フロントマスクよりもテールランプのほうが衝撃的なクルマ


■R34型日産 スカイラインGT-R(1999年)/伝統の丸型4灯テールランプ

スカイラインといえば丸型4灯のテールランプが思い浮かぶが、R34GT-Rは、それを強調するかのようなインパクトがあった

 そんななか、異彩を放っているのは、R34GT-Rだ。テールランプはスカイライン伝統の丸型4灯なので、厳密には「個性が光るテールランプ」じゃないけれど、そのテール形状は見事なほどスパッと切り落としたコーダトロンカ。

 しかも上に微妙に湾曲しつつ切り落としてあり、デリカシーのカケラもない。それが野蛮なまでの力強さを生んでいる。コーダトロンカはジェット機のジェット噴射口であり、丸型4灯はその炎なのである。

■現行トヨタ プリウス前期型(2015年)/クリスマスツリー型で個性的だったが不評で改良

大胆なデザインを採用した現行プリウス。なかでもテールランプの形状は独特だ。しかし、マイナーチェンジでデザイン改良を行って、テールランプも変更された

 近年の国産車で最も個性的なテールランプは、現行プリウス前期型のソレだ。点灯していなければ縦長異形で、それほど個性的ではないけれど、点灯すると細いLEDがクリスマスツリー(稲妻型?)のように浮き上がり、その未来的な美しさに見とれる。

マイナーチェンジ後のプリウス。人気車だけに、個性的すぎたデザインは改められた

 前期型プリウスはフロントフェイスが世界的に不評で、マイナーチェンジ時にリアもごく平凡な形状に変更されてしまったが、個人的には「惜しい!」と思ったものだ。

次ページは : ■マセラティ 3200GT(1998年)/ブーメラン型が不評で扇型へ