プリウスはなぜ販売日本一から陥落したのか? SUVに買い替えするケース増加??

既存オーナーもSUVに買い替え!? プリウスはなぜ販売日本一から陥落したのか

 初代プリウスのCMは、「21世紀に間にあいました」というキャッチフレーズで、鉄腕アトムが登場し目をひいた。あれから24年が経過する。

 先進性の初代、ハイブリッドを馴染ませた2代目、爆発的ヒットで国民車となった3代目、そして現在の4代目まで順風満帆な販売台数を誇っていたプリウスだが、近年の販売は元気がない。

 2019年を最後に、年間販売台数ナンバーワンの地位から遠ざかり、2021年4月の乗用車ブランド通称名別順位では、3672台の15位(前年比78.6%)まで落ち込んだ。

 ハイブリッド車が増え、プリウスを選ぶ必要が少なくなったのが原因という見方もあるが、実際の販売現場では何が起こっているのだろうか。プリウス人気が落ち込んだ原因を、販売現場目線で紐解いていく。

文/佐々木亘、写真/TOYOTA

【画像ギャラリー】衝撃の登場から24年。ハイブリッドの先駆者トヨタ プリウスを初代から見る


■「勝手に売れていった」先代プリウス

販売現場にいた筆者が特に衝撃を受けた3代目プリウス。販売開始から1か月で18万台を受注した

 「ハイブリッドは燃費が良く環境にも優しい」。このイメージは日本のみならず、海外でも大きく広がっていった。

 ハリウッドスターのレオナルド・ディカプリオやキャメロンディアスが、愛車にプリウスを選んでいたのは有名な話だ。スーパーカーや高級車と同等に、プリウスのネームバリューが高かったことをうかがわせる。

 筆者がトヨタの販売現場にいて、最も衝撃的を受けたプリウスは3代目(ZVW30型)だ。

 2009年に登場し、発売開始から1か月で18万台を受注、2010年には年間販売台数31万5669台を記録し、1990年にカローラが持っていた年間販売記録を20年ぶりに更新する。そして、2011年のマイナーチェンジにより、さらに売れ行きに拍車がかかる。

 当時のプリウスの売れ方は、常軌を逸したものだった。

 強く営業活動をせずとも、お客様が来店し、プリウスを買っていく。入れ食い状態を超えて、エサをつけなくても魚が釣れているような状態だった。新車の注文が取れないなどと悩むことのなかった時代である。

 30系プリウスは、プラグインハイブリッドの発表や、スポーツコンバージョンモデルG’s(現GR SPORT)の登場など、話題性にも事欠かなかった。魅力的なスタイルを多く生み出した3代目プリウスを好み、現在も乗り続けるユーザーは多い。プリウスG’sを愛車にする、筆者もその一人だ。

■プリウス=ハイブリッドはもう古い? 現行プリウスの苦労

現行(4代目)プリウス。3代目から買い替える人たちも、プリウス以外のハイブリッド車を選ぶようになってきた

 大ヒットだった3代目の流れを壊さぬよう、4代目プリウスをデビューさせるのは至難の業だっただろう。新プラットフォーム「TNGA」採用の第1号車であり、個性的なエクステリアデザインと、プリウス待望の4WD「E-four」を搭載する。しかし、30系以上のヒットにはならなかった。

 エクステリアデザインが酷評される4代目だが、筆者は販売不振の原因がほかにもあると考える。それは、プリウスが特別なクルマではなくなってしまったという点だ。

 30系を販売している当時、プリウスは「ハイブリッドのクルマ」、アクアは「ハイブリッドの小さいの」と言われることが多かった。この言いまわしで、営業マンも「プリウスを見に来ていただいたんですね」とわかっていたのだ。

現行(4代目)プリウス リア

 しかし、4代目が登場した2015年には、クラウン、エスティマ、ハリアーに加え、カローラ、ノア・ヴォクシー、シエンタでもハイブリッドが存在する。ハイブリッドはトヨタ全体のシンボルとなり、プリウスのことを指す固有名詞ではなくなった。

 4代目プリウスのセールスポイントは、TNGAによる走行性能の向上、トヨタセーフティセンスPを装着するなど安全性の高さである。もちろん性能の向上には目を見張るものがあったが、ユーザーが期待していたのは、ハイブリッド技術の大幅な進化だったのではなかろうか。

 EV走行できるレンジが広がり、燃費性能も良くなっていたが、強烈なインパクトとは言えない。ハイブリッドを代名詞に、人気を伸ばしたプリウスは、ハイブリットが一般化されたことにより、その強みを失ってしまったと考える。

 販売現場でもプリウス推しは少なくなり、他のラインナップと横並びになる。ハイブリットの先駆者として、圧倒的な個性が光るプリウスの姿はない。先進技術が広く一般化されるのは喜ばしいことだが、同時にプリウスにとっては厳しい環境となってしまった。

次ページは : ■プリウスのお客はどこへいった?

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ