V8 V10 V12の3.5リッター以上のNA…格安で買える反逆児 大排気量NAエンジン車に今こそ乗る!


 10年ほど前から低燃費や低排出ガスなど環境問題に対応するため、大排気量NAエンジンは、「気筒数の削減と小排気量化を過給機で補う」というコンセプトを持つダウンサイジングターボに置き換えられてきた。ここ数年、欧州では48Vマイルドハイブリッドが急増している。註:ここでは、大排気量NAエンジンを3.5リッター以上とする。

 さらに、昨今の急速なEVシフトにより、2030年から2035年にかけて純エンジン車の新車販売禁止が世界的な潮流となっている。まだ純エンジン車の走行禁止までは至ってはいないが、ロンドンのように都市中心部への純エンジン車の乗り入れ規制の動きも早まるかもしれない。

 大排気量NA車はひと度乗ってみると、トルク感たっぷりで、吹け上がりも気持ちいい。アクセルを踏めば踏んだだけ、豪快に加速していき、しみったれた排気量の小さいダウンサイジングターボなんて…と思ってしまう。

 そのぶん、燃費も悪いし、自動車税も高い。しかし、そんなことを忘れるほどの魅力が、大排気量NAエンジン車に溢れているのだ。まさにワイルドという言葉がピッタリ。

 そこで、こんな時代にこそ、大排気量NA車を今こそ乗ろう! ということで、今乗っておきたいは大排気量NA車を挙げてみた。

文/永田恵一
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ マツダ

【画像ギャラリー】豪快な加速にシビれる! 大排気量のNAエンジン車をギャラリーでチェック!!


■ランドクルーザー200(レクサスLX570) 2007年~2021年3月


4.6リッターV6:318ps/46.9kgm

2021年8月上旬に発売予定の次期型が注目のランドクルーザー。新型は3.3Lディーゼルターボと3.5L V6ガソリンターボにダウンサイズすることが確実。4.6LのNAエンジンを搭載する現行型はより希少な存在となる

ランドクルーザー200の中古車情報はこちら!

 200系と呼ばれるフルサイズの現行ランドクルーザーはすでに3月末で生産を終了し、次期モデルへの移行が秒読み段階(2021年8月発表といわれている)となっており、もう新車を買うことは絶望的な状況だ。

 そんな状況下ながら4.6リッターV8を搭載する現行ランドクルーザーの魅力は低速トルクの太さもあり、悪路でもアクセルコントロールがしやすい点、動力性能の余裕もあり、高速道路ではランドクルーザーという車名に相応しいクルーザーのキャプテン(船長)になったような気分でクルージングを楽しめること、高級車としての資質の高さなど、数多い。

 次期モデルのエンジンはそれぞれV6の3.5リッターガソリンターボと3.3リッターディーゼルターボへ移行することになっており、V8のランドクルーザーに乗りたいなら早めに自分のものにしておきたい。ただランドクルーザーは超人気車のため、盗難対策は忘れずに!

■ランドクルーザー70(再販モデル)2014年8月~2015年6月


4リッターV6:231ps/36.7kgm

2014年から約1年間の期間限定で販売されたランクル70バン。ボディサイズは全長4810×全幅1870×全高1920mmで新車価格は360万円だった

ランドクルーザー70 30周年記念車の中古車情報はこちら!

 1984年に登場したランドクルーザー70は、ディーゼル燃料規制により2004年に販売が終了。

 そして、2014年8月から2015年6月末という約1年間の期間限定で販売されたランドクルーザー70 30周年記念車は、「もっともスパルタンなランドクルーザー」として海外で販売されるランドクルーザー70の4ドアバンとピックアップトラックボディという非常にマニアックなモデルである。

 ガソリン4リッターV6+5速MTというパワートレーンを搭載するランドクルーザー70の魅力は世界最強クラスの悪路走破性はもちろん、再販売という希少性で、月間目標台数の200台の約18倍にあたる3600台以上を受注した。

その希少性に加え、オンロードを運転している際の快適性は低く、直進安定性もよくないのも事実ながら「クルマを走らせている」という手応えに溢れており、善し悪しは別にして濃厚なクルマとの対話を味わえる点だ。

 また4リッターV6エンジンも大排気量NAらしい太い低速トルクとともに、レッドゾーンこそ5500回転の低いものの、レッドゾーンまでシューンと気持ちよく回り、この点もランドクルーザー70を動かす楽しさを際立てている。

 現在、70の30周年記念車のバンは今いくらなのか、中古車市場をみると30台ほどが流通しており、中古車価格は380万~520万円。新車価格は360万円(ピックアップは350万円)だったから、新車時以上の価格で売られているとは驚きだ。

次ページは : ■レクサスLC500&LCコンバーチブル 2017年~