RX-8 ランティス…“今こそ絶賛したいマツダ車”の大胆な挑戦と魅力 5選

大胆な挑戦と豪快な失敗こそマツダの魅力 今こそ絶賛したいマツダ車たち

 2020年1月30日に創立100周年を迎えたマツダの真骨頂といえば、世界一を目指すスピリットと常識を覆す技術革新。そのプロダクトのなかには成功を収めたモデルがあるいっぽうで、不遇な境遇を強いられたモデルも存在する。しかし、後者をあらためて振り返ると「なぜ人気が出なかったのか?」と思わずにはいられない魅力があるから不思議。ここに登場する5モデルもまたしかり。“今だからこそ絶賛したいマツダ車”はこの中に!?

文/FK、写真/マツダ

【画像ギャラリー】大胆な挑戦と豪快な失敗こそマツダの魅力 今こそ絶賛したいマツダ車たち


アクセラとMAZDA3の誕生の裏に「ランティス」の存在アリ!?

トライ&エラーこそがマツダの魅力! 今だからこそ絶賛したい、あのクルマ
気持ち良く吹け上るエンジンが魅力だったランティス。見た目はファミリーカーだったが、ライトウェイトスポーツ感覚で走りが楽しめるクルマだった

 躍動感あるフォルムとゆとりの居住空間を両立したうえで、優れたシャシー性能と高い安全性能を追求したランティスは1993年9月に登場。エンジンには1800ccの直4と2000ccのV6、トランスミッションには5MTと電子制御4ATが設定された。ボディは5ドアハッチバックと4ドアセダンの2種類で、1994年に開幕した全日本ツーリングカー選手権に5ドアハッチバックで参戦も果たしている。

 同年8月には全国限定150台の「マツダスピードバージョン クーペTypeR」なる異端モデルも発売。ルーフから後端へまっすぐ伸びた巨大なリアウイングが強烈な個性を発揮した。1996年1月に施行された新衝突安全基準適合車の第1号に認定されたことを受け、衝突試験後のテスト車で安全性をアピールするCMも放映される。

 しかし、実用性よりもスタイリングや走行性能を優先したことがファミリー層に受け入れられず、1997年5月に販売終了。とはいえ、マツダ公式WEBサイトで行われた創立100周年記念の歴代モデル人気投票では2位に60万票以上の差をつけて1位を獲得。この結果からも、今だからこそ絶賛したいマツダ車の筆頭であることはもはや疑う余地がない。

トライ&エラーこそがマツダの魅力! 今だからこそ絶賛したい、あのクルマ
創立100周年記念の歴代モデル人気投票では1位を獲得。得票数は103万2072票と、42万4643票を獲得した2位のオートザムAZ-1に圧倒的な票差をつけてのトップ!

クロスオーバーSUVの代名詞“CXシリーズ”の先陣を切った「CX-7」

トライ&エラーこそがマツダの魅力! 今だからこそ絶賛したい、あのクルマ
クロスオーバーというカテゴリーの先駆ともいえるCX-7。クロカンとSUVの長所を併せ持ったクルマとして注目を集めた

 CX-3、CX-5、CX-8、CX-30と充実の一途を辿るCXシリーズ。その最初のモデルとして2006年12月に発売されたCX-7は都会的で洗練されたスタイリングと、最高出力238psを発生する2260cc直噴ターボエンジン&電子制御6ATのアクティブマチックによる力強い走行性能を高次元で両立。

 ユーザーの視点に立った装備を積極採用したことも特長で、横滑り防止装置、駐車支援システム、イモビライザーやバーグラアラームなどの盗難防止装置、30GBのHDDナビゲーション、クルーズコントロールを全車に標準装備して安全性と利便性の確保も抜かりなし。

 アドバンスト・フロンティア(新ジャンルの開拓)をデザインコンセプトとして登場したCX-7の“目にした瞬間に乗りたい、運転したい”と感じさせる美しくて力強いスポーツカー然としたスタイリングは、現在のCXシリーズにも受け継がれている。

トライ&エラーこそがマツダの魅力! 今だからこそ絶賛したい、あのクルマ
オートサロンでは、カロッツェリアがコンセプトモデルとして「CX-7 AUDIO MANIA」(オーディオマニア)を展示。話題に事欠かないモデルだった

次ページは : マツダが手がけた最後のミニバン「プレマシー」