8車種も販売終了! 国産セダンが衰退した理由と生き残るための秘策はあるか?


 クルマにはさまざまなカテゴリーがあるが、最近になって車種数を急速に減らしているのがセダンだ。トヨタでは、2019年12月にマークX、2020年8月にレクサスGSを生産終了した。

 日産は2020年7月にティアナ、2020年9月にシルフィ、ホンダは2020年7月にグレイスと、2020年8月にシビックセダンをすでに生産終了。そして、2021年3月末にはプレミオ/アリオンが生産終了する。

 日本を代表する唯一売れていたクラウンでさえも、SUVになると言われている時代だ。

 その一方で、輸入車に目を向けると、メルセデスベンツやBMW、アウディなどドイツ製セダンは、派生車種のSUVは激増しているものの、元になるセダンのフルモデルチェンジが長期化されることなくしっかり行われていて、日本車とは違いセダンの基幹車種としての“存在価値”が保たれている。

 なぜ、日本車のセダンはここまで衰退しているのか? もはや立ち直ることができないのだろうか? モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ スバル

【画像ギャラリー】セダンが売れない理由はどこにある? 惜しくも生産終了に追い込まれた不運の名車たち


最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ