クロスオーバーで明暗? 好調ヤリスの影でフィットが意外に伸び悩む訳

 最近はコンパクトSUVの投入が活発だ。2020年2月発売のホンダ フィットには、SUV風のクロスターが用意され、8月にはトヨタからヤリスクロスも登場した。

 日本自動車販売協会連合会の集計する登録台数データでは、ヤリスクロスはヤリスに、フィットクロスターはフィットにそれぞれ含まれる。それでもトヨタによると、9月におけるヤリスクロスの売れ行きは約6700台だという(内訳はノーマルエンジン:2200台・ハイブリッド:4500台)。

 フィットは9月に8922台が登録され、クロスターの販売比率は15%前後だから、フィットクロスターの登録台数は1300~1400台だ。両車の台数を比べると、約6700台を登録したヤリスクロスが圧倒的に多い。そして、これがヤリスとフィットの差をわける大きな要因ともなっているようだ。

文/渡辺陽一郎、写真/TOYOTA、HONDA

【画像ギャラリー】明暗を分けた登録台数! コンパクトSUVの競合車 トヨタ ヤリスクロスとホンダ フィットクロスターを見る


■ヤリスとフィットのクロスオーバーに大きな違い

トヨタ ヤリスクロスは「ヤリス」の名はついているものの、外装は専用開発されている別車種だ

 ヤリスクロスとフィットクロスターの一番の違いは、外観のデザインだ。ヤリスクロスには「ヤリス」の名称が付くものの、ボディの外装はヤリスとは別に専用開発されている。つまり車種が異なるから売れ行きも伸びた。本来なら登録台数もヤリスとは分けて公表すべきだ。

 その点でフィットクロスターのボディは、基本部分をほかのフィットと共通化している。外装パーツの装着で全幅は3ナンバーサイズになるが、グレードの一種と考えて良い。そうなるとクロスターが、中心的なグレードのホームやベーシックよりも多く売れることは考えにくい。

ホンダ フィットクロスターは基本部分がフィットと共通だ。別車種ではなくフィットの1グレードと考えてよい

 トヨタの販売店によると「ヤリスとヤリスクロスを比較して、後者を選ぶお客様も多い」という。ヤリスクロスの後席と荷室は、フィットなどに比べると狭いが、ヤリスよりは若干広いからだ。

 ヤリスクロスの後席は、床と座面の間隔がヤリスを20mm上まわる。そのために足元の前後空間が狭くても、腰の落ち込む着座姿勢は抑えられ、ヤリスほど窮屈ではない。

 リアゲートの角度も、ヤリスに比べると立てられて荷物を積みやすい。外観の違いに加えて、実用的な理由でヤリスクロスを選ぶユーザーもいるわけだ。

■光るヤリスクロス価格設定の妙

発売から数年を経過したトヨタ C-HRの設計の古さから、ヤリスクロスに流れるユーザーも少なくないだろう

 価格設定も注目される。ヤリスクロス「1.5Z」(221万円)は、ヤリス「1.5Z」(192万6000円/価格はいずれも2WD)に比べて28万4000円高いが、18インチアルミホイールなどを標準装着した。装備の違いも考慮すると、ヤリスクロスの価格は、ヤリスに比べて実質18万円前後の上乗せに収まる。

 この価格差で外観が大幅に変わってSUVに変更され、後席や荷室も広がるなら、ヤリスクロスが割安と考えるユーザーも多い。日産 キックスの価格は、同等のメカニズムや装備を採用したノートに比べて約36万円上まわる。ヤリスクロスは、機能や装備と価格のバランスを巧みに設定した。

 このほかヤリスクロスの売れ行きには、C-HRが発売から約4年を経過して、設計の古さを感じることも影響しているだろう。C-HRは2020年9月に3681台を登録して、相応に健闘しているが、2017年9月には7126台に達していた。C-HRのユーザーがヤリスクロスに流れている事情もある。

■フィットクロスターの魅力と売れ行き伸び悩む訳

普段使いのSUVは街乗りが多くなるが、路面の凹凸などで走破性を求められることもある。その点フィットクロスターはより快適に走れる

 その点でフィットクロスターは、フィットに属するグレードだから、ヤリスクロスに比べて特別感が乏しい。また、ヤリスクロスに相当するコンパクトSUVをホンダ車で買いたいユーザーは、フィットとは別設計のヴェゼルを選ぶことも影響した。

 ヴェゼルは発売から約7年を経過したが、2020年9月の登録台数は2894台だ。フィットクロスターの1300~1400台に比べると、今でも多く売れている。

 ヴェゼルはヤリスクロス、あるいはフィットと比べても後席と荷室が広いので、実用性を重視するユーザーの間では人気が高い。言い換えればヴェゼルのラインナップにより、フィットクロスターが売れ行きを伸ばせない事情もある。

 このように見てくると、ヤリスクロスとフィットクロスターの間に4~5倍の販売格差が生じるのも理解できるが、両車を乗り比べるとフィットクロスターのメリットも実感できる。

 それは乗り心地と走行安定性のバランスだ。フィットクロスターが装着する16インチタイヤは185/60R16だから、フィットのほかのグレードが装着する185/55R16に比べて空気充填量が多い。タイヤの指定空気圧も異なり、クロスターのハイブリッドでは、前輪を220kPa、後輪は210kPaに抑えた。

 ほかのグレードは、転がり抵抗を下げる目的もあって230kPa・220kPa、あるいは240kPa・230kPaだから、低速域で路上の細かなデコボコを伝えやすい。クロスターはそこを快適に仕上げた。

 一方、ヤリスクロスは、指定空気圧は高くないが、足まわりの設定によって乗り心地は硬めだ。前述の通り、後席と荷室のスペースもフィットクロスターに比べて狭い。

■人気に差はついても両車の魅力は拮抗

フィットクロスターにもルーフレールが装備されるなど、SUVらしい外装が用意される

 価格も異なり、フィットクロスターのノーマルエンジン車は193万8200円、e:HEV(ハイブリッド)は228万8000円だ。ヤリスクロス「Z」は、割安とはいえノーマルエンジンが221万円、ハイブリッドは258万4000円に達する。

 ヤリスクロスはSUVらしい外観と外装パーツによって、一種のプレミアム感覚を漂わせるが、価格はフィットクロスターが27~30万円安い。

 従って登録台数に4~5倍の格差が生じても、両車の魅力は拮抗している。ヤリスクロスとフィットクロスターで迷うユーザーは少ないと思うが、フィットを選ぶ時には、ホームだけでなくクロスターも試乗して判断したい。特に乗り心地の違いは、実際に乗らないと分からない。

【画像ギャラリー】明暗を分けた登録台数! コンパクトSUVの競合車 トヨタ ヤリスクロスとホンダ フィットクロスターを見る