【新型キックス6月3日発売で改良版投入へ!!】日産のe-POWER攻勢が始まる!!!

 日産が新型キックスを6月3日に発売へ! 進化した「e-POWER」を同車に初搭載する見込みで、今後日産の主力車種でe-POWER攻勢が始まる!?

 2020年期待の日産車といえば、ジュークに替わって日本導入するとみられている新型キックスだ。既報のとおり5月にも発売される見込みだったが、遠藤徹氏の取材により新たな情報がもたらされた。

 この新型キックス、実はノートで人気に火が付いた「e-POWER」の改良版が初搭載されるという。そして、今後はこの進化版e-POWERが順次、他車種へと展開されることになりそうだ。遠藤徹氏がレポートする。

文:遠藤徹
写真:NISSAN、CG:ベストカー編集部

【画像ギャラリー】ジュークに替わり日本導入!! 日産 新型キックス 発売間近!?


新型キックスで初搭載! 進化版e-POWERの改良点は?

ジュークに替わる小型SUVとして期待されている新型キックス。扱いやすいサイズにe-POWERを搭載したSUVとあって人気を集めそうだ

 日産はジュークの後継モデルである「新型キックス」を5月下旬に発表、6月3日に発売する方向でスケジュール調整をしている模様だ。

 ジューク(※2019年末に国内生産を終了)よりもひと回りサイズアップし、オーソドックス系のSUVシェイプを採用する。

 パワーユニットは当面改良版の「e-POWER」のみを搭載する。同ユニットは現在、ノート、セレナに搭載し人気を集めているが課題もある。アイドリング時のエンジン音がうるさいこと、エンジンブレーキが利き過ぎてワンペダルでの停止がスムーズにできないこと、などである。

 そこで新型キックス用の同ユニットではエンジンの静粛性、リーズナブルなワンペダル操作の実現のために1.2Lエンジンのマウント向上やモーター、バッテリー容量調整などで大幅な改良を行っている。

 2WDや4WDユニットとのマッチングについても改良を加え、ラフロードでの走破性も進化させる。

 パワーユニットは当面このe-POWERのみの搭載だが、今後は1.5L・NAガソリンや1.6Lターボ車についても順次追加設定するものと思われる。

 対抗モデルはトヨタ C-HR、ホンダ ヴェゼルのハイブリッドモデルが想定されることから、車両本体価格は250万~300万円程度に設定される見込みである。

 当面の月販目標は5000台程度で、同クラスコンパクトSUVのトップセラーを目指す構えである。販売店向けの商品説明会は4月下旬、先行予約の受付を開始は5月初めからの見通しである。

キックスに続く進化版e-POWER搭載車は新型ノート!

新型ノートをベースとしたスライドドア仕様の予想CG

 今秋の2020年9月頃にはノートをフルモデルチェンジする。従来の5ドアハッチバックモデルは人気が高かったからキープコンセプトでの正常進化となる。

 プラットフォームは、新開発で軽量化しながら捩じり走行時での剛性を高め、低燃費化へ寄与させる。パワーユニットは、3気筒1.2LのNAガソリン、同スーパーチャージャー、それにキックスと同じ「e-POWER」を移植する。

 1.2L&同スーパーチャージャーは、大幅改良か新開発で燃費&性能、静粛性の向上が図られる。このほかホイールベースを延長した別バージョンの両側スライドドア、3列シート7人乗りの新型コンパクトミニバンの開発が進められている。

 こちらのパワーユニットはe-POWERのみの搭載と思われるが、こちらは「ノートシリーズ」の派生モデルになるのか、別ブランドで独立させるのかは現段階ではっきりしていない状況にある。

新型エクストレイルにe-POWER搭載はあるか!?

エクストレイルも2021年春のモデルチェンジが有力。現行モデルはガソリンエンジンとハイブリッドの2本立てだが、次期型はどうなる?

 エクストレイルは、2021年1月のフルモデルチェンジが有力になっている。7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 キープコンセプトでの世代交代だが、新開発のプラットフォームで若干のサイズアップ、軽量化しながらボディ剛性の向上、低燃費&高性能の高次元での両立、最新の安全デバイスの装備による安心パッケージのさらなる進化などでの同クラス最高のパフォーマンス実現を目指す。

 シートレイアウトは2列シート5人乗り、3列シート7人乗りの両仕様設定。いずれも2WD、4WD、CVTとの組み合わせとなる。

 パワーユニットは2L・NAガソリン、2Lハイブリッド(HV)を搭載。HVは1モーター2クラッチ方式でEV走行可能なストロングハイブリッドの改良型でEV走行距離&範囲の拡大、性能向上によるレスポンスアップを図る。

 1.2L「e-POWER」搭載の可能性もあるが、今回は見送られる公算が強い。1モーター2クラッチ方式のストロングハイブリッドもこれまで存在価値が大きかったので、改良バージョンでもう一度チャレンジしようとの狙いによるもの。

他の日産車へのe-POWER搭載は今後どうなる?

ノートを一躍登録車No.1に導いたe-POWER。進化・改良版も続々投入へ!?

 e-POWER車についての当面の方針は2022年までの中期経営計画で「国内仕様モデルに5車種投入する」ことを明らかにしていた。これまではノート、セレナ、キックスの3車種が明らかになっており、残りは2車種となっている。

 現時点で予想されているのはエクストレイル、エルグランド、新型コンパクトミニバンなどである。エルグランドはセレナに搭載されているのでモーターやバッテリーの容量アップで対応できるので技術的には可能だが、2021年あたりのフルモデルチェンジ時にタイミングを合わせることになりそう。

 ただ、前述のとおり、普通に考えると、ストロングハイブリッドやPHEVの設定があるので除外される見込みだ。コンパクトミニバンはノートベースであれば有力である。

【証言:首都圏日産店営業担当者】

 ジュークの後継モデルである「新型キックス」は、4月下旬にもメーカー主催の商品説明会があり、5月末に発表、6月上旬に発売開始すると聞いている。

 当初は改良型の1.2L「e-POWER」のみの設定であり、かなり価格が高くなりそうなので、これがライバル車と競合したときにどうなるかだ。低金利の残価設定クレジットの設定などでカバーすることになるかもしれない。

 2022年までに5車種のe-POWER車を揃えるようだが、ノート、セレナ、キックスは確定だが、後の2車種がまだ明確になっていない。

 エクストレイルはストロングハイブリッドやPHEVがあるので除外されるだろう。次期型エルグランドに搭載するという噂が流れている。

【画像ギャラリー】ジュークに替わり日本導入!! 日産 新型キックス 発売間近!?

最新号

ベストカー最新号

【22年次期タイプR 登場!?】注目2台のスポーツカー確定情報!!|ベストカー7月26日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型シビックタイプRとスープラGRMNの最新情報をお届け。  そのほか、6月24日に発表された日産キックス、GRヤリス、タフトなど注目車種の情報から、ブルーバード伝説や、挑んだ日本車ランキングな…

カタログ