新型プジョー208上陸!! 欧州のトップが激戦日本コンパクト界へ参入!!


 国内コンパクトカージャンルに、最強の刺客がやってきた――。プジョーは、2020年7月より、新型「208」、およびピュアEVの「e-208」の日本市場での発売を開始した。

 プジョー208は、欧州Bセグメントジャンルで、ルノークリオやポロ、といったライバルと大激戦を繰り広げている、大人気コンパクトカーだ。今回の新型は、母国フランスでは、2019年10月に発売開始されており、今年3月には、欧州カーオブザイヤー2020を獲得しているモデルでもある。

 今回、ガソリンエンジン仕様のプジョー208に、公道試乗することができたので、その詳細をお伝えしていく。

文:吉川賢一
写真:PEUGEOT、ベストカーWEB編集部/撮影:平野学

【画像ギャラリー】これが2020欧州カーオブザイヤーカーだ!! いま大注目の新型プジョー208の全貌をギャラリーでチェック!!


プジョーの意気込みを感じる

 前型のプジョー208は、モデル末期でも、欧州市場において、年間20万台レベルで売れていた、爆売れコンパクトカーだ。それだけに、今回の新型で、失敗することは許されず、プジョーの意気込みを感じる仕上がりとなっている。

ボディサイズは4095×1745×1445(全長×全幅×全高mm)、ホイールベースは2540mm 旧型208に対して全長は120mm伸び、全幅は5mm広がり、全高は25mm下がった

 今回のモデルチェンジでの注目ポイントは、グループPSAの最新プラットフォーム「CMP」の採用だ。従来比で約30kgの軽量化と、空力抵抗の低減、静粛性改善に、大きく貢献したという。

 EVの「e-208」は、最高出力136ps、最大トルク26.5kgmを発揮する電動モーターと、容量50kWhの駆動用リチウムイオンバッテリーを搭載し、一充電の走行距離は340km(欧州のWLTPモード)。

 一方のガソリンモデルは、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーで5年連続選出されている、ピュアテック1.2L直列3気筒ターボエンジンで、WLTCモード燃費は17.0km/Lを誇る、という、こちらもなかなか優秀なクルマだ。

 日産キックスのように、全グレードをEVにはせず、同じデザインで、ガソリンのベーシックモデルを用意した点も、顧客のニーズをしっかり捉えた、手堅い戦術だといえる。

欧州市場での2019年販売台数トップ10(出典:JATO) プジョー208は欧州市場にて総合6位、Bセグではクリオ、ポロ、フィエスタに続いて4位につけている

こんなのなかった!! 「3D i-コックピット」

 新型208では、旧型208の可愛さのあるフロントマスクから、ライオンの3本爪をイメージしたフルLEDヘッドライトや、ヘッドライトから下に伸びるデイタイムランニングライトによって、すっきりとシャープなイメージへと進化した。

 リア周りも、3本の爪をモチーフとしたテールライトと、左右ライトを繋ぐようにブラックのラインが張られていて、シャープなカッコよさを感じられるデザインだ。

プジョーの上級セダン「508」と同じモチーフのデイタイムランニングライトを採用 ひとめでプジョーのクルマだと分かるアイコンだ
旧208よりもルーフが下がったことで、シャープでカッコいい印象

 インテリアは、異形ステアリングホイールの上端から覗く位置にレイアウトされた、メーターが特徴だ。

 2層構造のパネルによって、立体的に見えるように表示した「3D i-コックピット」は、これまであったようでない、秀逸なアイディアだ。プジョーによると、このシステムによって、ドライバーは情報に対して0.5秒も反応時間を短縮する効果があるという。

 ただ、筆者には、プリセットされたメーター表示の中には「これはいい!」と、思ったものが見当たらなかった。VWやメルセデス、BMWのように、高精細なナビモニターである性能は不要だが、オーソドックスな針表示が欲しく感じるのは、筆者がおじさんだからだろうか。

極端な異形ステアリングホイールだが、小径で扱いやすく、操作は違和感なく扱える 画面奥のモニターの疑似3D表示は面白いアイディアだ

次ページは : まさに「猫足」と呼ぶのにふさわしい

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ