【技術の日産!!】一基ずつ手組みしているGT-Rのエンジンのすごさとは? 

 日本を代表するスポーツカーである日産GT-Rには、究極の走りを実現する高性能エンジンが搭載されています。

 この「GT-R用エンジン」の凄さは、そのエンジン技術はもとより、熟練職人「匠」が一基ずつ手組みしているという「ものづくり」に対する取り組み姿勢にあります。

 日産はなぜ、GT-R用エンジンの手組みにこだわっているのでしょうか。元自動車メーカーエンジニアの筆者が紹介します。

 文:吉川賢一/写真:日産、ベストカー編集部


GT-R用エンジンとは

GT-R2020年モデルのグレード一覧
GT-R Premium edition 1210万5720円~(メーカ希望小売価格)
GT-R Pure edition 1063万1520円~ (メーカ希望小売価格)
GT-R Black edition 1253万9880円~ (メーカ希望小売価格)
GT-R Track edition engineered by NISMO 1463万6600円~ (メーカ希望小売価格)
GT-R NISMO 2420万円~ (メーカ希望小売価格)

 GT-R専用エンジンは、VR38DETT型3.8L V6ツインターボエンジンです。

 先日登場した2020年モデルでは最高出力570ps、最大トルク637kgmを発生、また、より動力性能を突き詰めたGT-R NISMOに至っては最高出力600ps、最大トルク652Nmもの高出力化を実現しています。

GT-R2020年モデルの走行の様子

 エンジンのパフォーマンスともに注目されているのが、「匠」と呼ばれる熟練職人によって、エンジン一基ずつ手組みで組み上げられているという点です。

「匠」とはどんな人か

「匠」と呼ばれる職人がGT-Rのエンジンを組み立てている様子

 日産は、GT-R用エンジンの手組み作業のためだけに、ものづくりに卓越した5人の職人を「匠」として選抜。

 この5人の「匠」は、手の感触でミクロン単位の違いや、聴感でちょっとした異常が分かるという、いわば「職人の頂点」を極めた人たちです。

 この「匠」による手組み作業は、チリやホコリのないクリーンルームで行い、組み上げたすべてのエンジンひとつひとつについて、品質確認や性能確認を行うほどの徹底ぶりです。

 組み立てたエンジンには、手組みの重責を担った証として「匠」のネームプレートが貼り付けられています。職人としては大変名誉なことに思われますが、「匠」にとってはいい意味でプレッシャーにもなっていることでしょう。

なぜエンジンの手組みにこだわるのか

 普通、クルマのエンジンは、組み立てラインで生産されます。流れるライン上で多くの作業員が、自分の担当する工程の組付け作業を行い、一連の流れを通過することでエンジンが組み上げられます。

ライン生産により自動車を製造する。写真はリーフの生産工場である

 GT-R用エンジンでは、この一連の作業を熟練した「匠」が1人で、しかも手組みで行うのです。ライン組み立てに比べ、手組みは膨大な手間と時間がかかり、効率は圧倒的に悪くなります。

 ただ、GT-Rには、その膨大な手間暇を惜しむことができない理由があります。

理由とは一体? 

 「ライン生産では決して作ることができないすべてのエンジンを設計通りの安定した性能を発生できるように作る」こそが、日産がGT-Rエンジンの手組みにこだわる理由なのです。

 ひとつのエンジンは、数百の部品から成り立っています。そして、その部品ひとつひとつの製造段階において、すでに微小なばらつきが発生しています。微小な誤差のある部品を組み合わせていくことで、それぞれの部品のばらつきが積み上げられ、組付け後の全体のばらつきが大きくなってしまいます。

 エンジンも工業製品ですので、こういったばらつきは避けられません。そのため、通常は許容できるばらつきの範囲内におさまるようにひとつずつの部品寸法を検品し、品質が確保できるようにしています。

 ライン生産の場合は、許容範囲内の微小な誤差のある部品をそのまま組付けていきます。

細かな作業でエンジンが作られていく

 一方、手組みの場合はひとつひとつの部品を計測し、場合によっては修正をしながら組み付けていくため、よりばらつきの小さい部品を選ぶことで、組付け後のばらつきを最小化することができます。

 これによって、信頼性の高く安定した性能を達成でき、エンジンひとつひとつの性能バラツキを抑えることが可能なのです。

 また、これだけではなく、通常のライン作業ではできない「匠」の経験に裏付けられた感覚的なセッティングは、クルマの微妙な加速性能やドライブフィーリングに効いてきます。日産は、GT-Rを求める人たちの高い要求や期待に応えるため、「匠」によるエンジンの手組みという方法を選択したのです。

まとめ

 このGT-R用エンジンの手組みは、昨今のライン自動化が進む中において、「ものづくり」を意識した象徴的な取り組みといえるでしょう。

 すべてのクルマのエンジンに必要なものではないかも知れません。

 しかし、GT-Rエンジンの手組にはユーザの要求に真摯に向き合う自動車メーカーとしての姿勢や、日産の「GT-R」というクルマに対する熱い思いの一端がうかがえます。

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ