マグナイト?ジューク??日本発売濃厚なのはどれ? 日産SUVフルラインナップ完成!


 日産が、2020年5月の事業構造改革計画発表記者会見において、「18カ月以内に12車種を投入」する計画を発表してからはや10カ月。日産は約束通り、ちょっと前の日産では考えられない、怒涛の勢いで、新型車を続々と投入している。

 日産はこれまでに、グローバルで、新型キックス、新型ノート、新型マグナイト、新型ローグ、新型テラ、新型パスファインダー、新型フロンティア、新型キャシュカイ、新型NV300コンビ、インフィニティQX55を投入済み。

 そして今後は、新型車アリアが投入される予定だ。こうしてみると、意外にもSUVの層が厚いことがわかる。

 そこで今回は、改めて日産のSUVのフルラインナップを紹介すると同時に、日本未発売車種の日本発売の可能性についても考えていこうと思う。

文/吉川賢一、写真/ベストカー編集部、日産自動車

【画像ギャラリー】世界で展開している日産のSUVをまとめてチェック!


■マグナイト/インド市場向けのコンパクトSUV

全長3994×全幅1758×全高1572mm、ホイールベース2500mm、車重1039kg、タイヤサイズ195/60R16。全長は4mを下回っており、車幅が60mm広いが、ライズ/ロッキーとほぼ同サイズ

 インド市場向けコンパクトSUVである「マグナイト」。テーマ色となる鮮やかなレッドのボディカラー、角型のLEDヘッドライト、従来のVモーショングリルとは異なるタイプの6角形大型グリル(ダットサンブランドの名残でもある)。

 ヘッドライトから下に伸びる縦型LEDデイライト、アルミ加飾を多用したスタイリッシュな内装、大型ナビゲーションモニターなど、実にスタイリッシュなSUVだ。実は、2019年にデビューしているルノーのインド市場向けコンパクトSUV「Triber」と兄弟車でもある。

 ボディサイズはキックスよりも小さく、全長4000mm以下と非常にコンパクト。排気量1リッター直列3気筒ターボエンジン(最高出力100ps、最大トルク160Nm)とエクストロニックCVTもしくは5速MT、廉価なノンターボエンジンと5速MTもある。

 最小回転半径は5.0m、クルーズコントロール付き。インド市場向けなのでなんと右ハンドルでの製造となる。インド価格は54.9~98.9万ラーク(約82万~146万円に相当)、日本の水準で考えれば破格ともいえる価格だ。

■キックス/日本市場での販売はe-POWERのみ

全長4295×全幅1760×全高1585mm、ホイールベース2620mm、車重1350kg、タイヤサイズ205/55R17。初代ジュークに比べて160mm長く、全幅は同程度、全高は20mmほど高い

 2020年6月24日に日本へ投入された「キックス」。タイで生産し、日本へ輸出するコンパクトSUVだ。写真のボディカラーはダークブルー。シルバー加飾と相まってシンプルなカッコよさがある。カラーは他にもツートンが4種類、単色はダークブルーを含む9種類から選べる。

 排気量1.2リッター3気筒ガソリンエンジンを発電機としたモーター駆動のe-POWER(最高出力129ps、最大トルク260Nm)による、圧倒的な動力性能が武器だ。

 キックスは、もともとは南米を中心に2016年から売られていたコンパクトSUVだが、2020年5月にタイ市場において、e-POWERの新型SUVとして登場した。

 日本での車両本体価格は276万円からと、やや高めの設定。車両価格を抑えたガソリン仕様がない点と、雨の日や雪道での走行安定性が飛躍的に高まる4WDの設定がないという点、見慣れた日産車のインテリアで、新しさがない点などは、キックスの弱点でもある。

次ページは : ■ジューク(2代目)/キックスよりもひと回り大きい

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ