くたびれ愛車リフレッシュ計画 あの頃のミリョクをもう一度取り戻す!

くたびれ愛車リフレッシュ計画 あの頃のミリョクをもう一度取り戻す!

 購入した時はどんなにピカピカでも、長く乗るとどこかくたびれてくるのがクルマだ。本企画では、1万円、5万円、10万円、20万円以上の4つの愛車リフレッシュプランを紹介する。予算にあわせて、愛車をリフレッシュだ!!
 車検のタイミング、新型車が出たタイミングで現在乗っている愛車をどうするか悩むもの。長く乗ると決意したなら、たまには愛車をリフレッシュしてあげるといい。今回は4つの価格帯別愛車リフレッシュプランを雑誌『オプション』元編集部の三木宏章氏が提案。愛車を惚れ直すこと間違いなしなのでぜひトライ!

文/三木宏章
※ベストカー2021年3月10日号より転載

【画像ギャラリー】購入時の魅力を取り戻すためのメンテナンス用品一挙公開!!


今回のリフレッシュプランには工賃を含んでいない。自分でやるもよし、業者に頼むもよしだ
今回のリフレッシュプランには工賃を含んでいない。自分でやるもよし、業者に頼むもよしだ

■まずはココから!!1万円プラン

 クルマのリフレッシュやメンテナンス、さらにカスタム&チューニングというと、お金がかかるイメージも強いが、よ〜く探してみると意外にお手頃なメニューも多い! そこで最初にお小遣いでも楽しめる、1万円リフレッシュメニューを考えてみた!

【メニューA 油脂類交換】
 まず手頃なところで油脂類リフレッシュはどうだろう?いわゆるエンジンオイルやミッションオイル(ATF)などの交換だ。油脂類交換というと日常メンテナンス的なイメージも強いが、高性能なオイルを選べばエンジンの長寿命化はもちろん、フィーリング&パワーアップも望める。
 例えば、カストロールの全合成油「エッジ」であれば、4L缶が5000円程度で購入できる。さらにオイルフィルターや添加剤を含めても1万円以内で収まる計算だ。

もろもろの油脂類を一気に変えることでクルマの感触がガラッと若返るハズだ!
もろもろの油脂類を一気に変えることでクルマの感触がガラッと若返るハズだ!

【メニューB ポイントリフレッシュ】
 1万円という予算を考えると、ポイントを絞ってお金をかけるのが得策だ。例えば、汚れたフロアマットを新品に交換するだけでも満足感は高い。有名シートカバーブランド「クラッツィオ」のフロアマットなら車種専用設計&1台分で9800円から買える。
 ほかにも1万円あれば、ホイールやヘッドライトのクリーニング&コーティングを施工したり、エアコン洗浄を行ったり、レーシングカーのようなタイヤマーキングステッカーを作ることだって可能だ。

次ページは : ■ちょっと奮発するか!!5万円プラン

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

あのトヨタスターレットが再び公道に舞い降りる!? 日産×ホンダ協業分析など新社会人も楽しめるゾ「ベストカー5月10日号」

トヨタの韋駄天が覚醒する! 6代目NEWスターレットのSCOOP情報をはじめ、BC的らしく高級車を大解剖。さらに日産・ホンダの協業分析、そして日向坂46の富田鈴花さんがベストカーに登場! 新社会人もベテランビジネスマンまで、誰もが楽しめるベストカー5月10日号、好評発売中!