【RX-7 300万円、80スープラ400万円…】あのころ憧れたクルマは今いくら?


【60代】トヨタセリカ(初代)/1970年12月~1977年8月

初代セリカのキャッチフレーズは「未来の国からやってきたセリカ」。アメリカで大成功したマスタングに倣って、好みのエンジン、変速機、内装を自由に選べる“フルチョイス”と呼ばれるシステムを採用 。写真は1600GT

 現在60代の方が自動車的な思春期を過ごした時代は、1970年代半ば頃であるはず。紅茶キノコがブームとなり、かの3億円事件の時効が成立したあたりだ。

 そして車関係で言うと、シビアな排ガス規制はあったものの、国産スポーティカーの実力やデザイン性がどんどん上がりはじめた時期でもある。

 そんななか、多くの「当時の若者」が憧れた車のひとつが初代トヨタ セリカだった。まずは「ダルマセリカ」と俗に呼ばれたノッチバッククーペとして1970年に登場し、1973年にはテールゲートを備えたリフトバック(LB)が登場。

 前述の排ガス規制により性能ウンヌンについては微妙な点もあったが、この時代のセリカのデザインは、50代男の自動車観における「永遠の原点」になっている場合も多いはず。

 現在の中古車相場は……「応談」ばかりで今ひとつわかりにくいのだが、どうやらダルマもLBも250万~270万円付近である場合が多いようだ。

1973年4月に登場したセリカリフトバック
上の写真をクリックするとセリカの中古車情報が見られます!

【60代】いすゞ 117クーペ/1968年12月~1981年5月

1968年12月から3年間で2458台が生産された117クーペ前期のハンドメイドモデル

 先ほど初代セリカを「50代男の自動車観における永遠の原点」と表現したが、「いや、俺にとっての原点はセリカじゃなくてコレだね」とおっしゃる方も多いかもしれない。1968年から1981年までの長きにわたり販売された名作、いすゞ 117クーペである。

 イタリアの巨匠、ジョルジェット・ジウジアーロが作り上げた117クーペのコンセプトとスタイリングは2020年の視点から見ても何ら古びていないせいか、今なおディープな117クーペ愛好家は多い。

 50代男にとってドンピシャな「青春グルマ」は、俗にハンドメイドと呼ばれる前期型ではなく、1973年から1976年の丸目4灯中期型だろう。

 いすゞ 117クーペの中古車相場は80万~約400万円と極端に上下に幅広いが、かなり高額なのは1968年12月から3年間で2458台が生産された前期のハンドメイドモデル。現在販売されているハンドメイドモデルは全国に1台で398万円。

 専門店が販売している丸目の中期(1973年3月~1977年12月)、角目の後期型(1977年12月~1981年5月)の117クーペは140万~180万円ぐらいで販売されている。

丸目の中期(1973年3月~1977年12月)モデル
117クーペ角目の後期モデル(1977年12月~1981年5月)

次ページは : 【60代】トヨタカローラレビン(TE27)/1972年3月~1974年3月

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ