クルマはやっぱりMT! 100万円以下で買える中古MTスポーツカー10選


■7位:トヨタMR-S(1999年~2007年)

MR-Sは1.8Lの直4エンジンを後方に配置した手ごろなミドシップスポーツ。980kgに抑えられた軽さと、MRならではのクイックなハンドリングが特徴だ

100万円以下で買えるMR-Sの中古車はこちら!

 中古車の流通台数が約41台で第7位となったのは、1999年~2007年まで販売されたトヨタMR-S。ミドシップスポーツカーのMR2として、1999年に登場したMR-Sは2シーターオープンとなった。

 軽量さを活かしたライトウェイトスポーツで、搭載するエンジンも最高出力140ps、最大トルク171Nmを発生する1.8L直列4気筒自然吸気の1種類。組み合わされるトランスミッションはデビュー当初5速MTだったが、2002年のマイナーチェンジで、6速MTへと変更されている。

 現在、MR-Sの中古車の平均価格は約102万円で、直近3カ月の平均価格を見てみると、約98万円から約102万円へと値上がり傾向となっている。

 価格帯は約29万~約398万円。そのうちMT車の最安値は約48万円からとなっている。前期型の5速MT車だけでなく、後期型の6速MT車も手が届く。

 ただし、走行距離はほとんどが10万km超となっているので、メンテナンスの履歴は重視したい。グレードは1.8Sエディションが多い。

■6位:最終型セリカ(1999年~2006年)

セリカの最終モデルである7代目は遠くからでも一発でわかる縦長のヘッドライトが特徴。6速MTを搭載するSS-IIの最高出力は190ps/18.4kgmと、リッターあたり100psを超える

100万円以下で買えるセリカの中古車はこちら!

 6位は1999年に登場した最終型のトヨタセリカで、中古車の流通台数は約47台。ショートオーバーハングのアバンギャルドな外観デザインが特徴で、運動性能を向上させるため、サスペンション形式はフロントがマクファーソンストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式というビスタの4WD車を流用している。

 搭載するエンジンは最高出力190psと140psという2種類の1.8L直列4気筒自然吸気。最上級グレードのSS-IIには190ps仕様の可変バブルタイミング・リフト機構(VVTL-i)を採用した2ZZ-GE型エンジンを搭載する。組み合わされるトランスミッションは190psのSS-IIが6速MT、140psのSS-Iが5速MTとなる。

 最終型セリカの中古車の平均価格は約65万円で、価格帯は約20万~約160万円で、MT車の最安値は約30万円だ。

 中古MT車の価格帯は分かれていて、車両本体価格が35万円以下はSS-I、35万円以上がSS-IIが中心なっていて、主力は190ps仕様のSS-IIとなる。台数は少ないが、限定車のTRDスポーツMも100万円以下で手に入れることも可能だ。

次ページは : ■5位:アルテッツァ(1998年~2005年)