【いまこそ「RX-9」を】マツダ新フラッグシップモデル復活へのシナリオ

 マツダの今後のブランド戦略を考えるうえで、どうしても必要になるのがフラッグシップモデル。現行アテンザ、CX-8の「もうひとつ上」のモデルが必要なはずだ。

 そしてそれこそが「RX」シリーズの復活につながる。

 現在マツダ社内ではさまざまな開発プロジェクトが走っているが、この「マツダの将来を担うフラッグシップモデルの開発プラン」も間違いなく存在している。それはマツダ関係者から何度も当編集部へ伝えられている動きであり、情報が出てそれが支持されることで「社外から応援していただき、このプランの実現に力を貸してほしい」という願いでもある。

 そこで本稿では、これまでのマツダの動きと当編集部がつかんでいる情報、いまマツダが持っている開発資産と今後の動きを整理してお伝えしたい。

 マツダの生き残りをかけた決意を背負う新モデル。その核心に迫る。

文:ベストカー編集部
ベストカー2019年1月26日号「ロータリーから直6クーペへ マツダの決意」より


■いまマツダに必要なモデルは…

 現在、クルマ好きにとって最もその動向にワクワクさせられるメーカーといえば、マツダだろう。

 縮退する国内市場を横目に海外市場へ軸足を移してゆくメーカーも少なくないなか、海外市場と日本市場の双方にバランスよくモデルを投入。さらに2.5Lガソリンターボエンジンの搭載や幅広いMT設定車種など、マツダは日本のクルマ好きが喜ぶツボを知り尽くしたかのような商品展開を見せている。

伸びやかなボンネットと、そこから連なるエレガントなラインが魅力の新型FRクーペ。マツダを代表するフラッグシップに足る存在感を放つモデルになるはず(本誌予想CG)

 だが、そんなマツダにも、これからの将来を考えると、不安要素は存在している。メーカーを代表するに足る「フラッグシップモデル」の不在だ。

 もちろん、ロードスターやCX-5&CX-8など、「元気なマツダ」を印象づけてくれるモデルはある。だがかつてのRX-7のような、問答無用の「顔」とまで言えるほどのインパクトは、残念ながら持っていない。

■他メーカーにはない独自性がカギになる

 新たなロータリーエンジンの開発は凍結されていない。依然として研究は続けられ、マツダも「経営状態がより改善されれば、しかるべきタイミングに発表する」と言い続けている。

 だが、景気動向は依然として先行き不透明のままであり、メーカー規模的にも中堅クラスであるマツダには、近い将来投入できる、ロータリーエンジン以外のパワーユニットを搭載するフラッグシップが必要だ。それは何か。

 それこそが、何度かその存在を何度か伝えているFRセダンおよびその派生モデルであるクーペの開発プランだ。

 現在、日本のセダンおよびクーペ市場は活況とはいえない。そのような状況下でマツダは勝負に出る。なぜか。

 あるマツダの内情に詳しい関係者は、

「日本の状況はマツダもわかっているし、良質なサルーンを求めるユーザーが輸入車に流れていることも把握している。だが、そこに強い魅力を持ったセダンなりを投入できれば、輸入車に流れるユーザーも持ってこられる。マツダはそう考えている」

 と語る。

 なるほど確かに輸入車勢と正面からぶつかって勝ちきれるだけの魅力を備えたモデルを投入できるならば、それは国産他メーカーにはない独自の武器となり、「勝ち」も見えてくるだろう。

 アッパークラスの美しいセダンやクーペを作ることができれば、現在ミドルクラスを中心に打ち立てたマツダのブランド力も利用できる。

 具体的に言うと、CX-5やアテンザに乗って満足したユーザーが「次」に乗りたくなるようなモデルを、マツダ自身が用意できるということだ。

■デザインもパワーユニットもマツダは持っている

 マツダが投入するFRセダンおよびクーペ。それを強力な武器とするためには、さまざまなものが必要になる。

 まずはデザイン。輸入車を検討するようなユーザーの目を惹くには、世界的に見ても高いデザインレベルの外観が求められるが、マツダならばそこは心配しなくてよさそうだ。

 2011年発表の「靱(SHINARI)」、2015年発表の「RX-VISION」、そして2017年発表の「VISION COUPE」。これからマツダが投入するFRモデルに通じるこれらのコンセプトカーは、みな一様に優れたデザインを持ち、海外のショーでも高く評価された。この路線を推し進めていった末に登場する新型FRセダン&クーペが、不格好であろうはずがない。

2010年に発表され、2011年の東京モーターショーにも出展された「靱(SHINARI)」コンセプト。当時はロータリーエンジンを積むと噂されていた。日本車離れした美しさだ

 そして肝心のパワーユニット。いかに美男子であろうと中身が軽薄では興ざめというものだが、これは新開発の直6、3Lエンジンを搭載する。

 かつては衝突安全性の面で不利とされV6にとって代わられた直6エンジンだが、最近ではベンツが約20年ぶりに採用し、話題となった。しかもそれがガソリン、ディーゼルとも(基本設計を共有している)デキがいいということが、直6再評価の動きを後押ししている。

2017年秋の東京モーターショーに出品された「VISION COUPE」。会場中の話題をさらった、明らかにFRレイアウトの美し4ドアサルーン

 ベンツの直6、3Lガソリンエンジンは、ISGと呼ばれるモーター・ジェネレーターと48V電装システムを組み合わせているが、マツダにも2018年11月のロサンゼルスショーで発表されたMazda3(日本名:アクセラ)、SKYACTIV-Xエンジン搭載車が採用する「M ハイブリッド」がある。これを組み合わせれば、ベンツに伍するほどの上質なパワーフィールを入手することもできるだろう。

 ディーゼルに関しても同様だ。もとから評価が高いマツダのこと。3Lとなることでトルクは60kgm超に届き、鋭い加速を見せるが、同時に優れた燃費も実現するはずだ。

 最高出力はガソリン、ディーゼルともに350ps級となる見込み。ピークパワーよりも余裕、上質さを追究したパワーユニットとすることで、目が肥えた輸入車ユーザーを納得させる。

■ブランドを支える資産だってマツダは持っている

 最後に、これまで本誌ベストカーはこのFRモデルを「次期アテンザではないか」と紹介してきたが、ここにきて、より上級な別モデルであるという話が出てきた。

 確かにメーカーを代表するフラッグシップモデルを渇望するマツダとしては、アテンザのさらに上、ボディサイズ的にもパワースペック的にもそして内装の質感などにしてもアテンザクラスを大きく上回るモデルを用意したとしても不思議ではない。いや、ロータリー搭載車に代わるブランドの顔としては、それくらいの内容を持っていなければ釣り合わないのかもしれない。

 これまで何度か、マツダ関係者から「RXシリーズの開発プロジェクトは完全に止まったわけではありませんよ」という情報を聞いていた。

 だとすれば、これまで本稿で伝えてきた新たなフラッグシップブランドこそが次期「RX」シリーズの骨子ではないか。かつてマツダの大看板だった「RX-7」および「RX-8」の後継車として、(「VISION COUPE」のような)ロングノーズ+ショートデッキの美しいフォルムとしっとりしたエンジンサウンドと力強い加速を生み出す直6、マツダの掲げる「楽しい走り」を支えるFRレイアウト、これらの条件をすべて満たすセダン&クーペの実現が可能となるには、「RX-9」の銘がふさわしい。

2015年の東京モーターショーに出品された「RX-VISION」。当時はロータリーエンジンの搭載がアナウンスされたが、現時点ではこのモデルが「RX」の名を持つこと自体に意味があるように思える

 いやがうえにも期待が高まるマツダ新型FRセダン&クーペ。予想される価格は800万〜1000万円。マツダ車としては高価だが、国際的な基準で見れば充分買い得なモデルとなる。まずはデザインコンセプトを今回もしくは次回の東京モーターショーに出品して、その後の市販を目指しているはず。

最新号

ベストカー最新号

新型ヤリス GRは250馬力|ベストカー 3月10日号

 いつもより1日早い2月9日発売の自動車情報誌「ベストカー」最新号は、注目の話題が目白押し。新車スクープ情報では、トヨタを代表する世界戦略コンパクトカー「ヤリス」(日本名:ヴィッツ)に関する新情報を入手。  その頂点に位置する4WDターボモ…

カタログ