ヤリス ハリアー ホンダe・・・感性を刺激するエモいクルマたち 15選


■国沢 光宏Selection(自動車評論家)

 走りのエモさでいえば圧倒的にGT-Rでしょう! コックピットに座りエンジンかけた時からワクワクしてくる。オーナーだって乗るたびに「おおっ!」と感じることだろう。街中を流していても、なぜか普通のクルマと違う感覚。本格的なスポーツモデルに共通する味といっていいかもしれません。

日産 GT-R

 これまでの日本車のなかで最も走りの質感が高いと思われる新型MIRAIは、高級感=エモーショナルの図式が成り立つ。こう書くと「センチュリーと比べたらどうよ!」と思うだろうけれど、乗り心地でイーブン。パワーユニットの静粛性は大きく引き離す。ベンツSクラスと勝負させても、面白いんじゃなかろうか。

トヨタ MIRAI

 大きいクルマを操る楽しさを感じたいなら、やっぱりグランエース。実際、グランエースのハンドル握ってると楽しい。本能的なワクワク感なんだと思う。海外にはある、全長5915mmのロングだと、さらにイイ!

トヨタ グランエース

●エモいクルマとエモポイント
・GT-R…本格的スポーツだけが持つ「味」
・新型MIRAI…全日本車中、最も質感の高い走り
・グランエース…大きなクルマ操縦時の本能的快感

■清水草一Selection(自動車評論家)

 ヤリスハイブリッドの燃費性能はエモい! 燃費計の数字を見るだけでウットリしてしまう。ごくテキトーにエコランするだけで、リッター40キロとか出るんだもん! 燃費がいいのって気持ちイイ! 小さい頃、テストで100点取った時を思い出す~! この感覚、クルマ好きじゃないとわかるまい。

トヨタ ヤリスHV

 マツダ3のデザインもエモい。特にサイドドアパネルの凹んだうねりが超エモい! なんでこんなに凹んでるの? と思いつつ、つい目が釘付けに。そしてその滑らかな映り込みにウットリ。クルマの造形としてはちょっと不自然なんだけど、だからこそ感性が刺激されるんだよね。

マツダ マツダ3

 最後に、イグニスのインテリア。最初に見た時、イタリアのコンパクトカー的にセンスがよくて凄くステキ! と思ったんだ。素材は安っぽいんだけど、シンプルでセンスがいいの。無印良品的なセンスのよさ。安くてセンスがいいのってエモいよね!

スズキ イグニス
スズキ イグニスのインパネ

●エモいクルマとエモポイント
・ヤリスHV…数値を見てウットリする燃費性能
・MAZDA3…サイドドアパネルの凹んだうねり
・イグニス…シンプルでセンスのいい内装

次ページは : ■片岡英明Selection(自動車評論家)