総額1億円超え! 世界のスポーツカー9 台が音声収録のため JARIテストコースに大集結!!【MFゴースト アニメ化記念】VOL.6


 しげの秀一原作『MFゴースト』(講談社「ヤングマガジン」連載中)の2023年TVアニメ化が決定。2022年1月4日にはアニメ化を記念し、ティザービジュアルが公開された。

 本作のアニメ化にあたり、実車を使用した音声収録を実施しており、特報映像内に登場するそれぞれのクルマには生の収録音が反映されている。 今後アニメに登場するクルマにも実際の走行音や効果音が使用される予定だ。

 その実車の音声収録が2021年12月某日、JARI(日本自動車研究所)城里テストコースで行われるというので、ベストカーWebが同行取材!

 真冬の寒空の下、アニメ『MFゴースト』第2回目の音ロケが日本自動車研究所で実施された。早朝はマイナス3℃と、この時期らしい気温だったが、日中は8℃まで上昇してくれたことがありがたかった。

 今回のロケに持ち込まれた車両は9台。全車の収録をするためには効率よく進行しなくてはいけなくて、1台に費やせる時間はわずかだ。2023年にアニメ化が発表された『MFゴースト』に登場するマシンの音ロケが実施された。

 レポートVol.6の今回は、日本車勢にスポットをあててみたい。今回はチューニングカーのオンパレードだ!

文/プリウス武井
写真/森山良雄、中島仁菜
画像提供/音速movies
撮影協力/講談社、エイベックス・ピクチャーズ、BLITZ、ヴォイス・アクターズ・レーシングチーム
車両協力/BLITZ
©️しげの秀一・講談社/MFゴースト製作委員会

アニメ公式HP

アニメ公式Twitter

【画像ギャラリー】MFゴーストアニメ化記念 シビックタイプR、GRスープラなどの秘蔵ショットが凄い!(21枚)画像ギャラリー

■ホンダ シビックタイプR/『MFゴースト』登場キャラクター・前園和宏

ホンダ シビックタイプR(FK8型)。専用の2L 直4VTECターボエンジン(320ps/40.8kgm)を搭載。FFらしからぬハンドリングを実現した、ホンダレーシングスピリットの象徴的モデルだ

 まずは2017年7月に復活したホンダ シビックタイプR。ドライバーは28歳の前園和宏(まえぞの かずひろ)。カーナンバーは13。主人公の片桐夏向やヤジキタ兄妹に抜かれる描写で今のところいいところはなく、ホンダファンにとっては歯がゆいところ。しかしながら神15に入る実力を持つドライバーでもあるので今後に期待したいキャラクターでもある。

 今のところ神15の中では唯一FFで戦うのが前園。実際、FK8型タイプRの旋回性は、よくぞここまで仕上げたと感心するほどFFぽくない味付け。とはいえ駆動輪のフロントタイヤには負荷がかかるし、320psというエンジンパワーは加速時のタイヤマネージメントに苦労する。MFGのレギュレーションではグリップウエイトレシオというルールで履けるタイヤが規制されるので、コースによっては我慢のドライビングが必要だ。

 音ロケではBLITZのデモカーを持ち込んで収録。吸排気とECUチューニングが施され352.6ps/48.2kgmと大幅にパワーが増大。アクセルレスポンスもノーマルよりも反応がよくなっていて、ホイールスピン厳禁の高速周回路において0-100km/h加速はわずか6秒。さらに最高速度は263km/hを記録。

 ちなみに今回の音ロケでは高速周回路を半周しか使っていないので、もしフルコースで走行できたら280km/hは軽く超えるほほどのポテンシャルを持っている。とはいえ2Lターボで260キロオーバーというのは驚きの速さだ。

 このタイプRはエキゾーストも変更されていて全開走行時の音は最高。サスペンションはBLITZ製 ZZ-R SpecDSC PLUSを装着。路面ギャップがある一般道では凹凸を吸収するのにコーナーではタイヤの性能を活かせるサスペンションだ。

 『MFゴースト』の中でも、前園シビックタイプRはチューニングが施されているけど、BLITZのシビックタイプRはお手本のようなチューニングメニューというは付け加えておこう。

次ページは : ■トヨタ GRスープラ/『MFゴースト』登場キャラクター・諸星瀬奈

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ