新型マツダ6に危機!? コスモ直系クーペも開発中止か??? マツダFR戦略に立ち込める暗雲を追え!!!

新型マツダ6に危機!? コスモ直系クーペも開発中止か??? マツダFR戦略に立ち込める暗雲を追え!!!

 縦置き直6エンジン&FR戦略をスタートさせたマツダだが、そのイメージリーダーとなるはずだった上級クーペとセダンの開発が止まっているという。今、何が起きているのか? 総力を挙げ取材!

※本稿は2022年7月のものです
文・予想CG/ベストカー編集部、写真/MAZDA、ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2022年8月26日号

【画像ギャラリー】MAZDA6開発まさかの「保留状態」とは!?? コスモスポーツの変遷とともにギャラリーでチェック!!!(11枚)画像ギャラリー

■次期MAZDA6の開発は「保留状態」に

 2022年6月に発表され、9月から発売となるCX-60から始まったマツダのエンジン縦置きプラットフォームは「ラージアーキテクチャー」とも呼ばれ、MAZDA3/CX-30よりも大きなDセグメント以上のクルマをカバーする新しいテクノロジーだ。

 CX-60のパワーユニットは縦置きの直6、3.3Lディーゼルと直4、2.5Lガソリンで、ガソリンエンジンにはPHEV、ディーゼルエンジンにはマイルドハイブリッドも設定される。

 トルコンレスの新開発8速ATが組み合わされ、駆動方式はFRとFRベースの4WDとなる。

 この新しいプラットフォームはMAZDA6にまず採用され、このMAZDA6にはクーペも用意される、というのがかつてベストカーに入っていた情報だった。

 しかし、フタを開けてみると、日本市場も欧米市場も登場したのはSUVのみ。

 日欧向けは2列シートのCX-60と3列シート+ワイドボディのCX-80、北米向けは2列シートのCX-70と3列シート+ワイドボディのCX-90(CX-60以外は未発表)。

 気になる次期MAZDA6の開発は「保留状態」になっているというのだ。

直6FRプラットフォームの目玉として期待されているMAZDA6(奥)とコスモ直系ラグジュアリークーペだが、現時点での情報では保留状態にあるもよう。マツダのブランド力アップのためにも、ぜひ実現してほしいクルマだが……(画像はベストカーによる予想CG)
直6FRプラットフォームの目玉として期待されているMAZDA6(奥)とコスモ直系ラグジュアリークーペだが、現時点での情報では保留状態にあるもよう。マツダのブランド力アップのためにも、ぜひ実現してほしいクルマだが……(画像はベストカーによる予想CG)

 人気の高さを考えれば、まずSUVから始めるのは理解できるところだが、関係者によると「ラージアーキテクチャーはSUV専用アイテムになりそうだ」というから驚き。それが真実なら、次期MAZDA6は誕生しないことになってしまう。

 次期MAZDA6は、そのデザインの美しさから欧州で「コンセプトカー・オブ・ザ・イヤー」も受賞した「ビジョンクーペ」(2017年の東京モーターショーで世界初公開)がベースになると思われていた。

 また、ビジョンクーペは4ドアだが、流麗さに磨きをかけた2ドアクーペ版も用意するとの情報もあった。往年の名車、コスモ直系のラグジュアリークーペである。

次ページは : ■北米市場へ狙いを定めての直6FR戦略 SUVだけで開発費を回収できるのか?

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します