【これぞ日本車のお家芸】安くてもスペシャルなクルマと技術 4選

 最近のクルマは一度リコールとなると、もの凄い台数に膨れあがる。これは、共用パーツが多いことのなによりの証だ。今ではコスト削減、合理化のためにクラスを超えて共用するのが当たり前。

 そんななか車両価格はそれほど高くないのに、そのクルマのためだけのパワートレーンを搭載したスペシャルな日本車もある。高額車ではなのにスペシャルであるという点が珍しいしすばらしい。

 ここでは、それほど車両価格は高くないのに、スペシャルなパワートレーンが与えられた国産車4選を鈴木直也氏に解説してもらう。なお、ここで登場する価格はすべてデビュー直後のもとなります。

文:鈴木直也/写真:TOYOTA、HONDA、MAZDA、FORD、ベストカー編集部


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ