アルファード、RAV4…トヨタが本気でライバルを潰しにかかったクルマ5選+α


初代RAV4

デビュー:1994年
ターゲット:初代スズキエスクード

スタイリッシュなエクステリアデザイン、CMキャラクターにSMAPの木村拓哉氏を起用するなど若者をターゲットとして積極的に攻勢をかけて成功した初代RAV4

 1988年登場の初代エスクードは当時ランドクルーザーやパジェロといった泥のイメージが強い今でいうSUV市場において、「乗用車の要素も盛り込んだコンパクトな3ドアのSUV」というコンセプトが支持され人気車となり、1990年には5ドアのノマドも追加。

 初代エスクードに影響され1994年に登場したのが初代RAV4で、初代RAV4は初代エスクード以上に乗用車的なモノコックボディとしたのに加え、初めに登場した3ドアはスペシャリティな要素も持つスタイルを持ち、用意周到に翌1995年には5ドアも追加。

 結果的に初代RAV4は初代エスクードの市場を奪い、後にトヨタにおける世界戦略車の1台にまで成長した。

クロカンブームのなか、スズキはシティオフローダーという新ジャンルをエスクードで開拓したが、トヨタRAV4、ホンダCR-Vに完全に刈り取られてしまった

初代アルファード

デビュー:2002年
ターゲット:2代目エルグランド

トヨタが臍を噛む思いをしたのが初代エルグランドに対し、グランビア、グランドハイエースが駆逐されたこと。アルファードを投入し、リベンジに成功

 トヨタは1995年に日本車の高級ミニバンでは先発となるグランビアをリリースしたが、スタイルに押し出しがない点が理由だったのか、今ひとつパッとしなかった。

 その後日産は1997年にいかにも高級ミニバンらしい内外装を持つ初代エルグランドをリリースし、大成功を納めた。

 トヨタは初代エルグランドに悔しい思いをさせられたこともあり、エルグランドが2代目モデルにフルモデルチェンジされた翌日となる2002年5月22日に、満を持して初代アルファードをリリースした。

Lクラスミニバンで圧倒的な人気を誇った初代からの正常進化ながら、アルファードに対し古さが隠せずユーザーを奪われてしまったのが2代目エルグランド

 初代アルファードは初代エルグランドの武器だった高級ミニバンらしい内外装はもちろん、2代目エルグランドがゴーン体制になって日が浅かった影響もあったのかFRのままだったのに対しFFとし室内高が有利だったこと、エンジンも3.5L、V6のみのエルグランドに対し3L、V6に加え自動車税と価格もリーズナブルな2.4L、直4も設定するいったアドバンテージもあり、2代目エルグランドに対し圧倒的な勝利を収めた。

 その後アルファードは兄弟車のヴェルファイアも加え2回のフルモデルチェンジを行い、トヨタのドル箱的な存在となっているのに対し、エルグランドは現行モデルが満9年を経過するなど、あまりに対照的な今となっている。

次ページは : 3代目プリウス