トヨタTjクルーザー 12月から先行予約開始!? 緊急情報キャッチ!!

 2017年の東京モーショーのトヨタブースに出展され、コンセプトカーの中では群を抜いた注目を集めていたTjクルーザーのデビューが近づいてきた。

 発売開始時期は東京モーターショー前か? ショーで公開後か? それともまだまだ時間がかかるのか? 多岐にわたるディーラーに情報網を持つ遠藤徹氏が発売開始時期、市販車の詳細についての新情報を入手。

 それをここで独占的に紹介していく。

文:遠藤徹/写真:TOYOTA、平野学、ベストカー編集部


提案型プロトタイプから市販化

2017年の東京モーターショーで初公開されたTjクルーザー。SUVとバンのクロスオーバーカーという新たなコンセプトを提案するモデル

こいつは絶対売れる!! トヨタの本気Tjクルーザー画像ギャラリー

 Tjクルーザー(ティージェイ クルーザー)は今年の10月発表、発売という噂も出ているが、2020年初めの登場が有力になっている。その前に新型コンパクトSUVが投入されるタイミングを考慮しているためと思われる。

 名前からするとすでに生産中止になっているFJクルーザーの後継となると思われがちだが、SUVとバンを融合させるという新コンセプトでの登場となる。バンの積載性とSUVのダイナミックなフォルムを併せ持ったクロスオーバーカーだ。

 2017年に開催された「第25回東京モーターショー」に参考出品された時点では、トヨタの提案型のプロトタイプ車だった。しかしその後のマーケットリサーチで市場ニーズは高いと判断したものと思われる。

個性的なキャラクター、似た名前からTjクルーザーはFJクルーザーの後継モデルのように感じるかもしれないが、まったく関係ない新型車種となる

C-HRよりも背は高いが小さい

一見デリカD:5のようなエクステリアデザインに見えるが、実は背はそれほど高くなく、前後のオーバーハングが短いのもデザイン上の特長

 Tjクルーザーというネーミングの由来は「TOOL BOX」のTと「joy」のjを組み合わせて命名したとされる。

 ボディサイズは全長4300mm、全幅1775mm、全高1620mm、ホイールベース2750mmと写真で見るよりもコンパクト。実際に同じトヨタのSUVと比較してみると、C-HRの全長4360×全幅1795×全高1550mmに近いサイズだとわかる。

 ただし、全高を上げていること、スクエアなデザインとすることで広くて使い勝手のいい室内スペースを確保していると言える。

TjクルーザーはコンパクトSUVとして人気の高いC-HRよりも全高以外は小さいのは意外だが、3列シート7人乗りをラインナップする可能性は高い

 プラットフォームは次世代のクルマづくりの考え方を取り入れた「TNGA」を採用。

 ちなみにコンセプトが被る三菱自動車のデリカD:5は全長4790mm、全幅1795mm、全高1870mmだからTjクルーザーのほうがひと回り小さい。

 気になる乗車定員は、プロトタイプでは2列シート4人乗りだったが、市販される時は、2列シート5人乗りとなり、3列シート7人乗りがラインナップされる可能性が高い。

 3列7人乗りがラインナップされるとなれば、デリカD:5は格好のライバルとなる。

SUVとミニバンのクロスオーバーカーという世界中にライバル不在の三菱デリカD:5。Tjクルーザーに3列7人乗りが出れば格好のライバルとなる

オフロードの走破性はアピールポイントのひとつ

 パワーユニットはプリウスと同じ1.8L+モーターのハイブリッドとRAV4にすでに搭載されている新開発の2L、直4DOHCのダイナミックフォースエンジンが搭載される。ただしRAV4に搭載される2.5Lハイブリッドの可能性も捨てきれない。

 駆動方式はFFと4WDの組み合わせとなる。ガソリンモデルとハイブリッドでは4WDシステムが差別化されるのはRAV4と同じで、ガソリン車はダイナミックトルクベクタリングAWD、ハイブリッドはE-Fourを採用する。

ガソリンモデル、ハイブリッドともオフロードの走破性の高さで高い評価を得ているRAV4。そのシステムがTjクルーザーにも搭載されるので実力は確か

バンらしい多彩な積載性

 全体的なコンセプトは最近のゴージャス&スポーティなSUV感覚ではなく、コンセプト、名前どおりバン的な道具としての使い勝手の追求を志向している。つまり仕事や遊びでアクティブに使うことを重視したオフロードモデルといえる。

リアから見ると特にスクエアなデザインが強調される。タイヤも大きく、SUVのダイナミックさが巧みに盛り込まれている。存在感のある特徴的なデザイン

 助手席側は前後シートともフルフラットになり、約3メートルの長尺物の積載が可能。背もたれの背面やデッキボードにはフックやタイダウンベルトなどで荷物を固定するためのポイントを多く設け、いろいろな荷物の積載が可能。

 両側スライドを採用して、横からの荷物の出し入れができるようにしている。運転席の後ろの席座面を前方に立てると、荷物を置くスペースができる仕組み。

助手席側のシートはフルフラットになり、全長はハイエースのように長くないけれども、3mの長尺ものも楽々収納できる利便性を誇る
スライドドアの採用により横からの荷物の積み下ろしがしやすいのもいい。運転席以外はフルフラットになるので車中泊にも適しているもよう

 インテリアは未来的なデザインで水平基調のダッシュボード、楕円形の個性的で操作のし易さを考慮したステアリングデザインを採用している。

 安心パッケージの「トヨタセーフティセンス」はRAV4並みの最新の進化バージョンを標準装備するはずだ。

ちょっと武骨なエクステリアとは対照的にインテリアは水平基調のデザインが与えられる。完成度も高く市販時もほぼこのままのデザインと思われる

先行予約は12月から開始!?

 Tjクルーザーは発売当初からトヨタ全系列店扱いとなる見込み。販売店へのティザー展開は8月中旬現在でまだ始まっていない。発売するとの情報だけが伝えられているに過ぎない。

 10月に第1弾のアウトラインがウェブで伝えられ、11月に入って販売店向けの商品説明会を実施、12月から価格を決め、先行予約の受付をスタートさせる見通しである。

 ただ特殊なコンセプトであるから、量販を考えず月販1500台そこそこと限定的になるか可能性が強い。

バンの積載性、利便性を存分に生かしクルマを楽しむことができるのがTjクルーザーの最大の魅力。ただし市販時にはボンネットは後ろ側にヒンジが装着されるはず

【首都圏トヨタ店のコメント】
 Tjクルーザーが発売になるとの情報はメーカー筋から届いていますが、詳細な商品内容はまだ明確になっていません。東京モーターショーに参考出品したプロトタイプと市販モデルはかなり異なると思います。

 外観やボディサイズはほぼ同じだと思いますが、ドアの仕様、シートアレンジメント、パワーユニットは変更になるはず。

 ドアはデリカD:5のように両側スライドドアを採用するでしょう。そのほうが遊びクルマとしての使い勝手がよくなるからです。

 ミニバンのジャンルではエスティマが年内に廃止、アルファード/ヴェルファイア、ノア/ヴォクシー/エスクワイアの姉妹車が1本化されるだろうから、これらのオープンポイントのカバーとSUVテイストの導入で新しいマーケットを開拓するという狙いがありそうです。

 トヨタは2.8Lディーゼルターボを持っているのだから、こちらにも搭載車を設定するとさらに売れるようになるので期待したいですね。

市販モデルはショーモデルに比べ前後のフェンダーが強調され、フロントマスクも若干変更されるが、全体的なダイナミックなイメージは変わらない(予想CG)

◎ベストカーwebの『LINE@』がはじまりました!
(タッチ・クリックすると、スマホの方はLINEアプリが開きます)

最新号

ベストカー最新号

【次期クラウンはマツダとコラボ!?】トヨタ巨大提携で生まれる新車|ベストカー 12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!  最新号では、トヨタと国内メーカーとの巨大提携によって生まれる新型車の重要情報をお届け。ベストカースクープ班が独占入手した情報を詳しく紹介する。   そのほか、ダイハツロッキー&トヨタライズDebu…

カタログ