今年で40周年 日本でもっとも歴史のあるミニカーイベント 第107回目を開催!

今年で40周年 日本でもっとも歴史のあるミニカーイベント 第107回目を開催!

 レアなミニカーを探しているコレクターにとって重要なのが、貴重な商品が集まるおもちゃの蚤の市イベントだ。新型コロナウイルス感染症の影響でしばらく開催されていなかったが、万全の対策を行うことにより徐々に開催されるようになった。

 今回は2021年4月18日に横浜で開催された「ワンダーランド・マーケット」をご紹介しよう。

文・写真/加藤久美子

【画像ギャラリー】ミニカーコレクター待望のスーパーイベント!! 横浜名物ワンダーランド・マーケット


■通称「横浜ワンダー」ってどんなイベント?

ワンダーの主催者である「元町サンセット」の宇野規久男氏
ワンダーの主催者である「元町サンセット」の宇野規久男氏

 通称「(横浜)ワンダー」と呼ばれるおもちゃの蚤の市があるのをご存知だろうか?

 正式名称は、「ワンダーランド・マーケット」というイベントで、主催はテレビ東京の長寿番組「開運なんでも鑑定団」の鑑定士としてもおなじみの、宇野規久男氏が経営するアンティークトイショップ「元町サンセット」である。

 40年もの長い間、毎年2~3回定期的に開催されており、スーパースター宇野規久男氏のもとには、メディアでおなじみおもちゃ業界の有名人も多数訪れる。

 春・夏・冬の年3回開催されており、1981年の第1回開催から今年4月のワンダーは107回目!を迎えた。

 出品の9割はミニカーやクルマ関係でミニカーコレクターの間では「神のようなイベント」と崇められる超有名イベントには日本全国からディーラーやコレクターが集まる。海外からも出品のために来日する外国人の常連さんも複数いる(今はコロナで無理だが)ほどだ。

 筆者はミニカーマニアとして順調に成長した息子と共に、第107回ワンダーランド・マーケット(4月18日開催)に出かけてみた。

 なお、コロナ禍におけるワンダーは2020年4月、同7月の開催が中止となったが、同12月には万全の感染防止対策を取り、開催に至っている。

 主催の宇野氏によると、

 「2020年12月は1年ぶりの開催となったのですが、コレクターの皆さん、全国から集まってくれた出店者の皆さん、ホントに涙を流さんばかりに喜んでくださいました。

 カスタムカーコンテストや実車展示、ミニカーオークションは休止となり、十分な距離を空けての出店となりましたが、コロナ前よりも多いのではないか?というくらい多くの方々にお越しいただきました。

 今回は開催から40周年を迎える年の第1回目です。昨年12月同様の盛り上がりで、朝から多くの方々にお越しいただきました」

次ページは : ■「ワンダー」の楽しみ方は?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ