新型Sクラスに「4WS」が!? かつて日本車のお家芸だった四輪操舵の現在

 メルセデスベンツのフラッグシップサルーン、Sクラスが2020年9月2日、本国にてフルモデルチェンジした。

 さまざまなハイテク装備を満載しているが、なかでも注目したいのが4WS技術。

 4WSとは「4 Wheel Steering(フォー・ホイール・ステアリング)」の略称で、前輪と同時に後輪も舵をとるために向きを変えるシステムで四輪操舵ともいう。

 もともと4WSはアポロ計画の月面走行車で初採用されたそうだ。月面上でもし前輪の操舵システムが故障しても、後輪で操舵できるようにするため、といわれている。

 この4WSが初めて量産車に搭載されたのは1985年8月に登場したR31スカイラインの「HICAS」。その後1987年4月登場のプレリュードや5代目カペラ、6代目ギャランなど国産車に多く搭載されていった。

 さて、この4WS、廃れていた技術ではなかったのか? それとも再び脚光を浴びている技術なのか? 4WSの最新情報をモータージャーナリストの高根英幸氏が解説する。


文/高根英幸
写真/メルセデスベンツ 日産 ホンダ

【画像ギャラリー】にわかに増殖中!! 4WSを搭載している世界の主な最新車を写真でチェック!


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ