【RAV4と明暗分かれる】なぜ販売苦戦? ホンダCR-Vが抱える苦しい事情

 RAV4と明暗クッキリ分かれる!

 2019年4月に発売されたトヨタのRAV4が、直近の7月もSUVトップとなる8646台の販売台数をマーク。

 日本では2016年に一旦生産終了となりながらも、北米でヒットを飛ばしたRAV4が、日本再上陸で予想以上の大ヒットで、ついにSUV販売No.1に躍り出た。

 このRAV4に続くSUV販売2位はヴェゼルで、3位はC-HR。4位は内外装を豪華に仕上げたハリアーで、5位は水平対向エンジン搭載で走行安定性の優れたフォレスター。6位は荷室に水洗いの可能な処理を施すなど、SUVのアウトドア指向を強めたエクストレイルがランクインしている。

 このようにSUVが好調に売れるなかで、唯一伸び悩むのがホンダのCR-Vだ。

 2019年6月と7月の登録台数は1000台を下まわった。CR-Vの登場は2018年8月。30日でちょうど1年を迎える。今でも新鮮味はあるハズだが、売れ行きが良くない。特に今はライバル車のRAV4が好調だから、明暗を分けた印象になる。

 販売不振による日本市場撤退、海外でのヒット、そして日本再上陸と、RAV4とCR-Vには共通点が多い。なぜ、CR-Vだけが売れないのか?

文:渡辺陽一郎
写真:編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ