【ホイール ステアリング シート…】 車の魂は細部に宿る!? 「細かいところが良いクルマ」選手権


■5m走り出しただけでそのよさがわかるクルマ

(TEXT/渡辺陽一郎)

 5m走ってよさがわかるクルマは、運転感覚が急成長した時期に多かった。開発コスト低減の激しい昨今は、感動する機会も減った(私の老化も多分にあるが)。

 最も印象に残るのはメルセデスベンツW124型の230Eだ。W124型の試乗経験はあったが、最廉価の230Eは販売店の代車で初めて乗った。

 駐車場で発進して、最初にハンドルを回した瞬間に惚れた。重厚な乗り心地と4気筒の軽快感を併せ持ち、絶妙な心地よさを生み出していた。

 9代目ブルーバードの足回りも絶品だった。RX-8はターボを備えないロータリーの回転感覚と前輪荷重の軽さが発進直後にわかった。

W124型メルセデスベンツ230Eは重厚な乗り味に加えて、4気筒の軽快感もあったという

■使えるオートパーキングを持っているクルマ

(TEXT/渡辺陽一郎)

 リーフのプロパイロットパーキングは全自動だ。駐車場所に近づくと、モニター画面に駐車位置が示され、スイッチを押すと車両が自動的に動いて駐車を開始する。

 アクセル、ブレーキ、ステアリング、さらに前進と後退のレバー操作まで、すべて自動的に行う。ドライバーはスイッチを押すだけだ。

リーフのプロパイロットパーキングはドライバーがスイッチを押すだけで、すべて自動でクルマが行ってくれる。苦手な人にはおススメだ

 ヤリスのトヨタアドバンストパークも、駐車位置を設定すると、アクセル、ブレーキ、ステアリングは自動的に操作される。前進と後退のシフト操作はドライバーが行う。

 オデッセイのパーキングアシストは、速度調節もブレーキペダルによってドライバーが行う。

次ページは : ■コネクテッドが役に立つクルマ