【まさかの爆安or意外に高値??】懐かしの珍名車 驚きの中古車価格 7選


 自動車メーカーが売れると見込んで発売したが、どうにもこうにもさっぱり売れなかったクルマたち。

 その奇想天外さがダメだったのか、それとも時代が追い付いていなかったのか? こうした珍車、迷車を令和の今、見てみると意外にいいじゃないかと思えるクルマも存在する。

 クロスロード、エレメント、エディックス、ネイキッド、マーチBOX、インプレッサカサブランカ、スズキX-90……。

 こうした悲しき一発屋たちは、今いくらで買えるのか、徹底調査してみた!

文/伊達軍曹
写真/ベストカーWEB編集部

【画像ギャラリー】クロスロード、エレメント、インプレッサ カサブランカ、スズキX-90ほか詳細写真


ホンダクロスロード:2007年8~2010年9月

■中古車平均価格:約72万円

ボディサイズは全長4285×全幅1755×全高1670mm。四角い個性的なスタイルのクロスロード。クロスオーバー車全盛の今だったら、売れるのはないかとちょっと思ったりもするが……

 ホンダ クロスロードは全長4.3m弱のコンパクトなボディに3列シートを載せた7人乗りのSUV。

 ベースとなったのは同時期の「ストリーム」です。デザインは非常にスクエアなデザインですが、張り出したフェンダーアーチなどが「単なる箱ではないぞ!」と主張しています。エンジンはストリームと同じ1.8Lと2Lの「i-VTEC」です。

 なかなかエッジが利いてるステキなデザインだと思うのですが、その販売はパッとしませんでした。

 2007年2月に華々しく発売されたものの、半年後には早くも「低空飛行」を開始。そのためクロスロードは2010年8月、早々に販売終了となってしまったのです。

 新車時価格は193.2万~291.9万円で、2019年11月半ば現在の中古車相場は18万~158万円。

 筆者調べによれば平均価格は約72万円で、コンディションの良い中古車は年式やグレードにかかわず100万円以上のプライスが付く場合が多いようです。

 これは「中古車としてけっこう人気がある」ということを意味しています。不人気中古車はすぐ100万円以下になりますからね。

 新車時は不遇をかこったクロスロードですが、今は時代がクロスロードに追いついています。つまり、今は「やや小ぶりで個性的なクロスオーバー車」がよく売れる時代だということです。

 それゆえクロスロードの中古車相場がこれ以上高騰するかどうかはイマイチ不明ですが、「少なくともダダ下がりすることはない」と予想されます。

2代目ストリームをベースに3列7人乗りを実現した。一部1.8Lグレードにはバンパー、フェンダーを無塗装とした無骨なグレードも用意された
上の写真をクリックするとクロスロードの中古車情報が見られます!

ホンダエレメント:2003年4~2005年7月 

■中古車平均価格:約78万円

日本では2003年4月から2005年7月という短命だったがアメリカでは2002年12月から2011年モデルまで長きにわたって販売された

 これまた名車なのか迷車なのかわかりにくい一台ですが、個性的であることだけは間違いありません。

 ホンダ エレメントは、海岸にあるライフガードステーション(監視台)をデザインモチーフとしてホンダR&Dアメリカがデザインし、アメリカで生産されたクロスオーバー車。サイドドアが「両側観音開き」となっているのが最大の特徴です。

デザインではビーチにあるライフガードステーションをキーコンセプトとしており、10フィートのサーフボードを積めることを条件として決定された。後席のドアはサイドアクセスゲート、サイドカーゴドアと呼ばれ、法律の制約もあり前席のドアを先に開かないと開かないようになっている。バンパーやフェンダー、サイドシルにはクラディングと呼ばれる無塗装の樹脂素材を使用している

 北米では2002年12月に発売され、その後日本でも2003年4月から「逆輸入車」として販売を開始。

 しかし、北米ではよく売れたのですが日本ではサッパリで、2005年7月には早くも廃番となってしまいました。ちなみに北米ではその後も人気を博し続け、2011年まで製造された。

 新車時価格272万円だったエレメントの現在の中古車価格は、最安値は約30万円ですが、平均価格は約78万円となかなかご立派。

 そしてコンディションの良い個体は、走行距離が多少延び気味であっても平気で130万円前後で売られています。ちなみに2019年11月半ば現在の最高値は184.8万円。これは驚き! かなり立派な価格です。

 中古車相場の未来を正確に予想するのは難しいですが、それでもあえて予想するなら、ホンダ エレメントの相場は「上方向」ということでまず間違いないでしょう(もちろん良質車に限り、です)。

 誰かに「これは東京モーターショー2019で発表されたSUVですよ」と嘘をつかれても思わず信じてしまいそうなデザイン性の高さ、そして「両側観音開きドア」という唯一無二の個性。

 それらを勘案すると、爆騰するかどうかはわかりませんが、少なくとも「上昇トレンド」は続く気がします。

上の写真をクリックするとエレメントの中古車情報が見られます!

次ページは : ホンダエディックス:2004年7~2009年8月

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ