便利な時代の思わぬ落とし穴!! 降雪地域を走った中古車購入の注意点


 今年も早いもので季節はもう秋、まもなく冬がやってくる。冬といえばウィンタースポーツなのだが、そういった趣味で使うために寒冷地仕様のクルマが欲しいと考えている人もいるのではないだろうか。

 中古車で寒冷地仕様のクルマを探そうと思うと、降雪地域からの出品になるケースがある。しかし、降雪地域では融雪剤などの影響で、下回りなどの見えない部分にダメージを負っていることもあり注意が必要だ。

 今回は、インターネットが発達し遠方からでもクルマを調べることができるようになった今だからこそ、購入時に気を付けたい降雪地域の中古車を購入する時の注意点を解説したいと思う。

文/萩原文博
写真/編集部、Adobe Stock

【画像ギャラリー】ウィンタースポーツに行くならピッタリ! 中古車市場で注目の最新SUV&ミニバン


■中古車市場で重視される 中古車の出どころ

 北海道や東北、上越そして北陸地方など降雪地のオーナーはそろそろスタッドレスタイヤに交換する時期を迎えている。こういった雪の多い寒冷地に対応した「寒冷地仕様」というクルマが用意されている。

「寒冷地仕様」と言われているクルマは、ラジエターのクーラント液の濃度をアップしているのをはじめ、バッテリーの強化、リアシートへ温風を送るダクトの設置、ドアミラーへ熱線を追加。そして、ワイパーブレードの仕様変更などが行われている。

最近のクルマは標準仕様でもたまに雪国に行くなら問題のない信頼性があるが、寒冷地仕様のほうが凍結防止対策などが施されており安心感がある

 寒冷地仕様=降雪地で使用されたクルマとは限らないが、中古車を購入する場合降雪地で使用されていたクルマは、雪の少ない地域で使用されていたクルマ以上にチェックしなければならない場所があるのだ。

 もう10年前の話だが、仕事で北海道の中古車販売店に取材に行ったときのエピソードを紹介したい。

 北海道なので、展示してあるクルマはほとんどが4WD車。フロントガラスに設置されたプライスボードを見てみると、多くのクルマに「内地」という文字が書かれていた。装着されているナンバーも北海道ではなく、関東地方や関西地方などのまま展示されているのだ。この理由を販売店に聞いてみた。

 すると「北海道の人が中古車を購入する場合、北海道で乗られていたクルマは選ばない。やはり北海道以外特に雪の少ない地域で乗られていたクルマを選ぶことが多い」と話してくれた。

 さらにその理由を聞くと「雪の多い地域のクルマはしっかりとメンテナンスしていないと、冬の融雪剤によって下回りに錆が発生する可能性が高くなる。そうすると長く乗ることができなくなる。したがって錆びの心配の少ない雪の少ない地方からクルマを持ってくる」ということなのだ。

 確かにスキーやスノボなどに行った帰りには、ガソリンスタンドなどで洗車する場合、ボディだけでなく下回りも洗車したほうがいいと聞く。特にクルマの下回りはジャッキアップしない限り見ることができない部分。こういった部分に錆びが発生したら、修理するのも高額になってしまう。

 したがって融雪剤による錆びの可能性を避けるため、降雪地で使用されたクルマを避けるという予防をユーザーだけでなく、仕入れる販売店も行っているということなのだ。

■錆はどうして発生する!? 中古車購入時に気を付けたいポイント

 クルマの下回りに錆びを発生させる原因となる融雪剤とは一体何なのだろうか。融雪剤とは雪が降るシーズンになると、高速道路などに散布されている白い粉のことで防雪対策としては欠かせない薬剤だ。

 融雪剤には2つの効果があり、まずは路面の雪を溶かす効果。そしてもうひとつは雪が積もらないように防ぎつつ、雪解け水の凍結を防ぐ凍結防止効果となっている。

 そして融雪剤の成分は、主に塩である塩化ナトリウムや塩化カリウムまたは塩化マグネシウムなどだ。通常、水は気温0度になると氷となる。しかし塩分など不純物が混じった水は0度以下の一定の温度にならないと凍らなくなる。これを凝固点降下といい、融雪剤はこの特性を利用して路面の雪を溶かしたり、凍結を防止するのである。

 主に塩分が素材となっている融雪剤が撒かれた道路を走行すると、融雪剤に含まれた塩化ナトリウムなどがクルマのボディや下回りに付着し、錆びやすくなります。クルマに多く使用されている鉄は水分が付着すると酸化して錆びやすくなるのだが、塩分を含んだ水分はさらに金属の腐食を早めるのである。

錆は部品の破損に直結するので、長く乗りたいのであれば気にしたい。また、シャシーだけでなく、塗装も融雪剤によるダメージを受けやすい(Natallia@Adobe Stock)

 ボディなど目に付くところは洗車をしてケアできるが、下回り、特にサスペンションなどの足回りはなかなかケアすることができず、いつの間にか錆びが進行してしまうということになるのだ。

 この下回りやサスペンションの錆びを防ぐためには、雪道を走行した直後やクルマが汚れていなくても月に1~2回洗車を行い、コイン洗車場などにある高圧洗浄機で下回りやサスペンションをしっかりと洗っておくとよいだろう。

 さらに、洗車後に錆防止スプレーや専門業者に下回りのコーティングを依頼するさらに錆防止には効果的だ。もちろん、降雪地のユーザーは融雪剤のことは知っているので、メンテンスしている可能性は高い。

 逆に都市部に住んでいて、冬にスキーやスノボなどを楽しむという人だと、しっかりとメンテナンスしていないケースもあるので、特にスキーやスノボなどに行くことが多いSUV系の中古車を購入する場合は、下回りのチェックは重点的に行いたい。

 その際に、懐中電灯などを持っていくと暗い下回りのチェックには役立つので忘れずに持っていくといいだろう。またネットが普及した現在、SUV系の中古車を購入する場合、前オーナーがどこのエリアに住んでいたのかは確認したほうがいいだろう。

【画像ギャラリー】ウィンタースポーツに行くならピッタリ! 中古車市場で注目の最新SUV&ミニバン