スイフトスポーツを買うなら中古? 新古? それとも新車?

スイフトスポーツを買うなら中古? 新古? それとも新車?

 走って楽しいうえにコスパ最強の現行スポーツモデルとして人気のスズキのスイフトスポーツ。

 現行モデルは登場から3年以上が経過したことで、今スイフトスポーツを買うなら新車以外にも、安くなった中古車が流通しているし、新古車と呼ばれる登録済み未使用中古車も選ぶことができる。

 では今、スイフトスポーツを手に入れるなら、中古がいいのか? 新古車を選ぶべきか? それとも新車で買うのが結局いいのか?

 最も買い得感のある購入方法はどれなのか? を徹底取材した!

文/萩原文博 写真/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】抜群のコストと抜群の乗り味! 「日本車の良心」とまで呼ばれるスズキ スイフトスポーツをギャラリーで見る


■新車でも200万円以下で買える!!! 今や現行ホットハッチの代表格に

 ホットハッチの代名詞として現在でも高い人気を誇るEK-9型初代ホンダシビックタイプR。

 1997年8月に登場した時の新車時価格は199万8000円。この価格ならば当時の若者でもなんとか手が届くシロモノだった。

 しかし現在は軽自動車でも200万円を超えるクルマが登場し、200万円以下で購入できる国産ホットハッチのMT車というと、187万1000円(車両本体価格・以下同)のトヨタヤリス1.5Z、 187万6600円の日産マーチニスモS、165万円のマツダデミオ2 15MB、そして187万4400円のスズキスイフトスポーツ。

 軽自動車では車両本体価格199万9800円のホンダN-ONE RS、車両本体価格153万7800円のスズキアルトワークスぐらい。

 そのなかでも抜群の人気を誇るのがスイフトスポーツだ。

ホットハッチの代表のスイフトスポーツ
ホットハッチの代表のスイフトスポーツ

 現行型のスイフトスポーツは、「ハーテクト」と呼ばれる軽量・高剛性のボディに最高出力140psを発生する1.4L直列4気筒ターボエンジンを搭載。

 モンロー製のショックアブソーバーを装着したサスペンションには専用のスタビライザーやブッシュ類を採用しロール剛性を最適化しスポーティな走りを味わうことができる。

1.4L直列4気筒ターボエンジンは最高出力140psを発生
1.4L直列4気筒ターボエンジンは最高出力140psを発生

 そのホットハッチ特有の軽快な走りによって若者から“元若者”まで多くの人を魅了しているのだ。

 そこで、今回は現行型スイフトスポーツを手に入れるなら、新車、中古車、新古車、いったいどれを購入するのがベストなのかを検証してみた。

次ページは : ■素晴らしくコスパがいいのがスイフトスポーツの魅力

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

待ってました!! N-BOXにSUVモデルが追加! シビックRSの新情報も!「ベストカー」2024年1月10日号

 全国のクルマ好きのみなさま。「ベストカー」2024年1月10日号、発売中です。表紙を見て「なんじゃ、あのクルマ!」と思った方も多いと思いますが、メイン写真はN-BOXに追加で登場するN-BOX JOY。これをはじめ次期フリードやシビックRSの新情報など、SCOOP特集がアツい今号をお見逃しなく~!

カタログ