神出鬼没の新型オービスに対抗! レーザー受信に特化した安価なレーダー探知機を狙え!


 まだまだ認知度は低い「新型(可搬式)オービス」。文字通り“可搬(移動)”できることで神出鬼没ではあり、速度計測には電波(レーダー)ではなく「レーザー」を使用している。

 これに対応する新型のレーダー探知機は価格も高めだ。すでに非対応とはいえ、まだ現役であるレーダー探知機を所有しているユーザーにとってはわざわざ買い替えるのも面倒だし、何よりも出費が大きい。

 そこでこの新型オービスからのレーザー光のみを単体で受信する“機能特化型”に注目したい。単一機能ゆえのメリットやオススメモデルを紹介する。

文/高山正寛、写真/ユピテル、セルスター、ベストカー編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】新型オービスには探知機買い替えではなく機能追加で対応!! 単独使用可能なオススメ受信機3+1(8枚)画像ギャラリー

■新型オービスはそもそも方式が違う

新型の可搬式オービスはどこにあるか分からないうえに探知方式も従来とは異なるなど、非常に厄介な存在だ。より慎重な運転が重要だ(moonrise@AdobeStock)

 これまでレーダー探知機を使ってきた人にとっても最新の新型オービス(可搬式速度違反自動取締装置)は非常にやっかいだ。

 何よりも可搬(移動)ができることで、朝に設置して夕方には回収、などスピーディな運用が可能。固定式と比べて「過去取り締まった場所には設置しない」位、自由度が高い。

 そして極めつけはこのオービスから発射されるのが従来までの電波などとは異なる“レーザー光”である点。もちろん新型オービスの中にはレーダー(電波)を使っている機器も存在するが、昨今勢いのあり、全国で設置が加速しているのはやはりレーザー方式である。

 方式が違うのだから、従来のレーダー探知機で取締情報が受信できないのは当たり前の話。そこでレーダー探知機などを開発・製造するメーカーは従来までの方式に対応しつつ、レーザー光を受信できる専用の受光部を設置したいわゆる“ハイブリッド型”をリリースしている。

■毎年のように性能は向上、でも高い!

 現在販売されている新型オービス対応モデルは毎年のように性能が向上している。具体的にはレーザー光をより早く、確実に受信できるための技術進化だ。当然、感度も含めた受信感度が高くなれば警告も早く鳴る、ゆえにドライバーも安全運転を心がけることができる。

 また“光”という特性上、電波とは異なり,色々な波長(太陽光や測量機器など)が含まれていることもあり、これらをカットしつつレーザー光を受信しなければならない。これらをワンボディに収める技術により価格はやはり高くなる。

■レーザー光のみを受信する探知機が狙い目

 そこで既存のレーダー探知機を所有しているユーザー、また固定式オービスなどの情報は後述するスマホアプリなどから取得できるので新型オービスのみの対策をしたい、という人向けに、ユピテルやテルスターから「レーザー光特化型」レーダー探知機が発売されている。

 メリットとしてはまず何よりも価格が安い点だ。単一機能なので当然と言えば当然だが、7000円未満で手に入る。さらにアクセサリーソケットに挿すだけですぐに使える点も魅力だ。

 またすべての商品ではないが、対応する既発のレーダー探知機と専用ケーブルで接続することで、ほぼフルスペックのレーダー探知機として使うこともできる。

■人気のスマホアプリと組み合わせるのもGOOD!

 前述したようにレーザー光特化型のレーダー探知機は何よりも価格が安く、導入しやすいのが特徴だ。さらにコスパを高める手段としてオススメなのが、過去にも紹介したことのある「オービス&取り締まりアプリ」との併用だろう。

 スマホ向けに開発されたこのアプリには文字通りオービスや取り締まり情報、さらにユーザーからの投稿などからも常時アップデートされているのが特徴だ(筆者も使っている)。

 実はこれらのアプリにも新型オービスの情報は掲載されていることもあるが、冒頭に述べたように“神出鬼没”である以上、その情報は参考程度、ただこのアプリと特化型レーダー探知機の併用で質、量とも充実した情報を取得できるはずだ。

 最後に伝えておきたいのはこれらはすべて「安全運転をサポートするもの」である点。取り締まりとレーダー探知機の世界は“イタチごっご”のようなもの。どちらが優れているとか、反応しなかったとか言うのは不毛な議論だ。とにかく交通ルールを守ってドライブを楽しむためのツールとして活用してほしい。

次ページは : ■オススメのレーザー光特化型レーダー探知機3選+1

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ