もはや“オートマ”も風前の灯火!? 自動車から変速機が消える日はくるのか


海外のBEVに2速トランスミッション化の流行が!?

2019年に登場した、ポルシェのBEVタイカン

 ポルシェ タイカンが、業界初となる自社製「2速トランスミッション」を備えて登場したことは、ちょっとしたニュースになった。

 前述したとおり、低速から高速走行まで、モーターと1速の固定ギアで対応ができるはずだが、ポルシェによると、その狙いは、「加速の強さと最高速度を両立し、さらには航続距離を伸ばすこと」だという。

 タイカンの最高速度は260km/hにも達する(※タイカンターボS)。560kW(761ps)を発揮し、0-100km/h加速は2.8秒。まるでガソリンターボ車のようなパフォーマンスだ。

 ここまでの高性能を、他の自動車メーカーが追うとは考えにくいが、航続距離を伸ばせる可能性があるならば、導入を考える可能性は多いにありうる。

後輪のアクスル上に配置されたトランスミッションは、初期加速用の1速と、高速走行時用の2速を持つ

 実際に、ドイツの自動車サプライヤZFでは、BEV用の2速トランスミッションの開発を発表している。航続距離の延長に振ることもできるし、同等の航続距離であれば、バッテリーの小型化もできる、としている。

 問題は導入コストだが、VWグループや、ステランティスグループといった単位で導入すれば、ぐっと身近なものになるはずだ。

 こうした流れを考えると、トランスミッションは無くなってしまうことはなく、むしろ海外のBEVにおいては、採用が進んでくることも考えられる。ただ、膨大なコストがかかるため、国内メーカーがすぐに動くことは考えにくいであろう。

【画像ギャラリー】本稿で登場したポルシェタイカン&タイカンターボS写真20枚+α