RX-7を完調に乗るには? 専門店に直撃! ロータリーのレストアはいくらかかるのか?


■急を要する整備とは?

石井さん そうですよね。なので変にブーストを上げたりしなければ、いきなり200万円かけてエンジンオーバーホールをする必要はありません。まずは「急を要している箇所」の整備から始めてください。

――どういった箇所が「急を要している」場合が多いでしょうか?

石井さん ケース・バイ・ケースではありますが、多いのは「足回り」でしょうね。変なチューニングパーツを付ける前に、まずは足回りを元に戻してあげてください。

できるだけノーマルに近い中古車を買い、「チューニング」の前にまずはメンテナンスを!(写真はイメージです)

――その費用はいくらぐらいでしょうか?

石井さん 足回りのブッシュ交換がまずはおすすめですが、ガタがある部分だけを先に換えるとして15万円ぐらい、フルに交換すると30万円か40万円ぐらいでしょうか。これだけで乗り味はかなり良くなりますよ。タイヤの偏摩耗も解消されますし。あとは「ブレーキ」もリフレッシュさせたほうがいいでしょうね。

――その費用は?

石井さん そうですねぇ、ローターがまだ残ってると仮定して、ローター研磨とキャリパーのオーバーホール、パッドの交換で10万円ぐらいですね。4輪での価格です。

――ショックアブソーバーについてはどうでしょう?

石井さん セブンの純正ダンパーはけっこう長持ちするんですよね。弊社のお客様で「新車から35万km無交換」というFCの方もいらっしゃいます。もちろん少しは抜けてるんですが、決して「抜けまくってる」という感じではないですね。

――なるほど。ならば、もしもショックアブソーバーも交換するのであれば純正を選びたいところですね?

石井さん そうですね。社外品の車高調って、最初はいいんですが、割と早めにヘタりますからね。純正ダンパーに交換するとして、費用は全体で20万円かからないぐらいですね。

 ただ、FCの純正ダンパーはもう出ないし、FDのも確かビルシュタインしか出なかったと思いますね。そのビルシュタインも、先日はフロントが出なかったし。

写真はサンアイワークスが特注したアラゴスタの足回り

――なるほど。そうなると、遺憾ながら社外品を入れるしかないですね……。サスペンションのブッシュを替えて、ブレーキをリフレッシュさせて、そして必要であればダンパーも替えて……となった後は、何をすればいいでしょうか?

石井さん あとは……特にないんじゃないかな。自分の好きなタイヤやホイールに交換したり、まぁ内装のあちこちもたぶん劣化してるでしょうから、そこをキレイにしてやるといいんじゃないですかね? ステアリングのレザーとか、シフトのブーツとか、シフトレバー自体とかね。

――そのあたりの費用はどのぐらいですか?

石井さん うーん、ステアリングホイールのレザーをウチで新品に巻き替えるとしたら5万円ぐらいで、パンチングしたシフトブーツが2万5000円ぐらいですかね。

――安いとまでは言えないのかもしれませんけど、決して高くはないですね?

石井さん うん、そうだと思いますよ。で、そうやって基本的な部分をリフレッシュさせて、エンジンオイルもロータリーエンジンに適したもので早め早めに交換して……しばらく愉しめばいいんですよ。FCだろうがFDだろうが「RX-7」という素晴らしいクルマを。

――はい。

石井さん そうしていると数年後、やっぱりエンジンオーバーホールをしなければならなくなることが多いはずです。そのとき初めて、もしもやるのであれば、約200万円をかけてエンジンオーバーホール一式をやられればいいのではないでしょうか。

――RX-7は、200万円かけてエンジンオーバーホールをしてでも維持する価値があるクルマですかね?

石井さん そこはユーザーさんそれぞれの考え方次第ですから、私からは何とも言えません。

 しかし私どもがオーバーホールを行えば、エンジンに関してはその後10万km以上は普通にお使いいただけるはずです。そのため、もしも一生乗るおつもりなら――必要なタイミングでのエンジンオーバーホールをおすすめはしますね。

【画像ギャラリー】伊藤かずえに続け!! RX-7レストアへの道と究極のRX-7 スピリットRタイプAを見る