こんな時だからこそ!!? 珍グルマ試乗紀行 vol.05 ~タジマ ジャイアン超小型モビリティ~

 いまだ緊急事態宣言も解かれぬ4月-5月のこと。ベストカーでは取材先の選定に頭を悩ませていた。なにせ発表会も中止(または延期・オンラインでの実施)、試乗会も中止、広報車の貸し出しも中止……。どうすんだこれ。

 だがそんな中だからこそ、というべきか、普段はあまり乗ることのないクルマたちに試乗して回ることができた。題して「珍グルマ試乗紀行」。ラストとなる今回は「タジマ ジャイアン 超小型モビリティ編」をお届け!

珍グルマ試乗紀行 vol.01 ~ACコブラ427&ランチアストラトス編~ はこちら

珍グルマ試乗紀行 vol.02 ~ダラーラ ストラダーレ編~ はこちら

珍グルマ試乗紀行 vol.03 ~トムス センチュリー編~ はこちら

珍グルマ試乗紀行 vol.04 ~ワズ ハンター編~ はこちら

【画像ギャラリー】モンスター田嶋×長澤まさみでもうなんか最強だ!!! タジマ ジャイアンをギャラリーでチェック!!!!

※本稿は2020年5月のものです
レポート:国沢光宏/写真:株式会社タジマEV、ベストカー編集部/動画:出光昭和シェル/撮影:平野 学
初出:『ベストカー』 2020年6月10日号


■長澤まさみさんのCMでおなじみの、あのモデルだ!!!

 出光昭和シェルが超小型電気自動車のテレビCFをやっている。

 すでに飛騨高山と千葉の館山で『オートシェア』とネーミングされた社会実験を開始しており、登録すれば入会金や会費無料。

 15分350円(3時間パックなら3500円)で借りられる。使用しているEV、オートシェアのWebを見たら『タジマ ジャイアン』と紹介されてます。はたしてどんなクルマなのか? 2019年モデルを試乗してみた。

 スペックから。ボディサイズについちゃ私との比較でイメージできると思う。

国沢親方と比べるとこんなにコンパクト。急速充電には対応しておらず家庭用の100Vコンセントを使い、6~8時間で満充電になる

 長さ2545mm×幅1290mmと、軽自動車よりふた回りくらいコンパクト。10kWhというけっこう大きな容量のリチウム電池を搭載し、3.5kW(4.8馬力)のモーターで走らせる。最高速度45km/h。

 満充電にすると100kmくらい走れるというから高山や館山市内の移動なら充分! 4輪独立懸架で4輪ディスク、エアコンも付いてます。

コックピットはいたってシンプル。センターコンソールにセレクトノブがあり、前進、後進を選ぶ。ECOモードもある

 コックピットドリルは簡単。

(1)キーをひねるとインパネのメーターが点灯してスタンバイ。(2)ブレーキ踏んでセレクトノブ(DとNとRレンジ)をひねりDを選ぶ。(3)サイドブレーキをリリースしてアクセル踏むだけ。

インパネ部分(上写真の中央部分を拡大したもの)

 操作系はウインカーもライトも普通のクルマと同じ。普通免許所持者なら操作方法は問題なし! 私の場合、もう少しシートを後ろにセットしたいですが。

 アクセル踏んで走り出すと、クルマと遊園地の乗り物の中間くらいの雰囲気。少しばかりアクセルレスポンスよく、ブレーキタッチも踏み始めのポイントが掴みにくいものの、5分もすれば慣れる。

 信号5つくらいでストップ&ゴーしたら、乗れると思う。絶対的な動力性能もクルマと遊園地の乗り物の中間をイメージしてもらえばよかろう。加速は35km/hくらいまで元気。

4輪独立懸架と4輪ディスクブレーキ、パノラマルーフを標準装備。加速フィールに慣れが必要だが、普段の足として楽しい

 市内の移動なら充分だと思うけれど、2020年モデルからモーター出力を2倍の7.5kW(10馬力)にするという。登り坂などの性能がよくなるそうな。

 また、ホイールベース伸ばしたバンやトラックボディも加わるというから面白い! 2020年モデルから159万円になるという。

 新型コロナ禍が収まったら、高山や館山で乗ってみたらいかが。ノンビリします。

静岡県内で自動運転実証実験でも活躍中。伊豆の山間部など交通インフラの乏しい地域での導入を目指す

■VAN&TRUCKも誕生 かっこいいぞ!

 バンとトラックは同じモーターとバッテリーを使うが最高速度は60km/hになり、満充電(100V 7時間)での走行距離は100kmになる。

PICKUP TRUCK 155万円。2020年モデルからモーター出力が7.5kW(10馬力)になり、パワーアップ。トラックやバンにも使えるようになった(写真は株式会社タジマEVホームページより)
DELIVERY VAN 159万円(写真は株式会社タジマEVホームページより)

 最大積載量は300kgでそのコンパクトさは農道でも好都合。バックビューモニターとエアコンも標準装備。

 タジマ・ジャイアン超小型モビリティシリーズは、法人・事業者向け販売のみだが、今後さまざまなEVを開発、販売予定というから楽しみだ。

■Ultra Light Vehicle2020年モデル
全長:2545mm
全幅:1290mm
全高:1570mm
乗車定員:2名
車両重量:630kg
モーター出力:7.5kW(10馬力)
バッテリー:10kWh リチウムイオン
一充電走行距離:140km
最高速度:45km/h
充電時間:6~8時間(家庭用100V)
価格:159万円(税別)
※補助金30万円の獲得を目指している

【画像ギャラリー】モンスター田嶋×長澤まさみでもうなんか最強だ!!! タジマ ジャイアンをギャラリーでチェック!!!!

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ