トヨタと日産 販売戦略の功罪…車種削減は必然か愚行か!??


 日本車が最も豊富なラインナップを誇っていたのは1990年代後半で、それ以降はトータルで見ると車種ラインナップは減少してきている。

 21世紀に入り、グローバル化、高効率化が重要視されるようになったことでその傾向は顕著で、最も車種を減らしているのが日産だ。

 日本のトップメーカーのトヨタは、他メーカーと逆行するように車種ラインナップを増やしてきていたが、販売チャンネルをなくし、全車全店扱いを2020年5月から全国展開。

 さらに、今後、車種を大幅に削減することを明言している。

 車種数の減少は販売の減少につながる可能性があるため、トヨタの販売戦略に対しても賛否あるが、本企画では、トヨタ、日産の販売戦略の現状と今後への期待について、御堀直嗣氏が考察する。

文/御堀直嗣、写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA、MERCEDES BENZ、BMW、VW、池之平昌信

【画像ギャラリー】ビッグネームもリストラの嵐!! ここ5年間に消滅したトヨタ&日産車全13台をチェック!!


消滅したビッグネームと不遇のビッグネーム

2019年いっぱいで生産終了となったマークX。今後はカムリがマークXユーザーをカバーするが、FRとFFでは大違いということで不満は少なくない

 国内の大手自動車メーカーであるトヨタや日産の販売車種が削減されているとの印象を持つ人がある。

 たとえば、トヨタからはマークXがなくなり、プレミオとアリオンが販売を終えるとの噂もある。コンパクトなワゴンとしてよく見かけ、福祉車両としても斬新な取り組みのあったラクティスも2016年で終わっている。

コロナからプレミオに変更になってからすっかり影が薄くなったプレミオ。次期モデルは存在せず、兄弟車のアリオンとともに現行で終わる可能性が高い

 また意味は異なるが、クラウンはアスリートやマジェスタといった複数の嗜好の違いを排除し、一つのクラウンとしての販売を現行車種から始めている。

 日産は、ティアナがこの夏に販売を終え、5ナンバー車のティーダはすでに2012年に販売を終了し、ノートに絞られた。

 フーガやスカイライン、マーチは存続しているものの、いずれも10年前後モデルチェンジをしていない。こうしたことから車種が減っているとの印象を与えているところもあるだろう。

トヨタの35車種を販売

車種整理して車種数を大幅に減らすと公表しながらも、売れているカテゴリーには積極的に新型モデルを投入するのがトヨタのしたたかさであり強さだ

 いっぽうで、トヨタは、近年のSUV(スポーツ多目的車)人気に加え、TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)の取り組みを背景に、C-HR、ヤリスクロスといった車種が新しく生まれ、ダイハツと共同開発となるライズも新たに加わった。これらの販売が好調だ。

 スープラの復活もある。ワゴンではグランエースが登場した。そして、OEM(他車を自社の車名で販売する)によるダイハツの軽自動車もトヨタ車名で販売しているので、トヨタ車の一覧を見ると、35車種前後に達する。

 永年にわたりトヨタの販売店は車種によって系列が分かれていたが、現在はどの店でも同じ車種を扱うようになっているので、たとえば一セールススタッフとして30~40台近い車種を扱うとなると、商品知識で頭のなかはパンクしそうなくらいではないか。

 ほかに、トヨタは高級車ブランドであるレクサスも国内で展開している。

スポーツカー受難時代ながら2019年に復活を遂げたスープラ。台数は多くないが輸入車扱いのため、日本での品薄状態、納車の長期化が続いている

次ページは : 販売店規模からすれば日産の車種は少なすぎるわけではない

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ