クルマはやっぱりMT! 100万円以下で買える中古MTスポーツカー10選


■3位:マツダNB型ロードスター(1998年~2005年)

初代NA型から正統進化を遂げた2代目ロードスター。軽量化のためリトラクタブルライトは廃止に。5速MTの1.6L、6速MTの1.8L仕様を設定

100万円以下で買えるNB型ロードスターの中古車はこちら!

 いよいよ、ベスト3。まず3位は100万円以下のMT中古車が約92台流通しているマツダNB型ロードスター。1998年~2005年まで販売されたNB型ロードスターは、重量の重いリトラクタブルヘッドライトは軽量化やヨー慣性モーメント低減のため廃止。またソフトトップのリアウィンドウは初代のビニール製が、ガラス製へと変更され利便性が向上している。

 搭載するエンジンは、最高出力145ps、最大トルク162Nmを発生する1.8L直列4気筒自然吸気と最高出力125ps、最大トルク142Nmを発生する1.6L直列4気筒自然吸気の2種類。組み合わされるトランスミッションは1.6L車が5速MT、1.8L車が6速MTとなっている。

 中古車の平均価格は約78万円、価格帯は約15万~約435万円で、初代ロードスターがビンテージ化していることもあり、シリーズのなかで最も安く手に入るモデルだ。

 約92台流通しているMT車の最安値は約45万円からとなっている。1.6L車が約37台、1.8L車が約55台と1.8L車のほうがMT車の比率が高くなっている。年式が進んでいるだけに、購入の際にはメンテナンス費用を確保して中古車を選びたい。

■2位:CR-Z(2010年~2017年)

唯一無二のハイブリッドスポーツとして注目されたCR-Z。ハイブリッドシステムのバッテリーをニッケル水素電池からリチウムイオン電池に変更し高電圧化を図ることでモーターアシスト出力が約1.5倍にアップした

100万円以下で買えるCR-Zの中古車はこちら!

 いよいよ、2位。ここからは100万円以下のMT中古車の流通台数が100台以上となる。その第2位となったのは、約125台のホンダCR-Z。

 2010年~2017年に販売されたCR-Zは元祖ハイブリッドスポーツカーだ。リアシートはあるものの、荷物置き場と割り切るほどのスペースだ。

 全幅1740mmのワイド&ローのボディが特徴で、シャークフィンアンテナや当時日本車ではまだ少なかったポジション球LEDデイライトをいち早く採用。また、ドライビングポジションは低く設定されているが、フロントウィンドウを左右に大きく回りこませ、コーナリング時の視界を確保されており、運転しやすい。

 搭載するパワートレインは、最高出力114ps、最大トルク145Nmを発生する1.5L直列4気筒エンジン+モーターを組み合わせたハイブリッドシステム。

 2012年のマイナーチェンジでエンジンの出力を120ps、バッテリーをリチウムイオンに変更し出力向上した。組み合わされるトランスミッションは6速MTとなる。

 CR-Zの中古車の平均価格は約65.3万円で、3カ月前が約64.3万円だったので、ほぼ横這いで推移している。

 中古車の価格帯は約13万~約385万円で、MT車の最安値は25万円から。約125台の100万円以下MT車のうちエントリーグレードのβは約17台で、ほとんどが上級グレードのαとなっている。

 グレードによる価格差はほとんどないので、コンディション重視で装備の充実したαが狙い目だ。

次ページは : ■1位:RX-8(2003年~2013年)