【STIの聖地がリニューアル!】スバルファン興奮の空間に生まれ変わった!

 スバルテクニカインターナショナル(STI)は、東京都三鷹市にある「STIギャラリー」の東側をリニューアルし、9月21日からリニューアルオープンさせた。 9月20日にその内部が、一般公開を前に、報道陣に先行公開されたので紹介したい。

文&写真/編集部


【画像ギャラリー】リニューアルしたSTIギャラリーを内覧してみよう!

■ギャラリーオープン10周年の大リニューアル。企画展示も開催

 ギャラリーのオープン10周年となる今年1月に、第一弾として西側のリニューアルを実施。歴代競技車のミニカー展示、メッセージを自由に書き込める柱「絆の柱」、トロフィーを持っての記念撮影、レースカーへの乗車体験など、見るだけではなく実際に来館者に体験してもらえる展示を揃えた。

 これにより、国内だけでなく、海外からもファンが訪れるようになったという。

2019年1月にリニューアルした西側スペース。歴戦のマシンや各種展示がファンを楽しませてくれる
「Looking for ミニカー探しています」の展示。寄贈されたミニカーで、モータースポーツとSTIの市販車の年表を埋めていく。寄贈者の名前もプレートに刻印される

 この時のリニューアルはギャラリーフロアの半分ほどで、東側のスペースの改修はされなかった。今回ようやく残りのスペースのリニューアルが終わり、晴れて全館オープンとなったのだ。

  STIの平岡泰雄社長は、「このギャラリーを、国内外からファンが訪れる『聖地』にしたい」とその思いを語っていた。

STIの平岡泰雄社長。1982年に富士重工業に入社、EJ系エンジンなどのパワーユニットの開発業務などに携わっていた。 エンジン設計部部長など、スバルの技術開発部門を中心に歩んできた人物だ

 現在はリニューアルを記念して、STIをより知ってもらうための企画展示第一弾『STIを知る その1 黎明期 1988年-1998年』が開催されている。
 展示内容は以下のとおりだ。

● 初代社長である久世隆一郎氏のコメント、企業理念などを綴ったパネル

STIの企業理念や、久世氏の当時のコメントをパネルとして展示

●久世氏の人柄を表す名言やエピソードを集めたパネル(CUBE #A)

久世氏の逸話や、当時の印象的な発言がパネルにまとめらている。これを見れば、久世氏がどんな人物だったのかよくわかる

●STIロゴの変遷を綴ったパネル(CUBE #B)

STIのロゴの変遷。1989年はIが小文字だったが、1996年からは大文字に変わった。各時代のロゴに込められた思いが説明されている

●久世氏が、WRCで世界中を飛び回っていた時に実際に使っていたカーボン製のアタッシュケースと扇子などの展示(CUBE #C)

久世氏がWRCの現地に赴く際に愛用していた、カバンと愛用品が展示されている

●いろいろなSNSで使える撮影ポイントを用意。STI公式ツイッターアカウントのジョージ(常時)くんと記念撮影できるコーナーやハッシュタグ(#stigallery)のパネルなどを設置

TwitterやInstagramといったSNSに投稿するために、SNS撮影用のパネルも設置されている

 STIによれば、これまでは来訪してもゆっくりくつろげる場所がなかったが、常設展示としてSTI関連の書籍やムックを読むことができる休憩スペースを設けた。これにより、ゆっくりとSTIの歴史や魅力に触れてもらえるようになったと語っていた。

キューブの一部は書庫になっており、貴重な記念品や書籍を、実際に手に取って見ることができる

■「六連星を世界一にする」夢を実現するため奔走した久世隆一郎氏

 STIの初代社長である久世氏は、同社のモータースポーツ、特に世界ラリー選手権(WRC)の活動で長年スバル側の陣頭指揮をとり、プロドライブとともにスバルを日本の自動車メーカー初、かつ3年連続の年間マニュファクチャラーズタイトル獲得へと導いた。

 今回の企画展示は、久世氏をフューチャーしたものがメインとなっているが、報道陣への先行公開には、STI設立から久世氏が引退するまで秘書を務めた佐々木智沙氏も登場した。

 そんな久世氏をよく知る佐々木氏に、当時の思い出を少し語ってもらった。

 2005年3月に亡くなった久世氏だが、1988年にSTI社長に就任した際は、その成長にかける並々ならぬ思いがあったそうだ。亡くなったあとにわかったのだが、STIの運営に失敗したら腹を切ると、遺書のようなものまで用意して、その「六連星を世界一にする」ことに命を懸けていたという。

 そんな久世氏は、企画展の(CUBE #C)に展示されている青いスバルキャップが大のお気に入りだったそうで、これをかぶっているだけで、ほかのチーム関係者から「ミスター久世が歩いてる」と言われるくらいのトレードマークになっていたそうだ。

 また、カーボン製のアタッシュケースは、久世氏の几帳面な性格を表すように、手作りの段ボール製の仕切りが付けられていて、眼鏡や書類などをきっちり分けて収納出るようになっていた。

 アタッシュケースには無数の傷があり、WRCとともに世界中を駆け巡っていいた久世氏の歴史が刻まれている。

久世氏が愛用していたSTIのキャップとネクタイ。馬と飛行機の柄が大好きだったそうだ

 人生をかけてSTIの成功を目指した、久世氏の生きざまを感じられる企画展示。スバルファン必見の内容となっている。


 リニューアルオープン後は、来場者の多い土日も営業。STI社員もしくは、歴史や商品に精通したSTIアンバサダースタッフが常駐し対応をしてくれるという。

 子どもから大人まで楽しむことができるSTIギャラリーに、ぜひ足を運んでみてもらいたい。

【アクセス】
STIギャラリー
所在地:東京都三鷹市大沢三丁目9番6号
開館時間:10:00~17:00
休館日:GW、夏季、年末年始(日程詳細は公式Webサイトにて告知)

【画像ギャラリー】リニューアルしたSTIギャラリーを内覧してみよう!

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ