50歳から乗りたい! 趣味性で選ぶ濃厚“オジカー”


 異論はあるかもしれないが、幼少期に1970年代の「スーパーカーブーム」を体験し、免許を取った頃にバブル期を体験した世代こそが、クルマ好きの黄金世代ではないだろうか。

 そのクルマ黄金世代も、現在では50代真っ盛り。若い頃からのクルマの趣味嗜好はなかなか変わらないが、年齢とともに意識は少しづつ変わる。交通法規の締め付けは厳しく、電動化へのカウントダウンが迫ってくるなど、自分は変わらなくても世の中は変わる。

 では、中高年になったクルマ好きは、今後どうやって積極的にクルマを選び、楽しめばいいのだろうか? 今回はそのヒントみたいなものを、中高年代表ということで、今年で59歳になった自動車評論家の清水草一が考えてみた。

文/清水草一 写真/フォッケウルフ、本田技研工業、BMWジャパン、メルセデス・ベンツ日本

【画像ギャラリー】50歳から選びたい! 中高年の趣味を充実させる“オジカー”