【1年に1回は交換を!!】油断してたら超絶進化「ワイパー」の実力と可能性


 梅雨も終盤にさしかかり、梅雨末期の豪雨などに遭遇した時に視界を確保するのにしっかりとメンテナンスしておく必要がある保安部品がワイパーブレードだ。

 鉄道車両、船舶、長距離用を含むトラック、観光バスに装備されるワイパーブレードの守備範囲は幅広く、雨の日の安全を確保するための必須アイテムである。

 だがその割りに自分のクルマに関しては、日頃はメンテナンスがおろそかになりがちだ。

 そして気になるのは、コーティング剤などがこれだけ普及しているにもかかわらずワイパーは消え去る気配さえなく、ワイパーの代わりになるものがいまだにないということ。

 そこで、身近な存在であるワイパーの成り立ちについて、寿命や取り付け方法を確認するとともに、まだワイパーの代わりになるものはないのか、現在、どのように進化を遂げているのか探ってみた。

文/岩尾信哉
写真/ベストカーWEB編集部 Adobe Stock


ワイパーブレードの基礎知識とバリエーション

 1910年代に米国で生まれたとされるワイパーブレードは、モーターとリンクで動くワイパーブレードとウィンドウ表面を払拭するワイパーラバー(ゴム)で構成される。

 ちなみに、ワイパーラバーはガラス表面から水を完全に取り去るのではなく、表面に薄く均一な水の膜を形成することでガラスを通過する光の屈折率を整えて、良好な視界を確保する。

 可動部の動きにより、ラバーにかかる圧力をガラスに均等に伝えることで雨や雪を取り払う。

フレームの形状がスポーツ競技会のトーナメント方式に似ていることから名付けられた

 まずは形状で分別していくと、トーナメント型は純正用品としてはおなじみの製品だ。

 ラバー部を支えるフレームの形状がスポーツ競技会のトーナメント表に枝分かれしていることから名付けられた。

 大型フレームに小型フレームをいくつか組み合わせて、ガラスへの圧着力を確保する。廉価モデルを中心に最も多くの車種で採用されている。

フラットワイパーはフレームとゴムが一体化していて圧力が均等になるため、トーナメント型に比べ払拭性能が高い

 現在主流となりつつあるフラットワイパーは、ブレード(フレーム)とラバー部が一体化したタイプ。ゴムで覆われた芯軸を採用して、先端から後端までフラットかつ単純な構造を採るため、圧力が均等にかかるため払拭性能が高く、また走行風の影響を受けづらく、風切り音を抑えられる空力性能や高速走行での払拭性能が優れている。

 “見た目性能”の向上を狙った製品としては、樹脂製カバーなどを与えたエアロタイプ(フレーム形状はトーナメント型が主流)が増えている。

樹脂製カバーを備えたエアロワイパー(日本ワイパーブレード)

 湾曲したバネ部分をゴム/樹脂製カバーで覆うなど、走行風を整えて浮き上がりを抑制する効果を持つとされ、標準仕様ブレードと同等の性能を得ている製品もある。

 加えておけば、ワイパーには当然ながら雨用と雪用があるが、冬期の低温に対応して、冬用はワイパーブレード全体をゴムで覆った形になっている。

 ブレードを曲がりにくく設計、かさばる雪を落とすことに配慮している。ラバーの材質や取り付け部の長さを多く仕立てるなどの変更が施されている。

払拭性能を向上させたコーティングラバー

 新車時に装着されているワイパーのラバー部の多くには、天然ゴムと天然ゴムに塩素系有機材を配合した素材が使われている。

 天然ゴムは払拭性能には優れるが耐久性では有機材料のクロロプレンを配合したラバー材に劣り、後者は耐久性などバランスのとれた性能が特徴。

 ワイパーのラバー部に関しては、熱や紫外線/オゾンによる劣化に強い素材の開発が進められている。

 現在アフターマーケット製品では、表面加工により払拭性能や耐久性などの商品性をアップしている。

次ページは : 交換時期はラバー部分が6カ月、ブレードが1年!