絶滅危惧種のフェンダーミラー!! ドアミラーと比べ使いやすいのはどっち?

カッコ悪い? 便利? フェンダーミラーとドアミラーの良い所 悪い所

 1983年に法規で認められるまで、日本車はドアミラーの装備が認められず、すべてがフェンダーミラーであった。しかし認可後はドアミラーが主流となり、特にボンネットが低いスポーツタイプのクルマにとっては必須の装備となった。

 ドアミラー全盛となっても、フェンダーミラーの利便性を好むユーザーのためにオプションでフェンダーミラーが選べる車種は多かったが、近年はほとんど装着できなくなっている。

 そんなドアミラーとフェンダーミラーの利点と欠点を改めて整理してみよう!

文/片岡英明、写真/ベストカー編集部、TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】ドアミラー解禁は1983年!! 写真で見るサイドミラーの歴史


■昭和世代にはお馴染み!? 日本の車はフェンダーミラーと法規で決まっていた!

1981年登場のホンダ シティ。前下がりのボンネットに非常に長い脚で取り付けられたフェンダーミラーに当時のデザイナーの苦労がしのばれる

 昭和の時代に自動車の免許を取った人ならフェンダーミラー付きの教習車やマイカーに乗った経験があるはずだ。フェンダーミラーは、名称から分かるようにフロントフェンダーの先端に取り付けられた後方確認用のミラーのことである。

 前輪の上か前あたりに付けているクルマが多い。クルマの前の方に取り付けられているから、運転中は視線の移動が少なくて済む。目線と首をちょっと動かすだけで確認でき、ミラーに映し出す範囲も広いから、長時間の運転では疲れが少ないのだ。

 後方の広い範囲を映し、死角が少ないのも長所の1つと言えるだろう。また、車両感覚が分かりやすいのも便利と感じるところである。

 それだけではない。ボディのサイドからのはみ出し量も小さいので、狭い道でのすれ違いでは安心感がある。駐車場への入庫でもフェンダーミラーの方が入れやすいと感じている人は少なくないはずだ。

 しかし、短所もある。もっとも大きな心配は狭い道などで歩行者を引っ掛けてしまうことだ。これ以外にもミラーが遠い位置にあるため画像が小さく、分かりづらいのも弱点の1つだった。

シティのフェンダーミラー。軸の肉抜きなどでデザインを工夫している。ドアミラーを装着するのは1983年登場のシティ ターボIIから

 ミラーの角度を変えたいときに、わざわざ降りて調整する必要がある。これも弱点だったが、ミラーの中にリモコン調整機構が組み込まれたため問題は解消した。

 第二次世界大戦後、間もなくの間は海外にもフェンダーミラーを付けたクルマは存在している。だが、欧米では1960年代を前にドアミラーが主役になった。日本は古くからの慣例に従ってフェンダーミラーにこだわり続け、法規で縛っている。

 ボンネットのない商用車などの例外を除き、ドアミラーは認められなかったのだ。だからドアミラーをフェンダーミラーに替えていた輸入車も少なくない。

 いすゞは81年にピアッツァを発売したが、デザイナーのジウジアーロは日本の法規に合わせ、フェンダーミラーも専用にデザインしている。初代シティにも長い脚が付いていた。

■ついにドアミラー解禁! 喜んだのは若者とカーデザイナー!?

1983年の解禁以降、最初にドアミラーを採用した日産 パルサーEXA

 だが、ファッションに敏感な若者たちはドアミラーに憧れ、違法であると分かっていながら改造して装着している。三菱の初代ミラージュや電動サンルーフを装着したマツダのファミリアXGは、ドアミラー装着車の代表だ。

 さすがに80年代になるとドアミラーへの流れを止めることが難しくなった。海外からの反発や規制緩和の流れもあり、ついにドアミラーが解禁となったのである。

 最初にドアミラーを採用したのは83年に発売された日産のパルサーEXAだ。これを追うようにトヨタのカローラとスプリンターもドアミラーに踏み切っている。これ以降はドアミラーが標準装備となり、フェンダーミラーは脇役に回り、オプション設定となった。

 最初はドアミラーの張り出しが気になったが、すぐに折り畳めるように改良され、電動でのミラー調整に加え、電動格納機能も盛り込まれ、使い勝手は大幅に良くなっている。

 ドアミラー解禁は、自動車メーカーのデザイナーにとっても朗報だった。長い脚を必要とするフェンダーミラーが丹精込めてデザインしたフォルムを崩していたからである。

パルサーEXAのあとを追うようにドアミラーを採用したトヨタ カローラ。以降瞬く間にドアミラーが普及し、フェンダーミラーはオプション設定となっていった

 とくに80年代以降はボンネット先端を下げるデザインが流行っていたから、ドライバーから見える位置にミラーを取り付けるには長い脚が必要になっていた。ツノのように伸びている脚に違和感を覚えた人は多いはずだ。

 ドアミラーはサイドドアに直付けされているから目立たないし、一体感があるデザインだから美しいフォルムを損なわない。自動車メーカーにとっても日本仕様と海外仕様を同じように作れるから合理的だった。

 生産コストも引き下げられる。最近のクルマは歩行者保護など、衝突した時の安全性に力を入れているからボンネットやフェンダーを薄く設計しているクルマが多い。そういったクルマだとフェンダーミラーを取り付けにくいのだ。

 また、人を巻き込んだ事故になってもドアミラーの方が危険は少ないだろう。90年台半ばからは、ファミリーカーがミニバンやSUVになり、ボンネットが短くなった。こういった流れもあり、一気にドアミラーが主役の座に就いのである。

 ボディ形状が変わってきたこともあり、今やフェンダーミラーは絶滅危惧種になってしまったのだ。

次ページは : ■とうとう教習車までがドアミラーに……フェンダーミラーの未来は