超絶人気WRX STIファイナルエディションのこれから【東京モーターショー2019】


■限定台数の10倍以上の申し込みは必至

 東京お台場で開催中の東京モーターショー(11月4日まで)スバルブース(青海展示エリア)にて展示中の「WRX STI EJ20ファイナルエディション」が、大変な話題となっている。

東京モーターショーで世界初公開されたWRX STIの特別仕様車「EJ20ファイナルエディション」。展示中のモデルはいちおう「プロトタイプ」と名付けられているが(市販仕様は注文を締め切ってから生産するため)、このまま市販されることはほぼ間違いない

【画像ギャラリー】 これで生産終了!! WRX STI EJ20ファイナルエディションの戦闘的なスタイル

 限定555台の生産で、10月24日から全国のスバルディーラーで受け付けを開始したが(11月11日まで)、その前段階のエントリー受付(10/10~22)の時点でエントリーは4800件を超えているというのだ。

 これまでスバルはこうした台数限定の特別仕様車を何度か発売してきたが、事前エントリーの時点で限定台数の9倍近い件数が集まることは異例。商談受付終了の11月11日までには、限定台数555台の10倍以上の申し込みが入るのは必至といえよう(受付終了後、抽選で当選した人が商談するシステム)。

WRブルーと金色のBBSホイールが、初代インプレッサWRXから連綿と続く伝統的なイメージを踏襲していると感じさせる。なおボディカラーはこのWRブルーとホワイトパール、ブラックの3色から選べる

 空前の人気となったこの「EJ20ファイナルエディション」、本稿ではどんなクルマかを紹介しつつ、この「ファイナル」のあと、WRXがどうなるかの取材結果について紹介したい。

■WRX STIはこれにていったん生産終了!!

 WRX STI EJ20ファイナルエディションは、WRX STI Type Sをベースに、回転系パーツの重量公差・回転バランス公差を低減したバランスドエンジンを採用。エクステリアは、ゴールド塗装のBBS製19インチ鍛造アルミホイールを装着。

 フロントグリルやリヤバンパーには、STIのコーポレートカラーであるチェリーレッドのアクセントを採用。インテリアでは、ウルトラスエード巻ステアリングホイールやシルバーのフロント・リヤ左右3点式ELRシートベルト等、専用装備を採用。

 価格は以下の2タイプ。

EJ20Final Edition 4,521,000円
EJ20Final Edition FULL PACKAGE 4,851,000円
(ウェウカムライティング、レカロシート、アドバンスドセイフティパッケージ[スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援システム)/ハイビームアシスト(自動防眩ルームミラー付)/フロント&サイドビューモニター]付き)

ウルトラスエード巻ステアリングホイールや真っ赤なSTI 製プッシュエンジンスイッチなど、内装にも特別装備が用意されている

 上述のように、555台の限定生産であり、受付期間(10月24日(木)~11月11日(月))終了後にエントリーしたお客を対象に抽選を実施し、当選した人に商談の機会が設けられる。現時点でのエントリーのうち、75%がFULL PACKEGE、25%がノーマル仕様だという(締め切り後に受注生産される)。

 また、このWRX STI EJ20ファイナルエディションの発売を伝える公式リリースには、はっきりと「EJ20型水平対向エンジンの生産終了に伴い、当該エンジンを搭載する日本市場向け・現行型WRX STIは、2019年12月23日をもって注文受付を終了します。」と明記されており、スバルWRX STIというモデルそのものが(この特別仕様車とともに)生産終了となる。

 これまでの限定車がのきなみ即完売→値上がりしているのと同様に、このファイナルエディションも中古車市場での高騰は約束されており、当選した人は数年乗って下取りに出しても充分モトが取れることになるだろう(そもそも売る人は少ないだろうが)。

次ページは : ■次期WRX STIがどんなクルマになるかのヒントは

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ