スイフトスポーツを買うなら中古? 新古? それとも新車?


 走って楽しいうえにコスパ最強の現行スポーツモデルとして人気のスズキのスイフトスポーツ。

 現行モデルは登場から3年以上が経過したことで、今スイフトスポーツを買うなら新車以外にも、安くなった中古車が流通しているし、新古車と呼ばれる登録済み未使用中古車も選ぶことができる。

 では今、スイフトスポーツを手に入れるなら、中古がいいのか? 新古車を選ぶべきか? それとも新車で買うのが結局いいのか?

 最も買い得感のある購入方法はどれなのか? を徹底取材した!

文/萩原文博 写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】抜群のコストと抜群の乗り味! 「日本車の良心」とまで呼ばれるスズキ スイフトスポーツをギャラリーで見る


■新車でも200万円以下で買える!!! 今や現行ホットハッチの代表格に

 ホットハッチの代名詞として現在でも高い人気を誇るEK-9型初代ホンダシビックタイプR。

 1997年8月に登場した時の新車時価格は199万8000円。この価格ならば当時の若者でもなんとか手が届くシロモノだった。

 しかし現在は軽自動車でも200万円を超えるクルマが登場し、200万円以下で購入できる国産ホットハッチのMT車というと、187万1000円(車両本体価格・以下同)のトヨタヤリス1.5Z、 187万6600円の日産マーチニスモS、165万円のマツダデミオ2 15MB、そして187万4400円のスズキスイフトスポーツ。

 軽自動車では車両本体価格199万9800円のホンダN-ONE RS、車両本体価格153万7800円のスズキアルトワークスぐらい。

 そのなかでも抜群の人気を誇るのがスイフトスポーツだ。

ホットハッチの代表のスイフトスポーツ

 現行型のスイフトスポーツは、「ハーテクト」と呼ばれる軽量・高剛性のボディに最高出力140psを発生する1.4L直列4気筒ターボエンジンを搭載。

 モンロー製のショックアブソーバーを装着したサスペンションには専用のスタビライザーやブッシュ類を採用しロール剛性を最適化しスポーティな走りを味わうことができる。

1.4L直列4気筒ターボエンジンは最高出力140psを発生

 そのホットハッチ特有の軽快な走りによって若者から“元若者”まで多くの人を魅了しているのだ。

 そこで、今回は現行型スイフトスポーツを手に入れるなら、新車、中古車、新古車、いったいどれを購入するのがベストなのかを検証してみた。

■素晴らしくコスパがいいのがスイフトスポーツの魅力

 スイフトスポーツのパーツ開発を自社で行い、新車コンプリートカーの販売を行っている大阪府にある販売店のコンプリートスピードに話を聞いてみた。

 この販売店はスズキの副代理店で3年連続西日本ナンバー1に輝いていて、副代理店で最もスイフトスポーツの販売実績を上げている。

大阪府にあるスズキ販売店『コンプリートスピード』

 まず、現行型スイフトスポーツの魅力を聞いてみると、「第一に価格が安いことだと思います。予算200万円で新車のホットハッチが手に入るのはスイフトスポーツだけですから。

 パワフルな1.4 Lターボエンジンを搭載していますし、我々もECUやマフラー、車高調サスなど開発していますけれど、アフターパーツが豊富というのも支持される理由のひとつだと考えます。

 スイフトスポーツはトランスミッションで年齢層がハッキリと分かれるという特徴があります。20台後半から30代後半までがMT車。そして30代~40代半ばまでがAT車となり、MT車を好む若者はやはりチューニングしたくなるのでしょう。

フロントビュー

 だから我々の販売店では20馬力アップのECUを搭載した新車コンプリートを販売していますが、やはり若者を中心に人気となっています。

 そして、これまでの販売実績が評価されて、スイフトスポーツの新車を諸費用込みで185万円から購入できます。若い人たちにもっとクルマで楽しんでもらおうとスイフトスポーツに関しては努力させてもらっています。」と語ってくれた。

次ページは : ■新古車よりも新車のほうがお得感が高い!

最新号

ベストカー最新号

ロータリースポーツ復活説急浮上!! 特集「時空を超えた対決」|ベストカー 8月10日号

本日、ベストカー8月10日号が発売!! 日本車スクープ 大追跡スペシャル、新旧スポーツモデルの魅力にせまる企画、世界クルマ五輪など盛りだくさんの内容でお届け。

カタログ