【パジェロ、ジェイド…】販売台数3桁以下、それでも褒めたい「いい車」


 2017年7月の国内月販台数トップはN-BOXの1万4121台、次がノートの1万2426台で、プリウスの1万1908台と続く。

 売れている車は販売状況のレポートや紹介記事、試乗記などがメディア(当サイトを含めて)を賑わし、TVCMがしょっちゅう流れ、ディーラーのショールームに大きな垂れ幕が飾られ、店舗内の真ん中に置かれて、何より街中で走る姿をよく見かける。

 しかし売れていない車だってデビュー当初は蝶よ花よと歓迎されていたし、売れてる車と同じくらいの手間ひまをかけて開発され、流通し、販売されている。

 だからこそ当サイトは何度も売れない車の特集を実施しているし、今後もそうした車にスポットを当てていきたいわけです。

 そんなわけで、今回は2017年7月の車名別月販台数で3桁以下の、あまり売れていない車から「これはいい車ですよ!」という5台を紹介したい。なお5台の月販台数を合わせても1位のN-BOXの10分の1に届きません。

文:ベストカーWeb編集部


■ホンダ ジェイド 2017年7月の月販台数74

ジェイド

 2013年9月から中国市場で販売が開始され、2015年2月から日本市場で発売。オデッセイとストリームの中間的ポジションを担う3列シート車であり、当初ハイブリッド専用車であったが、2015年5月に早くもガソリン仕様の「RS」を追加設定。

 1.5L+モーターのハイブリッドと1.5L直噴ターボの2種類をラインアップする。「背の低い3列シート車」の市場が縮小していくなか、「それでも欲しいという人がいるはず」という心意気で販売を続けていると本企画担当は理解しており、そういうユーザーに向けてはいい車だと本気で思う。

 確かに3列目シートは狭くてあまり使えないが、あくまで非常時の補助席だと考えれば、走行性能はそれなりにいいし、燃費もいいし、いや本当にいい車なんです。

 上級グレードには先進安全技術パッケージ「ホンダセンシング」も標準装備。もうひと花咲かせてほしい車。

■スズキ バレーノ 2017年7月の月販台数68

バレーノ

 2015年3月のジュネーブショーに出展されたコンセプトモデル「iK-2」がベースで、同年9月のフランクフルトショーで市販モデルが世界初公開され、日本発売は2016年3月。

 インドのマルチ・スズキで生産され、車名「バレーノ」はイタリア語(「閃光」という意味)という、なかなかにインターナショナルな車。

 この車の来歴と現在の販売状況を見ると、当サイトもショーモデルを安易に「これカッコいいから市販してくれ」と言いづらくなる。いやまあいい車なんですけども。

 デビュー時に鈴木修会長は「インドで一番売れるからインドで作る」と大変ごもっともな発言をしており、反論の余地はない。スイフトよりひと回り大きいサイズ感で、実際に見るとライバルであるフィットやノートよりもギュッと背が低く、スタイリングを重視していることがわかる。

 エンジンは1.0Lの直噴ターボと1.2LのNAエンジン。浜松近辺でよく見かけます。

次ページは : ■スバル エクシーガ クロスオーバー7 2017年7月の月販台数499台

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ