEXT/岡本幸一郎)

 3回の点灯。短いと周囲が見落とす可能性があるからこれが出てきたわけで、筆者も最初は便利だと思っていた。

 けど、誤って点灯させたり途中で気が変わった時にややこしいことになるので、今はおせっかいだと思うようになった。

 こういう意思表示の類いのものは操作したとおりに作動してくれたほうがよい。おせっかいです。

■HVのミッション、操作感に違和感あり!

(TEXT/編集部)

 トヨタプリウスやホンダインサイトなど、両社のハイブリッドモデルのトランスミッション、どこにシフトが入っているのか慣れるまで違和感あり。

 わかりやすい操作性がいいと思う。

■LEDフォグランプは悪条件で役に立たない!

(TEXT/編集部)

 最近SUVにも装着率が高まっているLEDフォグランプだが、LEDは発熱量が低く着雪すると凍る。しかも白い光なので轍も見えない役立たず!

 やっぱり黄色いハロゲンが一番だ!

■若い人に似合うクルマがない。クルマ業界が若者から離れたの!?

(TEXT/渡辺陽一郎)

「若年層のクルマ離れ」というが、実際にはクルマが若い人達から離れた。

 今は若年層に似合うクルマが乏しい。大切なのはファッションを含めた若い人達の自分表現に、車両のコンセプトを合わせること。

 今のファッションは落ち着いた色彩で、ゆったりと着こなすのが流行。メーカーの方、知ってますよね?

 現行車ならキューブの世界観が近い。発売から10年以上が経過して自動ブレーキもないが、1カ月400台前後は売れる。過去に遡れば、初代RAV4、初代フェスティバのようにカジュアルなセンスのリラックスできる小型車が今求められている。海外市場ばかり見ていたらアカンです。

■輸入右ハンドル車、安全を考慮すればそろそろ左ウィンカーをやめるべき!

(TEXT/岡本幸一郎)

 混乱をなくすためどっちかに統一すべき。で、日本の場合はやっぱり右でしょ!

 日本車と右ハンの輸入車を同時所有している人の多くが、「どっちに乗っても必ず間違える」と不平を言っている。それに安全面でも、操作ミスで意思表示が遅れる可能性もあるわけだから。

 なんでこんな状況が許されているのかと思う。

ハンドルの左側についているのは通常はワイパーのレバー。しかし右ハンドルタイプの輸入車には、ウィンカーレバーが取り付けられている

■安全装備が充実したとはいえ、クルマが高い! 活性化しないよ!

(TEXT/渡辺陽一郎)

 今のクルマは価格が高い。背景には安全装備や環境性能の向上があるからしかたないともいえるが、20年前に比べて15~20%は値上げしている。

 そのいっぽうで所得は’90年代後半をピークに下がり続け、今でも20年前の水準に戻っていない。

 クルマは小型車か買わないか、になってしまう。これじゃイカンでしょ。

■ロードスターのシート調整、小柄な女性のことを無視しすぎ!

(TEXT/竹岡圭)

 ロードスターはシートの前端をダイヤルでクルクル回して上げることで、座面長が伸びるのと同様のフィーリングを確保しているのですが、小柄な私はもっと座面を短くしたい!

 ロードスターは小柄な女性ファンも多い車種なんだから、クルクル回して下げる方向も考えてみて! 足届かないから~っ!

■VWがついに日本に導入したクリーンディーゼルのフィールがイマイチ!

(TEXT/清水草一)

 VWのディーゼルには密かに期待していた。なぜって、たまたまヨーロッパで借りたレンタカーが、例の違反ディーゼルを積んだゴルフで、そのトルク感やフィーリングが、ウルトラ超絶すばらしくよかったから!

 「VWのディーゼル技術ってこんなに進んでるのか!」って大感動してしまいました。

 実はそのディーゼルは違反だったわけだけど、それにしてもVWのディーゼル技術はすごいんじゃないかと、つい期待してしまった。

 ところが、日本に導入されたパサートその他のクリーンディーゼルは、現状、音もフィーリングもディーゼル界の最下位クラス。やっぱ違反頼みだったんスか?

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ