カウンタックを買った男が生激白! 投資としてランボはイケるのか?


近年のランボルギーニの価格は上がらない!?

ランボルギーニアヴァンタドールLP700-4

ランボルギーニアヴェンタドールの中古車情報はこちら!

 近年のランボルギーニ社の業績は絶好調。生産台数でフェラーリに迫っている。アヴェンタドールの合計生産台数は1万台を超えた。カウンタックの5倍だ。

 市場原理は残酷で、希少価値のない商品の相場は上がらない。

 もちろんランボルギーニは、メルセデスなどに比べたら圧倒的に生産台数が少なく、相対的には希少価値が高い。メルセデスの新車は、3年ごとに市場価値が半分になっていくが、ランボルギーニの場合、そういうことはあり得ない。

 すべてのランボルギーニは、すべてのフェラーリ同様、メルセデスやBMWなどを買うのに比べれば、ある意味猛烈にお買い得感が高い。ただ、発売直後の瞬間風速的現象を除けば、新車価格より高くなるモデルは稀だ。

 このところ市場では、アヴェンタドール(スタンダードモデル)の暴落が話題になっている。

 その背景には、アヴェンタドールオーナーが、SVやSVJといった限定モデルが出るたびにそちらに買い替えるため、スタンダードモデルが大量に中古市場に供給されたことがある。

 現在、アヴェンタドールは、市場に約70台も存在する。一時は100台に迫っていた。この価格帯の中古車としては、明らかに供給過剰だ。

 買取サイトを調べてみると、アヴェンタドールの現在の平均買取価格は約2800万円。初期モデルのLP700-4でも新車価格は4100万円だったから、かなりの下落だ。特に3年から5年経過したモデルは、この1年で20%以上買取価格が下落した。

 最近のアヴェンタドールの買取額を見ると、2015年式LP700-4(走行距離1万1000km)が約2790万円、2013年式LP700-4(走行2000km)が約2630万円、2012年式LP700-4(走行5000km)が約2330万円だった。

 しかしそれでも、新車価格の半額は楽に超えている。カウンタックだって、新車価格を超えたのは近年の高騰以降の話。

 バブル崩壊後しばらくは誰も手を出さず、「ボロでもピカピカでも1200万円」だった時期もあった。

 まったく買い手が付かずに半分地中に埋まり、子供たちがすべり台にしていたカウンタックもあったほどだ。そういう時代を経ての、現在の価格なのだ。

 新車価格より高く取引きされるのは、本当に希少な名車のみ。好きでもない人が「ランボルギーニを買って儲けよう!」などとは考えないほうがいい。すべり台になってしまうかもしれないから……。

 ただ、ランボルギーニが大好きならば、買えばきっとシアワセになれるだろう。たぶん。

【画像ギャラリー】まだ間に合う? 爆騰していないカウンタック25thアニバーサリーの詳細写真をチェック!