ロードスター,R35GT-R…世界を変えた誇るべき日本車6選!

 平成が終わり、令和の時代になってから早2カ月が経とうとしている。

 この平成の30年間に登場した国産車のなかには世界的なブームを巻き起こしたクルマや、高級車の作り方に影響を与えたもの。そして、世界のスポーツカーを超越したクルマがあったのをご存じだろうか?

 そこで、「世界を変えた誇るべき日本車」と題して厳選して選び、現在中古車相場はどうなっているのか、モータージャーナリストの萩原文博氏が解説する。

文/萩原文博
写真/トヨタ、日産、ホンダ、マツダ


日本人だったら歴史を変えた日本車を一度は手にしたい!

 まず、取り上げたいのは最近設定された30周年記念車が一瞬で売り切れとなったり、初代モデルのレストアをメーカーが始めたりするなど話題豊富なマツダロードスターだ。

 1989年に登場した初代ロードスターはロータスエランをインスパイアした2シーターライトウェイトスポーツカー。

 このロードスターの成功により、2シーターオープンカーブームが世界規模で起こり、雨後の竹の子のように次々と登場したのは記憶に新しい。

 続いては、同じく1989年に登場した初代セルシオだ。海外ではレクサスLS400として販売され、TV-CFのボンネットの上に載せたワイングラスからワインがこぼれないほどの振動の少なさが話題となった。

 また、メルセデスベンツがセルシオを研究してSクラスを開発したというのも有名な話だ。

 そして、1990年に登場した国産スーパーカーのNSX。現在では多くのメーカーが採用しているオールアルミボディを世界に先駆けて採用。

 ミドシップにエンジンを搭載し、さらにトランクを設置するなどスーパースポーツカーながら高い実用性も兼ね備えたモデルだ。

 ホンダからはもう1台、初代インテグラタイプRを取り上げたい。現在、ルノーメガーヌRSと抜きつ抜かれつのFF最速を争っている現行シビックタイプRだが、当時、1995年10月に発売された初代インテグラタイプRは、当時、世界最速のFFと言われていたからだ。

 2代目インテグラタイプRよりもジャジャ馬で、おもしろさからいうと初代のほうが2代目よりも上回っている。

 世界を変えた国産スポーツカーといえば、全天候型マルチパーパススポーツカーとして世界を仰天させ、ニュルブルクリンクの最速タイムを更新し続けた、2007年登場のR35GT-R抜きには語れないだろう。

 匠が手組みする3.8L、V6ツインターボエンジンを搭載し、スカイラインGT-Rとは異なる速さを手に入れた。

 実は1989年登場のR32GT-Rと迷ったのだが、中古車の平均価格が約380万円、中古車の価格帯が約240万円~1020 万円で、異常ともいえる高騰ぶりをみせているので、R35GT-Rを選ばせていただいた。

 最後に、プレミアムSUVという新しいカテゴリーのパイオニアとして、1997年に登場したハリアーも取り上げたい。

 現在のSUVブームの火付け役といえる存在で、SUVのなかで数少ないブランド力をもつクルマだ。一度は生産終了になりかけたが、現場からの声で継続となったという逸話も残っている。

マツダロードスター(初代)1989~1997

世界を変えた日本車としてトップバッターに挙げた初代NA系ロードスター

流通価格帯:約20万~280万円
平均価格:77万円

 それでは、ここからは世界を変えた日本車として取り上げたクルマたちを手に入れるための中古車情報を紹介しよう。

 1989年9月に販売開始された初代マツダ(ユーノス)ロードスター。約30年の月日が経ったが、現在でも初代ロードスターの中古車は約200台も流通している。

 直近3カ月間は200~230台をキープし、流通台数は安定している。一方の平均価格の推移は3カ月前が79万円で、現在は77万円まで値落ちしているが、流通台数の減少とともに、相場は反発傾向となっている。

 価格帯は約20万~約280万円で、高価格帯には限定車のM2シリーズが並んでいる。グレードでは1.6Lのベースグレードが約20%と最も多く、1.6Vスペシャル、1.8スペシャルパッケージの順で、1.6L車が多く流通している。

 気になるトランスミッションだが、約78.3%がMT車で、そのうち約70%が100万円以下で購入可能となっている。アフターパーツも豊富に流通し、価格の安い中古車を手に入れて、コツコツとイジって走りを磨く楽しさがある。

トヨタセルシオ(初代)1989~1994

静粛性ではメルセデスベンツがSクラスの開発でベンチマークにしたという逸話が残っている

流通価格帯:約40万~160万円
平均価格:約78万円

 初代トヨタセルシオは1989年10月に登場。ひと頃のVIPセダンブームによって多くのクルマがカスタマイズされて姿を消してしまったが、まだ初代セルシオの中古車は26台も流通している。

 すでに相場は底値に達しているようで、3カ月前の平均相場は約80万円。その後一時的に値落ちして、現在は約77万~78万円の横這いで推移し、目立った値動きがない状況だ。

 初代セルシオの価格帯は約40万~約160万円と幅広くなっている。走行距離を見ると、最終年式でも25年が経過しているにも関わらず、走行距離1万km台という中古車も流通している。

 現在流通している中古車は総じて年式の割に走行距離が少なく、その結果、販売価格もやや高めとなっているのだ。

 グレードではエアサス仕様のC仕様が圧倒的に多くなっているが、エアサスは乗り心地こそ良いものの、修理代金は中古車の代金以上に掛かってしまう。流通台数は少ないが、コイルサスのAかB仕様を狙いたい。

ホンダNSX(初代)1990~2006

1990年9月14日に販売開始され2006年1月末までの16年間の長きにわたってフルモデルチェンジを行うことなく製造された。搭載されるエンジンはNA-1型がC30A型3L、V6DOHC(MT:280ps、AT:265ps)。1997年2月のマイナーチェンジでC32型3.2L、V6(280ps)が搭載され、2001年12月に固定式ヘッドライトが採用された

流通価格帯:約320万~2160万円
平均価格:約660万円

 1990年9月より販売開始された初代ホンダNSX。デビュー当初の車両本体価格が800万~860万円と当時の国産車としては非常に高額車だったが、現在でも平均価格は約660万円と高値をキープしている。

 3カ月前の平均価格が615万円だったので、わずか3カ月で45万円も値上がりしているのだ。

 この原因は、流通台数の減少によるもの。3カ月前はピーク時約85台流通していたのだが、最近では70台まで減少。走行距離も少なくなっているので、走行距離の延びた車両本体価格の安い物件が市場から姿を消したと考えられる。

 現在、初代NSXの中古車の価格帯は約320万~約2160万円と非常に幅広い。中古車のほとんどがリトラクタブル式ヘッドライトの前期~中期モデルで、固定式ライトとなった後期型はほとんど流通していない状況だ。

 トランスミッションはMTが約55%、ATが約45%でMTが優勢でフルノーマル車ほど高額となっている。そして、NSX-Rにも触れておきたい。流通台数はわずか6台で、そのうち5台が3Lエンジンを搭載した前期型で、3.2Lエンジンを搭載した後期型はわずか1台。

 NSX-Rの価格帯は約2290万~約3790万円と超プレミア価格となっている。今後はさらに高騰する可能性が高い。

ホンダインテグラタイプR(初代)1995~2001

当時、FF世界最速と言われたインテグラタイプR。搭載される1.8L、直4VTECエンジンは200ps/19.0kgmを発生。車両重量は1060~1080kg(3ドア)

流通価格帯:約59万~約280万円
平均価格:約120万円

 1995年10月、初代インテグラに設定された3ドアクーペ(DC2型)と4ドアハードトップのタイプRは後世に残る名車だ。

 搭載されたエンジンはB18CスペックRと呼ばれる1.8LDOHC VTECで、200ps/19.0kgmを発生。初期型はエンジンのポート研磨を手作業で行っており、カムカバーの赤い結晶塗装は誇らしげだ。

 トランスミッションは2~5速がクロスレシオ化された5速MTで、ヘリカルLSDが装着されていた。

 1998年1月に発売された後期型は、98スペックRと呼ばれ、タイヤサイズを195から215への大型化をはじめ、ブレーキローターの大型化、モノコックボディの高剛性化、足回りやECUの見直しなどが行われ、走行安定性が向上した。

 1999年12月には、00スペック、99スペックと呼ばれる初代タイプRの最終型が発売されたが、動力性能は98スペックからの変更はない。

 初代インテグラタイプRの価格帯は59万~約280万円で、平均価格は約120万円だ。流通しているインテグラタイプRは、修復歴車が多く、走行距離も10万kmオーバーのものが多い。

 なかには1オーナーで約9万Km走行、約200万円といったものや約2万Km走行の1オーナーで約280万円といったものがあるが程度のいいものはやはり高い。

日産R35GT-R 2007年12月~

VR38DETT型3.8L V6 ツインターボエンジンは初期のモデルは480ps、2008年12月の小改良以降のモデルは485ps、2010年11月発売の2011年モデルは530ps、2012年モデルから2015年モデルまでは550ps、2017年モデルは570ps、2014年2月末販売のNISMOモデルは600psを発生

流通価格帯:約400万~2080万円
平均価格:約710万円

 2007年10月の第40回東京モーターショーで発表され、12月より販売開始。現行型GT-Rの中古車は現在約160台流通し、直近の3カ月はほぼこの台数で安定している。平均相場も約710万円付近で安定という状況だ。

 流通している中古車の年式では初期モデルの2008年式が約36%と圧倒的に多く、2012年式、2014年式が続いており、2012年以降は流通台数に偏りがないのが特徴だ。

 中古車の価格帯は約400万~約2080万円と非常に幅広い。以前から400万円付近が相場の下限となっており、それ以下のクルマはほとんど出現しない。

 また、高価格帯の中古車はほとんどがニスモで、走行距離が100km以下という高品質な物件も見つかる。グレードでは快適装備が充実したプレミアムエディションが最も多く、僅差でブラックエディションが続く。

 フロントにLEDデイライトが追加された2011年モデルだと約650万円から、フロントマスクが大幅に変更された2017年モデルだと約850万円からとなっている。日本が誇るスーパースポーツカーのGT-Rは中古車となってもなかなか手が届かない存在だ。

トヨタハリアー(初代)1997~2003

搭載されたエンジンは3L、V6(220ps)と2.2L、直6(140ps)。2000年のマイナーチェンジで2.2Lが2.4L(160ps)に変更

流通価格帯:約20万~100万円
平均価格:約30万円

 1997年12月に登場した初代トヨタハリアーは、従来のクロカン4WDと異なり、乗用車のカムリのシャシーをベースとしたモデルで、「プレミアムSUV」という新しいカテゴリーの開拓と同時にクロカン4WDからSUVという潮目作ったモデルだ。

 初代ハリアーは生産終了から16年が経過し、流通台数は約18台とかなり少なくなっている。平均相場も3カ月前は48万円で今月は39万円と値落ちしており、底値といえる状況となっている。

 中古車の価格帯は約20万~約100万円で、ほとんどが50万円以下のプライスが付いている。流通しているグレードで目立って多いというものはないが、3Lエンジンを搭載したクルマが多いのが特徴。

 2.2L車やマイナーチェンジで登場した2.4L車はほとんど流通していない。また、中古車が流通しているエリアには特徴があり、東名阪で少なく、逆に九州や北海道などに多く流通している。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ