ひ~っそり生産終了しちゃったあの迷(名)車5台

マジもったいないんですけどー! ひ~っそり生産終了しちゃったあの迷(名)車

 迷車と言うと聞こえは悪いが、実はコレって立派な褒め言葉! 普通すぎて記憶に残らないモデルライフが長いクルマよりも、たとえひっそり生産終了していても後世に爪痕を残した短命のクルマのほうがみんな好きでしょ? ということで、ここでは個性派5台を厳選して紹介。迷車とは、つまるところ“名車”なのだ。

文/FK、写真/トヨタ自動車、本田技研工業、マツダ、FavCars.com

【画像ギャラリー】惜しまれつつ!? 生産終了したあの迷(名)車たちの秘蔵写真はこちらで!


ダイハツ・YRV(販売期間:2000年8月~2005年9月)

マジもったいないんですけどー! ひ~っそり生産終了しちゃったあの迷(名)車
最小回転半径4.3mと、軽自動車並の小回り性を発揮した、使い勝手の良いコンパクトRVだった。1300ccモデルは、クラス唯一のターボエンジン搭載車として話題を呼んだ

 走りに重点を置いた『速さのカイカン』をコンセプトのひとつとして登場したYRV。最高出力140psのK3-VET型1300ccエンジンを搭載したターボ(AT&FF)は910kgという軽さを武器に、スポーツカー顔負けの加速性能も発揮した。

 また、ステアリングスポークに装備する+/-のボタンを押せば、MT感覚で操作できるステアシフトも装備。他にも徹底した解析に基づいたサウンド空間を提供する“パノラマサウンドシステム”、衝突安全ボディ“TAF”や乗員にやさしい安全インテリア“SOFI”を採用した先進の安全性など、ダイハツの最先端技術を余すことなく投入。

 リサイクル可能な熱可塑性樹脂を多くの部品に使って『新型車の鉛使用量を2005年までに1/3(1996年比)に低減する』という当時の業界目標をいち早く達成し、環境への配慮も抜かりがなかった。走りは軽快でターボならではのドッカンパワーが味わえるうえに、エンジンを無駄に回さなければ燃費は良好。しかも、居住性や利便性も高かっただけに「SUVが重宝される今の時代なら売れるかも」というのは褒めすぎ?

トヨタ・アルテッツァ(販売期間:1998年10月~2005年7月)

マジもったいないんですけどー! ひ~っそり生産終了しちゃったあの迷(名)車
FRスポーツセダンファンの期待を一身に受けてデビュー。1998-1999日本カー・オブ・ザ・イヤー も受賞したものの、2005年には生産終了と、短命に終わった

 当時の日本でしばらく途絶えていたFRスポーツセダンとして登場。ヤマハと共同開発した直列4気筒DOHC16バルブの3S-GE型と、直列6気筒24バルブの1G-FE型の2種類の2000cc自然吸気エンジンは今なお銘機として語り継がれている。

 トランスミッションも3S-GE型を搭載するRS200は6速MTのほか、ステアリング上のスイッチでマニュアル変速できるステアマチック付5速ATを設定。1G-FE型を搭載するAS200も発売当初は4速ATのみだったが、後にRS200と同じ6速MTを追加。フロントミドシップレイアウトの採用に加え、バッテリーや燃料タンクなどの重量物を車両の中心に寄せた最適な重量配分も小気味良いハンドリングをもたらした。

 欧米ではレクサスIS300の名前で販売されていたアルテッツァだったが、2005年8月、日本でのレクサス開業に合わせるかのように販売が終了。今となっては希少なコンパクトFRスポーツセダンは第19回1998-1999日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞するほど評価が高かっただけに、迷車と呼ぶには惜しすぎる名車だった。

次ページは : ホンダ・CR-Xデルソル(販売期間:1992年2月~1998年12月)