ホンダF1 なぜ4位に躍進? 成績以上の“成果”期待できる変化の理由

 F1開幕戦で完走最下位の15位とリタイアに終わった新生トロロッソ・ホンダ。厳しい船出に“見えた”一戦の2週間後、4月8日に決勝を迎えた第2戦でトロロッソ・ホンダは4位という好成績を残した。なぜ、ホンダF1は躍進できたのか?

 その裏には、変化をもたらした新チームの気質があるとF1ジャーナリストの津川哲夫氏は見る。

文:津川哲夫
Photo:Getty images/Red Bull Contente Pool


「4位」は単なる運ではない

最終的に3位に入った王者ハミルトンを従えて走るトロロッソ・ホンダのガスリー
最終的に3位に入った王者ハミルトンを従えて走るトロロッソ・ホンダのガスリー

 開幕2戦目、バーレーンGPで、早くも入賞得点を稼いだトロロッソ・ホンダ。4位入賞は2008年のイギリスGP以来。トップ勢の3台(レッドブルの2台とライコネンのフェラーリ)が消えたことを考えても、続く中団グループを完全にリードした形だ。

 今回の結果が、レースでの“ラック”でないことは、トロロッソの2台の予選結果からも伺える。ピエール・ガスリーはQ3(予選3回目)に残り堂々の6番手、ブレンドン・ハートレーも0.3秒差でQ3を逃しての11番手。

 わずか2戦目にしてトロロッソ・ホンダは、マクラーレン・ルノーを予選順位で上回ってしまった。

 これはレースでも続き、ガスリーは新人らしからぬ安定したレースを展開、しっかりとしたマイペースを維持して、予選順位を上回る4位フィニッシュ。それも終盤ではトップ3と遜色ないラップタイムで走り抜けている。

初戦の苦戦が好成績の呼び水に

好成績は運ではない。予選でもトロロッソ・ホンダのガスリーは6位の好タイム。ハミルトンのグリッド降格で5番手スタートでレースに臨んだ
好成績は運ではない。予選でもトロロッソ・ホンダのガスリーは6位の好タイム。ハミルトンのグリッド降格で5番手スタートでレースに臨んだ

 初戦メルボルンの結果は予選決勝を通じて、表面上ネガティブな結果に見えた。事実ホンダの熱エネルギー回生ユニット(MGU-H)のトラブルもあり、見る者には「またか!」感が強かったのだ。

 また、マクラーレン・ルノーのアロンソが開幕戦で5位に入賞したことで、さらにこの2チームを比較してしまい、ほぼ全ての見解で「やはり、こんなものさ!」と言った意見が飛び交い、マクラーレンは持ち上げられ、トロロッソではなくホンダが批判された。 

 しかし、これがむしろトロロッソ・ホンダの今回の好結果に結びついたといったら、言い過ぎだろうか。

 トロロッソ・ホンダは、昨季マシンをベースとした2018年規則対応型で、パワーユニットも昨年型の信頼性を確立する開発に徹し、短時間で無理矢理搭載。

 したがって今シーズン、性能面での開発は、ある意味棚上げされてのシーズンの開幕であった。

 最新型の、それも1年の経験とデータを踏まえて開発されたマシンとパワーユニット群を相手に回し、トロロッソ・ホンダの戦闘力が開幕から高いはずがなかったのだ。

 実を言えばチームには、この状況への「納得」があり、これが逆にプレッシャーのない自由な環境を産んでいたといってよいだろう。

 開幕戦の“見た目の結果”の陰には、テストでの好走や開幕戦での1台完走があり、たった1レースで弱点の発見と、今後の開発プランの方向性が見えてきた、と言って良いかもしれない。

 事実、続く第2戦バーレーンで、車体開発で持ち込んだ空力パッケージは見事に効果を発揮。同パッケージ搭載のガスリーと非搭載のハートレー車の完走で、両車の比較と参照データが得られたはずだ。これは今後の開発に大きな資産となりえる。

 もちろん、ホンダ製パワーユニットも僅か1レースを経て、2台を完走させた。それも予選でのパフォーマンスと、レース終盤でのしっかりとしたパフォーマンスを見せての結果だ。

 レース後のアロンソ(マクラーレン)は、予選でのマクラーレン・ルノーの不発、レースでは偶然ではなくトロロッソ・ホンダの後塵を浴びて、今後のレースへ厳しい表情を隠さない。

ホンダを変えた“アルデンテな”チーム体質

4位入賞後のトロロッソ・ホンダのスタッフ。その様子が若く情熱的なチームカラーを物語る
4位入賞後のトロロッソ・ホンダのスタッフ。その様子が若く情熱的なチームカラーを物語る

 トロロッソはもともと陽気なイタリアンチーム。もちろん、レッドブルだから英国色も極めて強くはあるのだが、そんな英国色もベースがファエンツア、ロマーニャ。ワイン産地ど真ん中、あっと言う間にイタリア色に変わってしまう。

 基本チームは陽気なイタリアン、飲み・食い・遊びは活発で、そこのところの「要」をレッドブル色が良い具合に締めている。 

 チームはあくまでも本体のレッドブルの若手育成チーム。勝敗は本体ほど重要ではないことが、余計なプレッシャーがかからない理由。

 かといって決して手抜きはしないのがこのチームのミソ。与えられたリソースと環境を精一杯効果的に働かせて、芯のある効率の良い仕事をする。 

 今回のガスリーの4位入賞は、こんなアルデンテなトロロッソ・ホンダの体質に、本場のパルメザンチーズを贅沢に振りかけたパスタのようなもの。

 だいたいイタリアンパスタは、日本人にもとても相性の良い食材だ。ホンダとトロロッソ、合わないわけはないのだ。

 だからといって次回も4位や表彰台などの成績を見るのではなく、今回のような足を地に付けた、じっくりとした開発が続いてゆけば、確実な成果は(成績とかではなく)得られるはずだ。

ホンダにとって本当のF1参戦始まる

レース後、トロロッソの総帥フランツ・トストと固く手を握るホンダF1の田邊テクニカル・ディレクター
レース後、トロロッソの総帥フランツ・トストと固く手を握るホンダF1の田邊テクニカル・ディレクター

 そして、ヨーロッパラウンドあたりに投入されるはずの改良版ホンダパワーユニットとアップデートマシンが出揃えば、今シーズン中でも充分なパフォーマンスの向上をみることができるはずだ。

 今回はガスリー車の空力パッケージと熱回生エネルギーユニットの信頼性を確保する開発で、まずは実走効果を確認できた。

 次は両車に開発パーツを投入することで、2ドライバーのタンデムフィニッシュ(順位は大きな問題ではなく)へ。

 これが続けば、現状のポジションは確実に維持できるはずだし、壊さず完走が常時成立するようになれば、トロロッソ・ホンダ、トップ10入りの常連となることは、十分以上にあり得るのだ。

 2018年、いよいよホンダが“F1”に参戦を始めた!

◆2018年 F1グランプリ 今後の日程

  • 第3戦 中国 4月15日決勝
  • 第4戦 アゼルバイジャン 4月29日決勝
  • 第5戦 スペイン 5月13日決勝
  • 第6戦 モナコ 5月27日決勝
  • 第7戦 カナダ 6月10日決勝
  • 第8戦 フランス 6月24日決勝
  • 第9戦 オーストリア 7月1日決勝
  • 第10戦 イギリス 7月8日決勝
  • 第11戦 ドイツ 7月22日決勝
  • 第12戦 ハンガリー 7月29日決勝
  • 第13戦 ベルギー 8月26日決勝
  • 第14戦 イタリア 9月2日決勝
  • 第15戦 シンガポール 9月16日決勝
  • 第16戦 ロシア 9月30日決勝
  • 第17戦 日本 10月7日決勝
  • 第18戦 アメリカ 10月21日決勝
  • 第19戦 メキシコ 10月28日決勝
  • 第20戦 ブラジル 11月11日決勝
  • 第21戦 アブダビ 11月25日決勝

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ