ドラレコはあおり運転対応の2カメラが当たり前!! 売れてる2万円台の高コスパ ドラレコ3選


 コロナ禍においても自動車用品の販売は好調だ。2021年度は500万台の出荷も予測できるほどクルマにおける必需品となったのがドラレコ(ドライブレコーダー)だ。

 だがその一方であまりにも製品数や種類が多く、購入時の規準もわかりにくくなってきているのも現実だ。そこで現在、ヒットモデルとなった商品から見えてきた「2021年度版ドラレコ購入のツボ」を紹介していく。

文/高山正寛、写真/Pioneer、Kenwood、Comtec

【画像ギャラリー】もはや必需品!? コレを選べば間違いない 2021年度おすすめドライブレコーダー!!(12枚)画像ギャラリー

■とにかく種類が多すぎる

商品数が充実するのはいいが、選択が難しくなってきたという部分もある

 カー用品店に行けば販売コーナーは昔より(さらに)拡大、ネット販売はもちろん、家電量販店でも小さいながら販路を拡大しており、まさに絶好調のドラレコだが、とにかく種類が多すぎるのがネックとも言える。

 過去にもベストカーWebで執筆したことがあるが、低価格であれば3000円台から、一方で5万円を超える高価格帯商品も販売されている。

 ただ当時と比べると特に低価格帯の商品群は頻繁に改良が行われており、性能&コスパとも向上しているのも現実だ。

 それでも広告などに記載されている“おいしい”スペックの羅列を見ると「これで十分」と吟味もせずに購入、ネット通販で言えば「ポチ」してしまい、後で「後悔した」という声もまだまだ聞こえてくる。

 最近ではネット通販だけでなく、テレビ&ラジオショッピングなどでも扱う機会が多いドラレコだが、こちらでも机上のスペックのみを重視して後述する「2カメラモデルが本日はさらにここから値引いて1万円以下!」と声高に宣伝しているものもある。

 誤解の無いように言ってくと、それ自体は商売のやり方なので文句を言う筋合いは無い。ただドラレコを始めとしたクルマ関連の商品は万が一の事故の際「証拠になる」など重要な使命を持っていることも事実だ。

 SNSなどでは、「いざという時に録画されていなかった」という書き込みも散見されるが、これでは本末転倒である。

 だからこそ単に価格の安さで選ぶことや、逆に「高価格だから絶対安心!」と安易に選択することも正解とはいえない。価格と機能のバランスを考えて購入するのが、現在のドラレコのトレンドとも言える。

■一気に人気モデルに躍り出た、あの会社のドラレコとは?

カロッツェリアVREC-DH300Dは、人気のアニメ「PUI PUI モルカー」とコラボを行っている

 筆者は頻繁に前述したカー用品量販店や家電&ホームセンターなどにも足を運んで「フツーの消費者」つまり取材というスタイルを取ると、リアルな肉声が聞こえないこともあるので、ランダムに現場を回っている。

 その中でここ数ヶ月、販売現場から高い評価を受けている商品(何店舗の担当者からもイチ押し)を聞いた。それが販売好調なパイオニアの「VREC-DH300D」という前後2カメラモデルである。

 この手の商品に詳しいユーザーの過去のネットへの書き込みを見ると同社のドラレコの評判は決して高くなかったのは現実だ。しかし、それが今や販売や人気面でもトップクラスに躍り出たというのだから驚くしか無い。

 ではなぜ「VREC-DH300D」が人気なのか? 実際に購入した人、現場の声、自分も実際テストした中から見えてきたことは「高機能と価格のバランスが抜群」ということだ。伝えたいことはこの商品から今のドラレコのトレンドが見えてくるということなのだ。

■過剰なスペックは不要

過剰な機能が付いているぶん高価になるよりも、機能を厳選して価格を下げてくれるほうがいい(metamorworks@AdobeStock)

 冒頭に述べたように現在のドラレコはスペック自体も上がっているし、当時であればワンランク上の商品でなければ搭載されなかった機能が盛り込まれるなど消費者側にとってはありがたい状況になっている。

 もちろん他の家電でもそれ自体は当たり前のことだが「VREC-DH300D」から見えてきたのは「何でもかんでも高機能を入れれば良いのではない」という良い意味での割り切りだ。

 前振りが長くなったが、現在のドラレコに最低限求められるのは以下の機能だ。

1)GPS内蔵
2)画質はフルHD、画素数は200万画素以上
3)視野角は水平方向110°前後、垂直で60°以上
4)前後録画を考慮して2カメラ(以上)
5)夜間における録画性能を向上させるセンサー類の搭載

 この他にも「駐車時における監視機能」も挙げられるが「なるべくなら欲しい」というレベルに今回は抑えておく(理由は後述)。

 スペックだけ見ると現在のドラレコには概ね搭載されている機能であることは想像できる。ただ、スペックだけ満たしていても実際の映像の見え方などは商品によって異なるのも事実だ。

 メーカーや販売店はその辺をよく理解しており、実機を展示し、実際の動画を見てもらうようにしている。こうすることで、商談も進めやすいし、何よりもユーザーの理解が一番早いからだ。

 例えば、2)の画質に関しても過去はフルHD化されるだけで「凄いっ!」という感じだったが、現在は当たり前。より高額なモデルでは家庭用テレビじゃないがより高精細な「4K画質採用!」という商品もある。

 しかし、単に画素数だけ増やしてもその分、何倍もきれいに録画されるか、と言えば必ずしもそうでは無い。画素数や解像度が増えればデータを収録するメモリーカードへの負担も増えることになる。

 その意味でも200万画素は昨今では最低基準。「VREC-DH300D」の場合は370万画素のWQHD画質。今後はこの周辺の画素数がメインのトレンドになってくると思う。

■本当にこの機能は必要なのか?

クルマ自体に付いている機能はドラレコにはもちろん必要ない。また必要以上の大画面も運転の妨げになりかねない(show999@AdobeStock)

 高機能型ドラレコをも見ると、搭載するカメラを活用して、前車が発進した際に自車が停まっていると注意を促してくれる「発進遅延警報」や「車線逸脱機能」「衝突注意警報」などいわゆるADAS(先進運転支援システム)的な機能を搭載している商品もある。

 しかし、これに関しては最近のクルマであれば、そもそも装着されているケースが多いのでこの機能自体は不要だ。実は筆者のドラレコにもこれらが搭載されていたのだが、衝突注意警報や車線逸脱警報などはオフにした。使っているのは自身の車両に非設定の「発進遅延警報」だけである。

 これらに関しては全く設定のない中古車に装着するのであれば、ある程度効果が感じられるが、現実は「プラスα」程度であるので過信は禁物である。何よりもこれらの機能によりドラレコ本体の価格がアップしてしまうことのほうがユーザーにとってはデメリットになる場合もある。

 この他にもやたら「大画面」を謳っている商品もあるが、カーナビじゃないんだから、デカければいいというものではない。何よりも運転中に凝視したら危険であることからも自車のフロントウインドウとの大きさを考慮して選ぶべきだろう。

次ページは : ■ドラレコも取り付け費用を含んで選ぶべし

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ