自動運転技術でクルマが真のパートナーになる? 【自律自動運転の未来 第7回】

自動運転技術でクルマが真のパートナーになる? 【自律自動運転の未来 第7回】

 自動運転にまつわる連載企画、第7回となる本編は、話題の「Apple Car」についてと、「自動車メーカーが進める人工知能技術の現在地」についてです。Appleは自動車産業にどう関わってくるのか。そしてAppleが参入してくることによって自動車はどう変わるのか。自動運転の最前線を知る西村直人氏がレポートします。

文/西村直人 写真/AdobeStock(メイン写真は@hanohiki)、TOYOTA

自動運転技術での「日本」の現在地 【自律自動運転の未来 第1回】
「自動運転」とは何か? 【自律自動運転の未来 第2回】
現在の自動化レベル3技術とは? 【自律自動運転の未来 第3回】
そんなに手放し運転したいですか?【自律自動運転の未来 第4回】
世界初! 自動化レベル3ホンダ新型レジェンド公道試乗レポート【自律自動運転の未来 第5回】
自動運転技術は【日本の危機】を救えるか【自律自動運転の未来 第6回】

■AppleとGoogleが自動車産業に参入の噂

「Appleカー」の存在がまたもや話題となりました。Appleカーとは、PC本体やiPhoneなど端末機器で名を馳せたApple社が世に送り出そうと開発を進める、先進安全技術または自動運転技術を搭載した電気自動車です。

 Appleカーは2014年あたりから存在が何度も噂され、実験レベルで完成度は低かったものの、限定的な自動走行を行なうシステムを市販車に搭載したプロトタイプも登場。公道を走行するシーンがメディアを通じて世界中に配信されました。

「プロジェクト・タイタン」の名の下にAppleカーは実用化を目指しますが、現時点(2021年4月8日)では、その存在は確認されていません。

 同じく、2014年に限定的な自動運転技術を搭載したプロトタイプをメディアに公表したGoogleは、単独での車両開発を一時休止し、自動走行を司るシステム(中枢機能)開発に注力するなど軸足を変更しています。

 そうしたなか2020年暮れあたりから、Appleカーの存在が現実味を帯びます。

株式時価総額(2021年3月時点)世界一のAppleが自動車産業に本格参戦したらどうなるか。たびたび噂になり、現時点ではまだ登場していない(AdobeStock@Denys Prykhodov)
株式時価総額(2021年3月時点)世界一のAppleが自動車産業に本格参戦したらどうなるか。たびたび噂になり、現時点ではまだ登場していない(AdobeStock@Denys Prykhodov)

 過去に立ち消えとなった噂との大きな違いは、実車の製造に国内外の自動車メーカーが携わる可能性が囁かれた点です。2021年初頭には、いくつかの自動車メーカーとの交渉も水面下で行なわれ、マツダや日産、トヨタ、韓国の現代自動車グループもその対象であったのではないか、とも言われています。

次ページは : ■Apple参入で「自動車」の操作が変わる可能性

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ